1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ミークがコルシカ・シェイクダウンで一番時計

ミークがコルシカ・シェイクダウンで一番時計

2018年4月5日 ヒュンダイ勢が2-3-4番手タイムを占める

世界ラリー選手権(WRC)第4戦ツール・ド・コルスのシェイクダウンが木曜日の朝に行われ、シトロエン・レーシングのクリス・ミークが4分0.8秒の一番時計を奪い、ヒュンダイ・モータースポーツのアンドレアス・ミケルセンが2.2秒差の2番手タイムで続くことになった。

シェイクダウンはバスティア南部の5.45kmのソルボ・オカーニャーノのステージで朝8時から始まることになった。前日の午後から降り始めた強い雨は上がったものの、コーナーのイン側にたまった泥がインカットでコースにかきだされるためコースのコンディションは走行のたびに汚れることになり、ほとんどのドライバーが1回目の走行でもっともいいタイムを記録した。

「昨日の雨のため、湿ったところが多かったため、少々トリッキーなシェイクダウンだった。僕のリズムは大丈夫だったし、タイムはそれほど重要ではない。クルマも満足だったよ」とミークは語った。彼は昨年、エンジントラブルでリタイアするまで完全にラリーをコントロールしていた。

「コンディションがよりドライになれば、誰もがグリップをもっと信頼することができる。ラリーはますますドライになるように見えるので接近したバトルになるだろう。今朝は難しくてユニークなコンディションだったが、ラリーではそうならないかもしれないね」

2番手のミケルセンから0.8秒差でティエリー・ヌービル、さらに0.5秒差でダニエル・ソルドが続き、ヒュンダイi20クーペWRCが2-3-4番手を占めることになった。

選手権リーダーのセバスチャン・オジェはミークから4.3秒遅れの5番手、チームメイトのエルフィン・エバンスがさらに1秒差の6番手で続いている。

シトロエン・レーシングからの2戦目となるセバスチャン・ローブはエバンスから0.3秒差の7番手タイム、トヨタGAZOOレーシングのオット・タナック、ヤリマティ・ラトバラ、エサペッカ・ラッピが8-9-10番手タイムで続くことになった。

ラリーは今夜、バスティアのサン・ニコラス・プレースでセレモニアル・スタートが行われたあと、金曜日の朝9時50分(日本時間16時50分)からラ・ポルタ〜ヴァレ・ディ・ロスティノのステージで開幕する。週末は晴れの日が続き、ステージはドライになると予想されている。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.