1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ヌービル、オーストラリアのシェイクダウンで最速

ヌービル、オーストラリアのシェイクダウンで最速

2017年11月16日 エンジントラブルでヒヤリとさせられたヌービル

2017年世界ラリー選手権(WRC)最終戦ラリー・オーストラリアのシェイクダウンが木曜日の朝から行われ、エンジントラブルによってヒヤリとさせられたティエリー・ヌービルが3回の走行を行い、2分56.3秒のトップタイムをマークした。

オーストラリアのシェイクダウンは木曜日の現地時間朝8時から5.02kmのコフスのステージでスタートした。上空には青空が広がり、ステージは完全なドライコンディション、5年連続ワールドチャンピオンに輝いたセバスチャン・オジェが一番手でコースインするも彼はダスティな路面に苦戦、1回目を終えてトップタイムを奪ったチームメイトのオット・タナックからは6.9秒もの遅れを喫することになった。

タナックは2回目の走行でも好ペースをキープ、自身のタイムを1.4秒縮め、ふたたびトップタイムを奪ったかに見せたが、シトロエンのクリス・ミークが0.3秒上回り、暫定トップに浮上することになる。

3回目の走行でもミークはタナックを上回り、これまでのベストタイムを更新することになったが、4回目の走行を行ったトヨタのヤリマティ・ラトバラとシトロエンのステファン・ルフェーブルが相次いでミークを上回ることになった。

いっぽう、シェイクダウンに向かうロードセクションでマシンにオイル漏れが見つかったヌービルはサービスに戻りマシンを修理、トラブルはクランクトリガー・コンポーネンツまで及んでいたことから3時間あまりが経過してやっとコースインすることになり、クリーンになった路面で彼はルフェーブルを0.5秒上回り、シェイクダウン最速タイムを奪うことになった。

また、終了目前に4回目の走行を行ったエルフィン・エバンスがルフェーブルと並んで同タイムの2位でシェイクダウンを終えている。オジェは2回の走行で切り上げ、シェイクダウンは11番手タイムにとどまっている。

■ラリー・オーストラリア・シェイクダウン
1: T.ヌービル 2m56.3s
2: S.ルフェーブル 2m56.8s
-: E.エバンス 2m59.6s
4: J-M.ラトバラ 2m57.1s
5: K.ミーク 2m57.2s
6: O.タナク 2m57.7s
- : C.ブリーン 2m57.7s
8: E.ラッピ 2m57.9s
- : A.ミケルセン 2m57.9s
10: H.パッドン 2m58.6s
11: S.オジエ 2m58.7s


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

WRC Round9 ラリー・ドイチェランド

WRC Round9 ラリー・ドイチェランド 8月17日(金)〜8月19日(日)連日放送! J SPORTSオンデマンドでも配信!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.