1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ヌービル、「一年前の失望に報いる勝利」

ヌービル、「一年前の失望に報いる勝利」

2018年2月20日 10ポイント差で選手権をリードして次戦へ

ヒュンダイのティエリー・ヌービルは、ラリー・スウェーデンにおける勝利が、一年前に味わった挫折に報いるものになったと語り、これからは選手権リードを守るという経験したことのない戦いになることを胸に刻んでいる。

ヌービルは昨年のスウェーデンで2日間で40秒という勝利を確信させるリードを築いて土曜日の最終ステージを迎えたが、カールスタッドのスーパーSSでシケインのバリアにフロントタイヤをヒットしてリタイアとなっている。

今年のスウェーデンで彼は金曜日の朝のパドルシフトの問題と360度スピンのミスはあったものの、見事にリベンジを成し遂げて史上3人目のノンスカンジナビアンの勝者に輝いた。

「昨年については考えていない。今年はまた別だ。今年僕たちはこのイベントでリベンジを果たしたが、それと同時に、チームから2台のマシンが表彰台に乗り、重要なマニュファクチャラーズ・ポイントを手にしたことが重要だ」とヌービルは語った。

「初日のコンディションと雪は、出走順の早いクルマにとって困難だった。僕は5番手出走だったので、強くプッシュして差を作ることができた。これほど早い段階で主導権を握るとは期待していなかったので、時にはギャップを守るために巧みでなければならなかった。もちろん首位を守る自信はあった」

「昨年も勝利には値すると思ったが、今年はそれをさらに上回るものとなった。僕がドライバーズ・チャンピオンシップを10ポイント以上リードするのは初めてのことだ。リードすることは特別なことだし、僕たちはまだあまりそれに慣れていない」

ヌービルは選手権リーダーとして迎える次戦メキシコではコースオープナーとしての試練が待つことを覚悟している。

「リーダーと2位では全然違うだろう。メキシコは厳しいイベントになるだろう。だがそれがラリーであり、これらはルールだ。表彰台が難しいとしても、本当に楽しみにしている。もし僕がチャンピオンシップのリードを維持したままメキシコを終えたら、コルシカは特別になるだろうね!」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

FIM スーパーバイク世界選手権2018 第9戦 ミサノ

FIM スーパーバイク世界選手権2018 第9戦 ミサノ

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.