1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ヒュンダイ、嘆きのシーズンスタート

ヒュンダイ、嘆きのシーズンスタート

2018年2月1日 ナンダン、次戦スウェーデンでの巻き返しを誓う

ヒュンダイ・モータースポーツのチームディレクター、ミシェル・ナンダンは、失望する結果に終わった開幕ラリー・モンテカルロの後、チームの立て直しを図って次戦のラリー・スウェーデンでの巻き返しをすることを誓った。

ティエリー・ヌービルはヒュンダイ勢で最上位の4位でフィニッシュしたが、オープニングステージでオフして4分あまりを失った影響はあまりにも大きく、妥協を強いられる開幕戦となった。また、チームメイトのアンドレアス・ミケルセンは金曜日にオルタネーターを壊してデイリタイアとなったために13位に終わり、ダニエル・ソルドも表彰台を争いながらも土曜日にコースオフしてリタイアとなっている。

ナンダンは、悲願のマニュファクチャラー選手権を狙うためにもモンテカルロでいいスタートを切りたいと語っていたが、ヒュンダイは開幕戦を終えて選手権とリードしたMスポーツ・フォードとトヨタから19ポイント差をつけられた最下位となったことに失望を隠せない。

「今週末の結果には心底失望するものになった。今年の選手権ではモンテカルロでこれまでにないようないいスタートを切りたかったが、さまざまな理由で少ないポイントしか獲得できなかった」とナンダンは語った。

「もちろんシーズンはまだまだ長いものであり、チャンスを逃したときにはそれを取り返す方法について昨年の経験から知っているつもりだ。ライバルがとくに強いときはそうしなければならない」

ヌービルは5つのベストタイムを奪い、初日のコースアウトと二日目のパンクによるタイムロスさえなければ着実に優勝争いができるペースをもつことを証明しており、ナンダンはラリーのコンディションが変われば今回とは違った結果が得られると信じている。

「我々にとって今週は優しい結果にはならなかったが、これでパニックになったら、それではゲームオーバーだ。たしかに悪い結果だったが、チームを立て直して次のイベントについて考えなければならない」とナンダンは語った。

「モンテでは技術的には問題はなかった。クルマはOKだったし、ティエリーは速さを証明しており、問題はラリーのコンディションに関係していたものだった」

「スウェーデンはここより難しいイベントではないだろうし、過去にチームはかなり競争力があることを証明している。ティエリー、アンドレアス、そしてヘイデン(・パッドン)も好結果を残している。スウェーデンから2018年のシーズンを始めることにするつもりだ」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

WRC Round5 ラリー・アルゼンティーナ

WRC Round5 ラリー・アルゼンティーナ 4月28日(土)〜4月30日(月)連日放送! J SPORTSオンデマンドでも配信!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.