1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS1:タナックが0.3秒差のトップタイム

SS1:タナックが0.3秒差のトップタイム

2018年2月16日 トヨタ、1-2でスウェーデンをスタート

2018年世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリー・スウェーデンは木曜日の夜に開幕、オット・タナックがカールスタッドのスーパーSSを制してラリーをリード、チームメイトのヤリマティ・ラトバラが0.3秒差で続き、トヨタGAZOOレーシングが1-2体制を築いている。

スウェーデンは明日からの本格的なスタートを前に、今年も馬車による競馬(トロッティングレース)が行われるフェリェスタッド・レース場を舞台にしたスーパーSSで開幕、昨年のこのステージでトヨタにとって復帰後初となるベストタイムを奪ったラトバラを0.3秒上回るタナックがラリーをリードすることになった。

「明日からも競い合えるようトライするよ。これは僕のお気に入りのイベントの一つだし、とくに雪が多い今年はいいね。とにかくハードに行くよ。明日が鍵になるだろうからね」とタナックは語っている。

3-4番手にはシトロエン・レーシングの2台が続くことになった。スポットで起用されたマッズ・オストベルグは「いいフィーリングをたくさん持てているわけではない。もっと学ぶ必要がある」と語りながらも、タナックから0.6秒差で好スタートを切っており、クリス・ミークも0.3秒差でチームメイトにピタリとつけて、「今夜が雪になればおもしろくなるだろう」とマシンへの手応えを感じているようだった。

ミークと同タイムの4番手にはアンドレアス・ミケルセンを筆頭に3台のヒュンダイi20クーペWRCが続いている。昨年のこのステージで40秒あまりの大差をつけてラリーをリードしていながらクラッシュで消えたティエリー・ヌービルは慎重なスタートを切り、トップから1秒差の6位につけている。

また、開幕戦モンテカルロで優勝を飾り、選手権リーダーとして第2戦を迎えたセバスチャン・オジェ(は2.5秒差の9位と出遅れつことになったが、彼はスタートが悪かっただけでとくにマシンに問題はなかったと説明している。

明日の金曜日は国境を越えてノルウェーを中心としたステージで争われる一日となる。オープニングステージのホフ-フィンスコグは現地時間7時55分(日本時間15時55分)のスタートとなる。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY10】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.