1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS13-17:タナック首位キープで最終日へ

SS13-17:タナック首位キープで最終日へ

2017年8月19日 ターマック戦初勝利なるか

2017年世界ラリー選手権第10戦ラリー・ドイッチュランドは、Mスポーツ・ワールドラリーチームのオット・タナックが土曜日も首位を守りきっており、21秒のマージンをキープして明日の最終日にターマックラウンドの初優勝を狙う。

2位につけるシトロエンのアンドレアス・ミケルセンがSS11フライゼンで2回のミスをしたため、タナックはリードを23秒へと拡大して朝のループを終えることになった。

タナックは、短いアリーナ・パンツァープラッテの2回の走行から始まった午後のループでもこの2つのステージともミケルセンのタイムを上回る速さをみせ、リードを26.7秒へと広げることになる。タナックは2回目のパンツァープラッテ以降、ややペースを落としてクリーンな走りに専念することになり、最終的にミケルセンとの差を21.4秒として土曜日をゴールすることになった。

いっぽう、ミケルセンとセバスチャン・オジェの2位争いは午後になっていっそう熱を帯びることになった。SS14のスタートでミケルセンがエンストしたためオジェが4.5秒差まで迫ることになったものの、パンツァープラッテのロングステージで素晴らしい速さをみせたミケルセンがオジェを突き放してリードを7.7秒差まで広げてみせる。

オジェもSS15ではベストタイムで応酬、二人は残りステージでも一進一退の攻防を繰り広げたものの、ダートの出ていたコーナーでオジェがミスをしたため、ミケルセンが8.2秒差をつけて2位を守り切っている。

朝のループでハードタイヤをチョイスするギャンブルを成功させたトヨタのユホ・ハンニネンはSS13でエルフィン・エバンスを捕らえて一時4位に浮上することになるが、午後の2回目のパンツァープラッテの走行でダンパーに問題を抱えることになり、終盤のステージでエバンスに4位を譲ることになってしまった。

土曜日を6位で終えたのはシトロエンのクレイグ・ブリーン。30秒の後方からこの日をスタートしたトヨタのヤリマティ・ラトバラは激しくプレッシャーをかけて6.7秒差まで迫ったが、2回目のパンツァープラッテのロングステージでパンクのため大きくタイムをロス、ブリーンとの差は1分58秒へと広がった。

8位にはヒュンダイ勢での最上位となったヘイデン・パッドンが続き、チームメイトのダニエル・ソルドは総合36位となっているものの、午後のループの3ステージでベストタイムを奪取、初日に崖下に落ちたリタイアが悔やまれる速さをみせている。

明日の最終日はローサイム・アン・ゼィ(13.02km)とサン・ウェンデラー・ランド(12.95km)の2つのステージを2回ループする短い一日。ラリー最大のヤマ場となる土曜日を終えて21秒のリードを築いたタナックが安全圏ともいえるタイムを守り切り、今季2勝目を飾ることになるだろうか。最終日のオープニングSSは7時25分(日本時間14時25分)からスタートする予定となっている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

GTV #6 全開放送中!!

世界最高峰のGTレース「SUPER GT」。「GTV」では、SUPER GTで熱い戦いを見せるドライバーたちをゲストに招き、レースを動かした瞬間や最新テクノロジーなどを分析。ゲストドライバーにちなんだ企画や密着ドキュメント、国内外の様々なレースの紹介も!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.