1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

カナダ、WRC招致を宣言

カナダ、WRC招致を宣言

2018年2月9日 5年計画でWRCカレンダー入りを狙う

カナダは、2023年にFIA世界ラリー選手権の開催にむけて推進することを表明した。ラリープロモーター・アソシエーション・オブ・カナダ(RPAC)は木曜日、WRCラウンドに復帰するための5年計画を発表した。実現すれば1979年以来のカナダ・ラウンドとなる。

以前にはカナダのスポーツ統治機関であるカナダ・ラリースポーツ協会(CARS)がWRCの開催を目指して、当時、FIAWRCコミッション委員長だったヤルモ・マホネンと会談を行ったものの、その後、いったんプロジェクトが保留となっていたが、構造の組織化によって招致活動が再開することになった。

「我々は2011年にこのアイデアについて検討を始めた」とRPACの創設者でありディレクターを務めるキース・モリソンは語った。「最近ようやく物事がまとまってきたので、我々は今がこのアイデアを現実に移すために真の努力をする正しい時期だと考えている」

組織変更によりASNカナダはイベントの直接統括組織となり、CARSはクラブを組織する役割を果たし、RPACはイベントの委員会を組織する。したがって、RPACはCARSに完全に責任を負うが、別組織であり加盟メンバークラブである。RPACは、CARSの支援を受け、イベント基金を確立するために最初の調査を行う予定だ。

「来年は、この基金を確実に存続させるために、幅広い関係者や潜在的なパートナーと会うことに時間を費やす。一旦、どこがイベントのサポートを行なうのかが明確になれば、それから詳細を詰めていくことができる」とモリソンは付け加えた。

CARSの会長を務めるジョン・ホールは、RPACへの支援を約束した。

「WRCのイベントは巨大事業であり、成功するチャンスを掴むためには、十分に熟考し、十分に準備し、全国を幅広く引き込む必要がある」

「私は、RPACはカナダにWRCイベントをもたらすために適切な人々が適切なアプローチを取っていると信じている」と彼は語った。

カナダは過去4回、WRCイベントを実施している。1974年のラリー・オブ・リデューレイクではサンドロ。ムナーリが勝利し、1977年から1979年の間のクリテリウム・ケベックはティモ・サロネン、ウォルター・ロール、ビョルン・ワルデガルドが優勝した。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.