1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

スタードライバーたちがマクレーを追悼

スタードライバーたちがマクレーを追悼

2017年10月24日 ラリーレジェンドでオジェがVWポロをドライブ!

先週末にサンマリノで開催されたヒストリックイベントの祭典ラリー・レジェンドに、今は亡きコリン・マクレーを追悼するために合計30のワールドタイトルを獲得したスーパースターたちが集結、8万に近いファンたちが奇跡とも言えるイベントに興奮することになった。

2007年にヘリコプター事故で亡くなったコリン・マクレーの10周忌イベントとして開催された今回のラリー・レジェンドでは、お馴染みとなったヒストリックカーや現役マシンなどによって2日間にわたって争われるラリーが開催されたほか、マクレーのチームメイトでもあったカルロス・サインツのコドライバーだったルイス・モヤが企画したマクレー・トリビュートの追悼パレードが日曜日の午後行われ、マクレーと因縁のあるドライバーやコドライバー、錚々たる顔ぶれのチャンピオンとチャンピオンマシンが集結することになった。

モヤは、誰もがマクレーを愛していたからこそ、このようなことが電話1本で可能になったと語った。

「何人かのドライバーに連絡したとき、このようなイベントで、それがコリンのためなら、何の問題もない、とみんな答えてくれた。私がどこかへ電話するたびに、コリンがどれだけの影響力を持っていたかをはっきりと見ることができたよ」とモヤは語った。

「私は彼が今フォード・フィエスタをドライブしていることは理解していたが、(Mスポーツ代表の)マルコムにセブにポロをドライブさせることが可能かどうかと電話で質問した」とモヤは語った。なによりも驚きだったのは、Mスポーツ・ワールドラリーチームのセバスチャン・オジェが、かつての愛機だったフォルクスワーゲン・ポロR WRCをドライブすることを実現させたことだ。

「マルコムに電話したときに『ルイス、何の問題もない』と彼は即答したよ。(フォルクスワーゲンのモータースポーツディレクターの)スヴェン(・スミーツ)に電話し、昨年のポロを借りることができるかどうかを尋ねたときも、同じ答えだった」

日曜日に行われたマクレーの追悼パレードに参加したワールドチャンピオンは、セバスチャン・オジェ、セバスチャン・ローブ、スティグ・ブロンクビスト、ミキ・ビアシオン、ユハ・カンクネン、マーカス・グロンホルム、アリ・バタネン、ティモ・サロネン、ディディエ・オリオール、そしてペター・ソルベルグだ。マクレーの弟であるアリスターが、マクレーの長年のコドライバーであったデレク・リンガーとともに1995年にマクレーがワールドチャンピオンを獲得したスバル・インプレッサ555を駆ってこの豪華なパレードを先導している。

およそ7万人という大勢のファンが見守った短い時間のパレードのあとでオジェは語っている。

「コリン・マクレーを知る世代に生まれなかったのは残念だよ」とオジェ。

「コリンは僕にとっての憧れだったし、僕がラリードライバーになるための本当のインスピレーションを与えてくれたドライバーだ。僕がここに招かれたのは本当に名誉だよ。これほどの数のヒーローたちとチャンピオンを獲得したマシンが一堂に会するのを見たのは初めてだよ! そして、個人的には今日はひさしぶりに世界選手権でタイトルを獲得したポロのシートに戻ることができたこともうれしかったね」

また、ティエリー・ヌービルは、出場の予定がなかったものの、主催者に観戦のチケットをもらえるか問い合わせたところ、クルマを用意したら走ってもらえるかどうか聞かれ、彼もまた「もちろんイエスだ」と答えたのだという。彼はヒュンダイ・モータース・イタリアのヒュンダイi20 WRCを駆ってファンの前で激しいドーナツターンをみせている。

「チケットを手に入れることができるかどうかについて主催者に電話をしたとき、彼らは私に車を見つけたら運転したいかどうか聞いてきたんだ。もちろん、私はイエスと答えたよ!本当に素晴らしいイベントだ」

コリン・マクレーが使用したマシンのパレードも行われており、父のジミーがフォード・シエラ・コスワース、弟のアリスターがスバル・レガシィRS、愛弟子だったクリス・ミークがマクレーが最後にWRCにフル参戦した2003年に走らせたシトロエン・クサラWRCをドライブした。

シトロエン・レーシングのクリス・ミークは、恩師だったマクレーが2003年に駆ったシトロエン・クサラWRCを駆っている。

「若かった頃、僕は彼の大ファンだったので、彼のことを思い出すいい週末になったね。僕のラリードライバーとしての最初のシーズンはあまり順調ではなかったが、コリンは僕に気付き、僕の面倒を見てくれた。彼は僕の上達を助け、そして僕がジュニアWRCに参戦する手助けをしてくれた。今でも、彼はおそらく僕が最も恩を感じている人だ」とミークは語った。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

SUPER GT 2018 第4戦 チャン・インターナショナル・サーキット

予選/決勝を6月30日(土)〜7月1日(日)生中継、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.