1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS6-10:ローブがセンセーショナルな猛追劇

SS6-10:ローブがセンセーショナルな猛追劇

2018年3月10日 ソルドがメキシコDAY1をリード

2018年世界ラリー選手権第3戦ラリー・メキシコは、金曜日を終えてヒュンダイのダニエル・ソルドがラリーをリード、シトロエン・レーシングから3年ぶりにWRCに帰ってきたセバスチャン・ローブがセンセーショナルな走りで終盤に追い上げて7.2秒差の2位で続く展開となっている。

デイサービスの頃には気温が30度を超え、各ドライバーともにハードタイヤを主体としたタイヤチョイスで午後のループの最初のステージへと向かうことになる。ハードタイヤを選択したミークが逆転への強い意思をみせてベストタイムを奪うなか、朝のループで連続してベストタイムを奪ってラリーをリードしたソルドはソフト3本とハード2本を組み合わせ、その差を12.3秒に縮められることになる。「このタイヤであまりアグレッシブにドライブしないように気をつけた。リヤにソフトタイヤを履いているので、マシンが少し揺れたよ」と彼は失策を覚悟することになった。

だが、続くSS7エル・チョコラテはかき出されたルースグラベルによってコースはダーティになり、午後になってもオーバーヒートの問題が改善せずに9位にとどまっていたトヨタのエサペッカ・ラッピとサスペンションに問題を抱えていたテーム・スニネンが相次いでクラッシュするなか、ミークもスピンによって11秒を失って3位に後退することになる。

このステージでベストタイムを奪ったのはローブ。彼は前ステージではジャンクションのオーバーシュートで3位のポジションをオット・タナックに譲ることになったが、彼がこれまでに一度も走ったことのなかったエル・チョコラテのステージで2015年のラリー・モンテカルロ以来となるベストタイムを叩き出し、タナックとともにソルドも抜いて2位へと浮上することになる。

さらにローブは続くSS8ではタナックとベストタイムを分け合ってソルドの7.9秒差に迫る速さをみせ、SS9、10でも連続してソルドとの差を縮めることになる。

それでもソルドは、午後のタイヤ選択を後悔しつつもどうにか首位をキープ、7.2秒の後方に迫ってきたローブについて「まったく、うっとうしいね!」と忌々しそうに語ることになった。いっぽう、スタート前にどのような展開になるのか予想ができないと語っていたローブだが、一日を終えて「リズムを取り戻すにはとても良い一日だった」と語り、復活に十分な手応えを感じてこの日を終えることになった。また、ローブのわずか3.8秒後方にはタナック、さらに14秒後方にはミークが続き、明日以降も激しい表彰台バトルを予感させる展開となっている。

いっぽう、2番手のポジションからスタートしたセバスチャン・オジェは朝のループでは31.4秒遅れの5位で終えることになったが、クリーンになった午後のループで巻き返しを図るべくSS6では壁にヒットしながらも2番手タイムで猛然とスパートすることになった。だが、30kmを越えるSS7エル・チョコラテでは勢いあまってスピン、12秒を失ってしまう。計算外のミスはあったが、ミークまではわずか5.2秒、首位まで30.2秒差の5位という、十分に表彰台を狙えるポジションでこの日を終えることになった。また、オジェの1.5秒後方にもアンドレアス・ミケルセンが続いており、トップ6がわずか30秒あまりにひしめいている混戦模様となっている。

7位にはティエリー・ヌービルが続いているが、朝のループでのダストとエンジンの問題に加え、午後のループでは終始パワーステアリングに問題を抱えることになり、首位からは2分1秒と大きく遅れてしまっている。
 
朝のループでオーバーヒートの問題に苦しんだラトバラは、症状が改善したマシンでSS8では3番手タイムを奪ってみせたが、オールタネータの故障によってSS9に向かうロードセクションでマシンを止めることになってしまった。

エルフィン・エヴァンスはSS3のエル・チョコラテで2番手タイムを奪って3位へと順位を上げて期待させたものの、SS4で高速のバンプを越えた際に姿勢を乱してクラッシュしてしまう。2分30秒あまりもロスして彼はどうにかステージを走りきったものの、コドライバーのダニエル・バリットが脳震盪の疑いがあることからサービスでリタイアとなっている。

明日の土曜日はシエラ・デ・ロボスを舞台とした9SS/140.35kmという長い一日となる。オープニングSSの30.97kmのグアナファティートは現地時間8時33分(日本時間23時33分)の開始予定となっている。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.