1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

オジェ、「できれば来年もWRCで走りたい」

オジェ、「できれば来年もWRCで走りたい」

2017年8月24日 来年の体制に満足できなければ引退も?

セバスチャン・オジェは、2018年も世界ラリー選手権にとどまりたいという意志を明確にしているが、彼にとってはそのための強い動機付けが必要なのかもしれない。

先週末のラリー・ドイッチュランドでは来シーズンに関する数多くの噂話が聞こえてきたが、なかでもオジェについてはどこに移籍するのか、あるいは引退なのかといった噂が飛び交うなど情報も加熱気味だ。

ドイツで選手権リーダーを奪い返した後、オジェは、WRCテレビの取材において引退も考えていることを認めたが、むしろ選手権に戻りたいと願っていると語っている。

「その(引退)の可能性はあるが、タイトルの状況によるわけではない。真実を言うならもう少しやりたいし、もう少し走り続けるつもりでいる」とオジェは語った。

「そのことに関するプレッシャーは僕にはない。非常にリラックスしているし、将来、そして来年もう一度やり直したい、好きなことをすべてやり遂げる良いチャンスがあると感じたら、僕はおそらく続けるだろう」

Mスポーツ・ワールドラリーチームとオジエの契約は今季で切れることになっており、オジェはチームへの残留を望んできたものの、そのためにはフォードの復帰か財政的な支援が条件になると語っていた。

オジェと、妻であるドイツTVのスポーツ・プレゼンターであるアンドレアス・カイザーの間には昨年の6月に第一子が誕生しており、彼は家族との生活が彼のキャリアを長くすることを難しくしたことを認めている。

「何年も続けてきたが、いまは家を離れることがずっと困難になっている。とくに子どもが生まれたときにはそういうものだ。長い旅行、多くのストレスがともなうこの生活に僕はリラックスしていたが、それを続けるための解決策を見つけるために取り組んでいるのが真実だ」とオジェ。

「来季へのオファーはある。何週間もの間、僕はうまくいけばすぐに決断を下せると言ってきた。それについて、僕らは次戦のスペインの前には知っておくべきだろう」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

WRC Round9 ラリー・ドイチェランド

WRC Round9 ラリー・ドイチェランド 8月17日(金)〜8月19日(日)連日放送! J SPORTSオンデマンドでも配信!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.