1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS8/9:エバンスがリードを拡大

SS8/9:エバンスがリードを拡大

2017年10月28日 2連続ベストタイムで2位との差は36.1秒に

エルフィン・エバンスは、土曜日の朝も2連続でベストタイムを奪い、オット・タナックとの差を36.1秒へと広げて、ラリーGBの首位を快走している。

雨は降ってないものの、二日目のステージも引き続きウェットコンディションとなり、新しいDMACKのソフトコンパウンドタイヤを武器にしたエバンスの勢いがこの日も止まらない。24.6秒をリードして土曜日をスタートしたエバンスは、オープニングステージのSS8アベルヒナント(13.91km)では2番手タイムのティエリー・ヌービルに2.5秒差のベストタイムでリードを30秒へと拡大、さらに続くSS9ディフナント(17.91km)でも連続してベストタイムを奪い、リードを36.1秒へと広げて見せた。

「最初の2つのステージはまずまずだったけど、これは特に難しかった。このコンディションの中でかなりのアンダーステアが出ていた。グリップを見つけるのは難しいよ、めざぐるしく変わるからね。少しアンダーステアがあるが、そのような低いグリップでは避けられないものだ」

タナックは朝の2つのステージではいずれも4番手タイムにとどまったが、3位で続いているチームメイトのセバスチャン・オジェとの差を6.7秒差へと広げている。オジェにとってはティエリー・ヌービルが好タイムを連続して奪い、2.6秒差の背後に迫っているが、彼はあまり無理をしてペースを上げる考えはないようだ。彼はSS9ではライン上にあった岩を避けきれずに乗り上げて姿勢を乱したが、事無きを得ている。「今週末は思いきりハードにバトルしていくというのはプランとしてない。このようなステージではあまりいい感触は得られてないからね」

クリス・ミークはSS8のジャンクションのミスに続いてSS9でもジャンクションでオフしそうになったが、クルマに自信がもてないヤリマティ・ラトバラを抜いて5位へと順位を上げている。

アンドレアス・ミケルセンはSS9で2番手タイムを奪う速さをみせてラトバラに0.9秒差に迫ったかにみせたが、ジャンプスタートがあったと判定されてその差はふたたび10.9秒へと広がってしまった。

8位につけていたヘイデン・パッドンが左フロントタイヤをパンク、チームメイトのダニエル・ソルドに抜かれて9位へと順位を下げている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

WRC Round9 ラリー・ドイチェランド

WRC Round9 ラリー・ドイチェランド 8月17日(金)〜8月19日(日)連日放送! J SPORTSオンデマンドでも配信!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.