1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

タナックの勝利を決めたタイヤギャンブル

タナックの勝利を決めたタイヤギャンブル

2017年8月23日 「選手権はこれでわからなくなった」

オット・タナックは、金曜日の大雨のなかでタイヤチョイスのギャンブルを成功させたことがラリー・ドイッチュランドでの優勝の決め手になったと語った。

金曜日の午後、突然の雨が降り始めたとき、首位を争っていたセバスチャン・オジェやティエリー・ヌービルがそれまで実戦では使われたことがないレインタイヤ(フルウェットタイヤ)を嫌いソフトタイヤを選んだが、タナックはレインタイヤを3本チョイス、SS6ではコースオフしながらもベストタイムを奪い、午後のループで二人に対してラリーの流れを決定づける30秒近い差をつけた。

タナックはタイヤチョイスには勇気が必要だったと戦いをふり返った。

「大荒れの天候と道路上の多くのダートで非常に難しいスタートを迎えたトリッキーなイベントだった。そのなかで僕たちは勇敢なタイヤの決定をした。チームの皆が反対した時もあったが、それは非常にうまくいった。タイヤの選択がラリー全体を決定したと言っても過言ではないだろう」

いっぽう、オジェはこのときの状況について、ヌービルとの選手権争いのなかでギャンブルをすることはできなかったとふり返っている。

「勝利のチャンスを失うきっかけになっのは、金曜日の午後の間違ったタイヤ選択から始まっている。だけど、僕たちがティエリーと繰り広げているような接近したタイトル争いの中にあると、これまでに使用したことのない、まったく未経験のレインタイヤでいくという選択はしづらい。もう少し下位だったら何か試してみようという気持ちになりやすい。でも僕たちにはこの時点でそれに賭けるというようなチョイスは考えられなかった。最終的にはタイムを失うことになってしまったけどね」

ヌービルが土曜日の朝にリタイアとなったため、ドイツを終えてオジェはヌービルを17ポイント上回り選手権リーダーとなった。しかし、今回の勝利によってタナックもオジェの33ポイント後方に近づくことになった。

「選手権はわからなくなった。僕たちは前にいる2人に近づくことができた。ラリーは残り3戦だが、ギャップはそれほど大きくないので、何が起こるか見てみよう。最後の瞬間までは決して終わりではないし、僕たちはベストを尽くすつもりだよ」とタナックは語っている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.