1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

オジェ、5度目の王座はラリーキャリアで最大の感動

オジェ、5度目の王座はラリーキャリアで最大の感動

2017年10月31日 土曜夜にブレーキを壊したときに最悪の事態を覚悟

5年連続5度目のワールドチャンピオンに輝いたセバスチャン・オジェは、ラリーキャリアのなかでも最大の感動をゴールで味わったと語った。

2016年末にフォルクスワーゲン・モータースポーツが予期せぬ撤退をしたあと、シートを失う危機もあるなかで彼はMスポーツと契約、ほとんど準備ができないままに新シーズンをスタートし、これまでとはまったく違う厳しい戦いをしてきただけに、この栄光はこれまでのものとはその重みもいちだんと違うようだ。

ラリーGBの最終ステージのブレニグを駆け抜けたオジェは、ゴール地点で新しいタイトルを祝福され、涙を抑えることができなかった。

「今日僕はラリーのキャリアの中で、ほんの数分ではあったが、最も強く、美しい感動を味わった。人生という点では、息子が生まれたときの方が特別だった。しかし今日、なぜだか分からない、説明するのは難しいが、本当に強い感情が込み上げた」とオジェは語った。

「何と言っていいのか分からない。このような感情はコントロールできないよ。今年が厳しい一年だったことは確かだ。多くの勝者が生まれ、これまで走った中で最も競争の激しいWRCシーズンだったことは間違いない」

「僕にとっては新しい挑戦だった。新しいマシン、新しいチーム、すべてが昨年と異なっていた。僕らは非常に遅くシーズンの準備を始めなければならなかったし、モンテカルロもフィエスタでほとんどテストすることなくスタートしたからね」

オジェは土曜日の夜の濃霧がたちこめたアベルヒナントのステージでブレーキを壊したときにはこのタイトルを脅かすことになる最悪の事態を覚悟した。

「壊れたクルマを修理しようとしたが、左フロントにはブレーキもパッドもなにも付いてない状態だったので、最初僕らはゲームオーバーを覚悟した。チームとの無線も使えなかったが、非常に短時間で解決策を見つけなければならなかったが、どうにか3つしかブレーキのないマシンで最終ステージを走りきった。しかも、あまりタイムをロスすることなくね」

これまでのキャリアにおいて4回のチャンピオンをすべて勝利で祝ってきたオジェだが、ドラマチックな土曜日のトラブルから生き残ってつかみとっただけに、新しいタイトルはいっそう忘れられないものとなるだろう。

「マルコム(・ウィルソン)とチームのためにもタイトルを達成できて本当に良かった。僕たちはこの賭けに勝った。いや、賭けではないね、僕らはこの挑戦に勝ち、このチームとワールドチャンピオンになれた。本当にこのタイトルを誇らしく思っている。Mスポーツの皆とマルコムに感謝したい」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

SUPER GT 2018 第3戦鈴鹿サーキット

SUPER GT 2018 第3戦鈴鹿サーキット

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.