1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS14-17:オジェ、モンテで5年連続優勝

SS14-17:オジェ、モンテで5年連続優勝

2018年1月28日 トヨタ・デビュー戦のタナクが殊勲の2位

2018年WRC世界ラリー選手権開幕戦ラリー・モンテカルロは、Mスポーツ・フォード・のセバスチャン・オジェが最終日も首位を守りきり、2014年以来、5年連続となるモンテカルロでの勝利を飾った。また、今シーズンからトヨタGAZOOレーシングWRTに移籍したオット・タナックが2位でフィニッシュ。タナックは移籍後、最初のラリーでトヨタ勢トップの位置を獲得した。

木曜日に開幕した2018年ラリー・モンテカルロは、4日にわたる戦いの末、日曜日にようやく最終日を迎えた。前日の夜、クルーたちはサービスが置かれていたギャップから240kmに渡る移動を経て、モナコに置かれたパルクフェルメに到着。以前はモナコ港の付近にサービスが設けられていたが、近年のラリー・モンテカルロは最終日がノーサービスの1日となっている。今年も日曜朝のサービスは行われず、タイヤフィッティングゾーンでタイヤ交換のみを行って、ドライバーたちはステージへと向かった。

日曜日はモナコを見下ろす山岳地帯で2つのSSをリピートする、合計4SS/64.98kmという短い一日だ。しかし、その中にはラリー・モンテカルロを象徴するチュリニ峠へのヒルクライムがあり、一瞬も気を抜くことができない難しいステージが待ち構えている。最終日の天候は晴れだが、チュリニ峠を超えてダウンヒルになると雪や凍結が予想されていた。

このようなコンディションゆえ、ドライバーたちはタイヤ選択に悩まされた。結果、オジェ、タナック、ラトバラ、ラッピ、ミークらトップ5につけるドライバーたちはスタッド付きウィンター2本+スーパーソフト2本+ソフト2本と、安全と思えるタイヤ選択を行った。初日SS1のコースオフで4分をロスして表彰台争い圏外となっていたヒュンダイのティエリー・ヌービルはスタッドタイヤを選ばず、ソフト4本、スーパーソフト2本を選択した。

最初のステージとなるSS14ラ・ボレーヌ・ヴェジュビーからベイラ・カヴァへの18.41kmは、有名なチュリニ峠の頂上へと至るヒルクライムがある。ダウンヒルの凍結は想定内だったが、グラベルクルーたちが通った後に気温が下がったため、アップヒルでもブラックアイスが潜んでいたため、ドライバーたちはコンディションに手を焼くことになった。さらにペイラ・カヴァに向かう下りの道はかなり凍結しており、ドライバーたちが口を揃えて「トリッキーだ」とコメントした。

2位のタナックに対して33.5秒のリードを得ていたオジェが、このステージでミスのない走りを披露し、トップタイムをマークした。タナックは「プッシュしたいヤツは勝手にやればいい。このコンディションでは僕はそこまで無理はしようと思わない」と、オジェを追いかけず2位を守ることに集中する。

ポジションキープに努めるのは、タナックだけではない。トリッキーなコンディションに加え、トップ5のドライバーたちは皆、前後にタイム差があることから、果敢にプッシュするよりも安全な走りに徹する考えのようだ。そんな中、唯一激しい争いを繰り広げていたのが、6位につけるMスポーツ・フォードのエルフィン・エバンスと7位のヌービルだった。

SS15ラ・カバネットからコル・ド・ブローに至る13.56kmのステージでも、困難な路面がドライバーたちを苦しめた。グラベルと霜がひどく、ルーズグラベルの中にブラックアイスが隠れているという状況だ。ここでは、ヌービルがトップタイムを叩き出した。エバンスはアンダーステアに苦しみタイムが上がらず、ヌービルとの差が縮まっていく。

SS14のリピートとなるSS16では、日が当たる場所はドライ。しかし、チュリニ峠に向かうにつれて路面に凍結が目立つ。SS14ではスタッド付きタイヤを選択したドライバーたちもスーパーソフトとソフトに履き替え、ほぼ全員が同じタイヤを装着している模様。このステージでもヌービルがトップタイムをマーク。エバンスもプッシュするが、ヌービルより1.5秒遅いタイムとなり、2人の差は7.2秒となった。ラッピがスノーバンクに突っ込んでタイムをロスするものの、4位のポジションは保持。ラッピはミスによってスーパーソフトを使い切り、最終ステージではスタッドタイヤを履かなければならないと述べたが、5位クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)との差は18.6秒あることから、2位タナック、3位ラトバラ、4位ラッピとトヨタ勢の2-3-4位はほぼ確実と思われた。

しかし、最後まで一瞬も気を抜くことができないのがラリー・モンテカルロの恐ろしさだ。

最終のパワーステージSS17で、ラッピがグラベルに乗ってしまいリヤを滑らせてコースオフ。幸いコースに復帰できたものの、4位から7位に転落してしまった。

6番目にスタートしたヌービルが、それまでで最速タイムを刻んだ。次に出走したエバンスはそれまでで4番手タイムとなり、ヌービルに対して総合6位の座を明け渡すこととなった。その後にステージを走り終えたミークがさらに速いタイムをマークしてパワーステージを制し、総合4位に入った。

ラトバラがステージ4番手タイムでフィニッシュし、総合3位を獲得。前年の最終戦オーストラリアではパワーステージでクラッシュしたため、「この順位でフィニッシュできて本当に嬉しい。オーストラリア以来、大きなプレッシャーを感じていた。ようやく肩の荷を降ろすことができた」と、安堵の表情をあらわにした。

トヨタでのデビュー戦となるタナックは、ステージ6番手という無理のない走りで総合2位を守り切った。「本当に満足しているよ。シーズンをこのような形でスタートできて、とてもホッとしている。チームを切り替えるときは常にワクワクするが、何が待ち受けているかは全く分からなかった。だから本当にホッとした。チームもマシンも素晴らしかったよ」と、喜びを見せた。

最後に出走したオジェはステージ5番手のタイムでフィニッシュ。最終的に、タナックに対して58秒ものリードで開幕ラウンド優勝を手にした。ラリーのベースがオジエの出身地ギャップに移った2014年以来、5年連続でモンテカルロを制している。しかし、地元出身というアドバンテージがあっても、オジェはこのラリーが決して簡単ではなかったと述べた。

「難しい週末だった。モンテで厳しいコンディションに直面することはよくあることだが、今回はとてつもなく難しかった。タイヤチョイスにこんなに苦戦したのは初めてだ。だが最終的には勝利できたので、最高に幸せだよ。今季も良いスタートが切れたことをチームに感謝しなければならない。今週末はどのドライバーもミスをしたし、僕もした。だが僕のミスの回数が若干少なかった」

事実、オジェは何度かスピンを喫している。しかし、ほかのドライバーに比べて失ったタイムが少なかったため、順位を失うことなく最終日を終えることができた。そしてオジェは今年もふたたび選手権リーダーとして第2戦を迎えることになる。次戦はラリー・スウェーデン。WRCで唯一スノーコンディションで行われるラリーは2月15〜18日に行われる。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY9】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.