1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS9:ヌービルにパドルシフトのトラブル

SS9:ヌービルにパドルシフトのトラブル

2018年2月17日 ブリーンがパッドンを抜いて3位に浮上

ラリー・スウェーデンの土曜日のオープニングSSでラリーリーダーのティエリー・ヌービルがパドルシフトのトラブルを抱えることになったが、チームメイトのアンドレアス・ミケルセンに対して5.2秒差をつけて引き続き首位をキープしている。

オープニングSSのSS9トーントルプ(19.88km)は、森林や牧草地を全開で走り抜けていく人気の高いステージ。十分な量の雪も積もっており、ドライバーがクルマを『もたれる』ことも可能な質の良いスノーバンクができている。そのペースと美しい風景がドライバーやファンにとっても名物ステージとなっている。

ヌービルはこのステージで5番手タイムも、WRCライブのオンボードカメラが、彼がステアリングのパドルシフトではなく、マニュアルシフトで操作、フライングフィニッシュを通過したあと、イライラした様子でステアリングを叩いているのを映し出している。ヌービルは幸いにも大きく遅れることもなく、ミケルセンに対して5.2秒をリードをしているものの、問題が解決できなければこのあとに連続する2つのロングステージで問題が起きることへの懸念がある。「大丈夫だ、今はちょっと急いでいる、行かなければ。問題はない」と彼は語り、チームと問題を協議するために走り去っている。

ミケルセンはクリーンに走って2位をキープしたものの、シトロエンのクレイグ・ブリーンが2番手タイムでチームメイトのヘイデン・パッドンを抜いて3位へと順位を上げてきた。「クルマに乗っていて、すごいいい感じだ、張り付いている感じだ!ノートでは場所によって少し遅れ気味だけど引き続き、やれることは何でもやっていくつもりだ」とブリーンはマシンの素晴らしいフィーリングを絶賛している。

パッドンはブリーンの5.3秒後方にポジションを下げ、マッズ・オストベルグが3.1秒の後方に迫ってきたが、彼は問題はないと自信をみせている。「僕は少し慎重すぎたかもしれない。心配はしていない、次でプッシュできる。僕たちのセッティングはリピードステージでの方が上手くいっているからね」

トヨタGAZOOレーシングのエサペッリカ・ラッピは、テーム・スニネンを抜いて6位へと浮上、8位にはヤリマティ・ラトバラも18秒差の背後にせまってきた。このステージのベストタイムはオット・タナックも、彼のポジションはそのまま9位と変わらず、上位への進出するチャンスを待つしかない状態だ。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY10】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.