1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS1-2:ローブがまさかのコースオフ

SS1-2:ローブがまさかのコースオフ

2018年4月6日 オジェがコルシカの朝をリード

世界ラリー選手権(WRC)第4戦ツール・ド・コルスが金曜日に開幕、朝の2つのステージを終えてセバスチャン・オジェが21.1秒差をつけてトップに立っている。過去コルシカで4度優勝しているセバスチャン・ローブはSS1を終えてオジェの9.7秒後方の2番手タイムにつけたが、SS2をスタートして400m地点でのコースオフを喫して早くもリタイアとなってしまった。

青空が広がったバスティア地方の朝、ツール・ド・コルスは49kmを越えるタフなラ・ポルテ〜ヴァレ・ディ・ロスティノのステージからスタート。路面はほとんどドライながらところどころ水曜日の大雨の影響で湿ったコーナーが残る難しいコンディションとなるなか、一番手のポジションでコースに臨んだオジェが快心のベストタイムでステージを駆け抜けてラリーは始まることになった。

ステージの気温は低く、ハードタイヤではグリップが苦しく、オジェですら「かなり苦戦して何度かスピンしかかった」と訴えたほどだ。タイトターンでほとんどエンジンストールしかかったとステージエンドで訴えた。

しかし、多くのドライバーはグリップのないタイヤに苦戦、やっと温まったかと思えば湿ったコーナーでふたたび冷え、なかなかいいリズムで走ることができない。トヨタ勢でトップのオット・タナックも18.1秒差、昨年リタイアするまでラリーをリードしたシトロエンのクリス・ミークも19.1秒差をつけられ、昨年優勝しているヒュンダイのティエリー・ヌービルでさえも早くも21秒をつけらてしまい、5番手でのスタートとなってしまった。

だが、ステージに苦戦するWRCのレギュラーメンバーたちを余所に、2008年以来10年ぶりにコルシカを走ったローブは、9番手という不利な後方からスタート、前走車によって土や砂がかき出されて汚れたコースにもかかわらず、9.7秒差という2番手タイムにつけることになり、ターマックの聖地にも喩えられてきたツール・ド・コルスで、これまで一度も実現したことがなかったオジェ対ローブという新旧王者による完全一気討ちの展開になることを予感させた。

だが、ローブは続くSS2ピエイグリッジョ〜ポンテ・カスティルラ(13.55km)をスタートしてわずか400mの地点の右コーナーの出口でスライドしてリヤタイヤをダートに落とし、連続する左コーナーのブレーキングが間に合わなかったためにコースオフしてしまう。彼のC3 WRCはひどいダメージを受けたわけではないが、1メートルほどの深いディッチのため脱出は不可能、彼はここで無念のリタイアとなってしまった。

オジェはこのSS2でも連続してベストタイム、後続に対して早くも21.1秒をリードしてバスティアのデイサービスへと帰ってくることになった。「このステージではインカットによってさらにタイムを縮めることは可能だったが、パンクを避けるために慎重に行った」と余裕の笑顔をみせている。

インターコムのトラブルに悩まされながもも2番手タイムを奪ったミークが2位に浮上、昨年の勝者であるヌービルが3番手につけるも23.4秒遅れという不満の残る朝となった。彼は「クルマが思ったとおりに機能してくれないんだ」と不満そうな表情で訴えることになった。

オープニングSSで3番手タイムを刻んだタナックは、トヨタ・ヤリスのリヤに違和感を感じてSS2では8番手にとどまり、4位に順位を落とすことになった。5位にはコドライバーを変更したにもかかわらず、エルフィン・エバンスがつけている。彼のレギュラーのコドライバーであるダン・バリットは、前戦メキシコのケガで今回は大事をとって欠場、2003年にペター・ソルベルグとともにワールドチャンピオンに輝いたフィル・ミルズがペースノートを読んでいる。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY9】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.