1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

マキネン、高地高温のメキシコにむけて自信

マキネン、高地高温のメキシコにむけて自信

2018年3月4日 ヤリスのオーバーヒート問題に万全の再発防止策

トヨタGAZOOレーシングWRT代表のトミ・マキネンは、昨年苦しめられたラリー・メキシコに向けて再発防止策を十分に行うことができたと確信しており、ラリーがスタートすればすぐに効果はっきりするだろうと述べている。

メキシコは標高が2700mで超えるステージもあり、WRCの中でもっとも「空気が薄い」エリアで行われるラリーとして知られている。標高が高くなると空気中に含まれる酸素の量が減るため、エンジンの最高出力は平地に比べて最大で20%低下し、さらに最高気温が30度近い高温での戦いとなるため、昨年、トヨタはエンジンの激しいオーバーヒートなどに悩まされている。

なかでもヤリマティ・ラトバラは、昨年は金曜日のオープニングSSでヤリスの水温が135度に上昇、そのあともいくつかのセクションではエンジンをセーブするためにロードセクションモードで走ることを強いられて6位に終わっている。

しかし、マキネン代表は、今季のメキシコにむけて、エンジンのマッピングについては日本にある低圧試験設備も活用しながら、昨年直面した難題については万全の再発防止策を施したと自信を見せている。

「去年のメキシコでは新たに参戦したばかりのチームとクルマにとって非常に厳しいラリーになったが、それを解決するために多くの改善作業を続けてきた」とマキネンは語った。

「前回発生した問題をすべて分析し、冷却系およびエンジンに改良を施した。また、(メキシコは標高が高いエリアが舞台となるため、)日本にある低圧試験設備も活用した。以上のような領域についてかなり力を入れて改善に努めてきたので、すべてが完全に機能すれば十分に競争力のあるパッケージとなるはずだ。ラリーが始まってみればきっとすぐにはっきりするだろう」


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.