1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS2:前年勝者のミークが首位奪取

SS2:前年勝者のミークが首位奪取

2018年3月10日 ローブが3番手タイムで4位浮上

世界ラリー選手権第3戦ラリー・メキシコは、金曜日のオープニングステージで昨年のウィナーであるクリス・ミークが鮮やかなベストタイムでラリーをリードすることになった。

金曜日のオープニングとなるドゥアルテ〜デラマデロは、これまで何年にもわたってさまざまなステージで使用されてきたおなじみの道をミックスしたもので、最初のセクションも5年前にリバースで使用されたものである。倍幅の道からスタートした後、ヒルクライムで狭くテクニカルにセクションに続いていく。全体を通してハイスピードで、バンプやジャンプを多く含んでいる。

前夜に行われたグアナファトのストリートステージで首位に立ったティエリー・ヌービルが、一番手スタートによって路面掃除に苦しんで遅れるなか、予想通りに後方からスタートしたドライバーたちがタイムを伸ばすことになった。

7番手のポジションからスタートしたミークは、26.05kmのドゥアルテ〜デラマデロで、2番手タイムのダニエル・ソルドに3.8秒差をつけてラリーをリードすることになった。

「難しい。道路掃除された轍に助けられているんだと思う。後半部分はかなりクリーンだったけど、最初の方はビーチみたいだった、やたら砂が多くてね。僕はいいリズムに乗れていた。ソフトタイヤが動く感じまで分かったよ、何本かハードタイヤを履いているので本当に嬉しいよ」とミークは語っている。

ソルドもまた10番手のポジションに助けられてオープニングSSの2番手タイムで2位へと順位を上げてきた。「タイヤに苦労して少し遅れた。最後はソフトタイヤにとっては非常にきびしい路面でかなり慎重になった」

選手権リーダーのヌービルが18.7秒遅れの10番手タイムで一気に9位まで順位を落としたのに対して、2番手のポジションからスタートしたセバスチャン・オジェはタイムロスを最小限にくい止め、ソルドから1.3秒差の3位につけており、11番手のポジションからスタートしたセバスチャン・ローブが3番手タイムを叩きだし、オジェから0.4秒差の4位へと順位を上げている。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY10】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.