1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

勝田貴元、スウェーデンでWRC2初優勝の快挙

勝田貴元、スウェーデンでWRC2初優勝の快挙

2018年2月18日 WRC併催選手権で日本人勝利は11年ぶり

ラリー・スウェーデンのWRC2カテゴリーでは、トヨタGAZOOレーシング・チャレンジプログラムで欧州遠征中の勝田貴元(フォード・フィエスタR5)が、見事、WRC2での初優勝を飾った。 日本人ドライバーが世界ラリー選手権のサポートカテゴリーで表彰台の頂点に立ったのは、2007年ラリー・ニュージランドの新井敏弘以来、11年ぶりの快挙になる。

勝田は3日間に渡ってスウェーデンの雪と氷の難しいコンディションにおいて、WRC2選手権の昨年のチャンピオンであるポントゥス・ティデマンド(シュコダ・ファビアR5)とそのチームメイトであるオーレ・クリスチャン・ヴェイビー(シュコダ・ファビアR5)という経験で勝るうえに北欧人である2人と三つ巴で激しいバトルを繰り広げた。 

最終日は勝田が13.6秒をリードして迎えたものの、オープニングステージのSS17でティデマンドに遅れを取り、差を9.8秒に詰められた。それでも勝田は「プレッシャーはない」と述べ、非常にリラックスした様子だった。

続くSS19では、「このステージでは思いきりプッシュした」と語った通り、ティデマンドやヴェイビーを上回るタイムを出す。そして最後に残されたSS19を安全に走り抜き、WRC2カテゴリーでの初勝利を手にした。

「ラリー・スウェーデン! WRC2で勝ちました!! 応援ありがとうございました! 皆さんの応援のお陰で最後まで気持ちを強く持てました! 感謝です!」と勝田はSNSで語っている。

また、トヨタGAZOOレーシング・チャレンジプログラムで参戦している新井大輝(フォード・フィエスタR5)も7位で完走を果たしている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY10】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.