1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

WRCのテレビ視聴数爆発的に拡大

WRCのテレビ視聴数爆発的に拡大

2018年3月9日 2013年からテレビ視聴数は40%増加

2017年のFIA世界ラリー選手権シーズンの世界のテレビ視聴数は、ここ5年間で最多となった。

ここ10年で最も刺激的で予測不可能な争いとなった2017年のWRCは、セバスチャン・オジェがドライバーズ選手権を獲得し、Mスポーツ・ワールドラリーチームをマニュファクチャラーズ選手権のタイトル獲得に導いた。独立系アナリストのニールセン・スポーツによれば、累計視聴数は8億8488万viewに及んだ。

WRCプロモーターが2013年に商業権を獲得して以来、世界のテレビ視聴数は40%増加し、昨年の合計視聴数は2016年に比べて20%増加した。

ライブ放送を増やすことに成功したことで、放送時間は順調に増え続け、前例のないレベルに達した。2016年は12,000時間だったが、2017年には13ラウンドで約13,500時間に増加した。総放送時間は2013年の5,900時間から127%増加した。

WRCプロモーターのマネージングディレクターを務めるオリヴァー・シースラは、これらの成長の理由を次のように分析した。

「これらの肯定的な数字は、近年導入された多くの変更、特に昨シーズン導入されたダイナミックな新世代WRカーによるものだ」

「それらのマシンはファンの心に響き、ファンはここ数年で最も予測不能で最も激しい競争を楽しんだ。出走順の改訂と、定期的なライブ放送が行われ特別なボーナスポイントを持つ魅力的なパワーステージ形式は、ファンの関心を高め、視聴数は20%以上急増した」

2017年の視聴数は多い方から、ポーランド、フランス、スペイン、フィンランドとなった。また、ベルギー、チェコ、ポルトガル、フィンランド、スウェーデン、ドイツはヨーロッパで最も成長が著しい市場で、去年より放送時間が22%、視聴数が13%増加した。

「視聴数の点でヨーロッパは市場をリードしたが、急成長を遂げるアジア地域では視聴数が125%増加した。日本と中国は、視聴数で見ると世界で6番目と11番目の国だ」とシースラは説明した。

「昨年は北米でも例外的な成長が見られ、ESPNとEleven networksでの放送時間は3倍以上、視聴数は132%増加した」

2017年は13戦のうち11戦で視聴数が増加し、各イベントの平均視聴数は6,800万を超え、2016年に比べて15%増加した。過去5年間で見ると、46%以上増加している。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.