1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

スニネン、完璧なパフォーマンスを目標に

スニネン、完璧なパフォーマンスを目標に

2018年2月12日 Mスポーツのために戦うことも重要

今週のラリー・スウェーデンでMスポーツのフォード・フィエスタWRCを駆っておよそ1年ぶりのトップカテゴリーに挑むテーム・スニネンは、表彰台に再び挑戦できたら素晴らしいだろうと目を輝かせている。

昨年のポーランドやフィンランドで表彰台を争う速さをみせたスニネンは、満を持して今季、Mスポーツ・フォード・ワールドラリーチームに昇格、フィエスタWRCで8戦への出場が決まっている。

今季プログラムの緒戦となるスウェーデンのウィンターステージでは、北欧勢が長年君臨してきただけに、スニネンには後方からの出走順を味方にしてふたたびトップドライバーたちと戦うシーンをみせてくれることが期待されている。しかし、彼はシートをつかむためにギリギリの速さで攻めた1年前とは異なるアプローチも検討する必要があると分析している。

「僕たちはスウェーデンの北部で良いテストを完了した。それは非常に上手く行った。僕は昨年のラリー・フィンランド以来、フィエスタWRCをドライブしていなかったので、テストでマシンに慣れる機会を持つことができた。ラリーのスタートの準備は万全だと感じているよ」とスニネンは語った。

「表彰台に再び挑戦できたら素晴らしいだろう。おそらくそれが現実的な目標になるだろうが、それを達成するためには完璧なラリーをしなければならない。今年は8つのイベントに出場する計画だし、若干異なるアプローチも検討する必要がある。2017年の時は、僕たちは自分たちの将来だけに専念し、自分たちに何ができるか示そうとした。今度はチームについて考えなければならず、マニュファクチャラーズ・チャンピオンシップのポイントを獲得する必要がある」

スニネンは過去2年続けてスウェーデンにフィエスタR5で出場し、WRC2カテゴリーで2位でフィニッシュしている。彼は最初のステージからペースを上げていくつもりでいる。

「天気の面では、凍えるような気温と高いスノーバンクがあると聞いているが、レッキで自分の目で見るまで待たなければならない。どんなコンディションだとしても、スピードは常に高速だ。このような高速のラリーではタイムを稼ぎにくいため、最初のステージからペースを上げなければならない」とスニネンは語った。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

FIA WEC 2018 第5戦 エンディング

FIA 世界耐久選手権(WEC)2018 第5戦 上海国際サーキット6時間レースのエンディング動画です。

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.