1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS9/10:ヌービルが痛恨のリタイア

SS9/10:ヌービルが痛恨のリタイア

2017年8月19日 タナックがリードを15.3秒に広げる

選手権リーダーのティエリー・ヌービルは、ラリー・ドイッチュランドの土曜日朝に行われたオープニングステージでサスペンションを壊してリタイアとなり、初タイトル獲得を目指してきた彼にとっては大打撃となった。

41.97kmというラリー最長にして最難関のパンツァープラッテに挑む前の2.87kmという短いウォームアップ・ステージのSS9アリーナ・パンツァープラッテSSSでそれまで3位につけていたヌービルがまさかのトラブルに見舞われることになった。

ステージをゴールしたヌービルの左リヤタイヤは、かろうじてサスペンションとつながっているが、ありえない角度で曲がっている。ヌービルは「何が起きたのか、全然分からない」と語ったあと、ロードセクションでマシンを止めてチームと電話でやりとりを行ったが、サスペンションアームとハブは破損によって修理不可能な状態にあるため、ラリーの続行を断念するしかなかった。

「スローなジャンクションで、カットのある左へのターンだったけど、そのときには何が起きたのかは僕たちには分からなかった」と語るのは、ヌービルのコドライバーであるニコラス・ギルソウルだ。

「リヤアクスルに何かが触れた感じがほんの少しあっただけだ。サスペンションの何かが壊れたようだ。でも分からない。酷い出来事だったが、どうしようもない。僕らはポジティブなので、まだドイツでは多くのことが起こりうるだろうからね」

セバスチャン・オジェはヌービルのリタイアによって3位に浮上、選手権で同ポイントで並んだ状況でドイツを迎えていたため、このままゴールすれば選手権のイニシアティブをふたたび掌握することになりそうだ。

SS10をゴールしたオジェは、「ちょっと慎重すぎたかもしれない。ティエリーがストップして、戦略が変わった。前とのギャップが大きすぎるので、このステージではそれを縮めるほどプッシュしなかった」とポジションを確実にキープする走りに戦略を切り変えている。

いっぽう、ラリーリーダーとして土曜日をスタートしたオット・タナックは、SS9でベストタイムを奪って発進する。さらにSS10でも彼はリヤタイヤの表面が剥離する問題を抱えながらも3番手タイムでフィニッシュ、「非常にトリッキーだ。フィニッシュの6km手前でリヤタイヤのグリップを失い、パンクしたとわかったんだ」と語ることになったが、2位につけるアンドレアス・ミケルセンとの差を15.3秒へと広げることに成功した。

昨日まで降った雨によって路面は湿っているところが多いと見られていたが、朝のステージの大部分はドライとなっており、ハードタイヤとソフトタイヤのミックスを選んだタナックがタイムを伸ばし、4本ともソフトタイヤを装着したミケルセンはハードタイヤを選択すべきだったと後悔する結果になった。

「思っていたよりもずっとドライだった、2本ハードタイヤをつけるべきだった。クレバーにステージを走ったが、ちょっと慎重に行きすぎたかもしれない」とミケルセンは失策を後悔することになった。

朝のループでトヨタのユホ・ハンニネンとエサペッカ・ラッピのみが4本ともハードタイヤをチョイスしており、ハンニネンはギャンブルを成功させてパンツァープラッテの最速タイムを奪って、4位につけるエルフィン・エバンスに6.1秒差まで迫っている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

GTV #6 全開放送中!!

世界最高峰のGTレース「SUPER GT」。「GTV」では、SUPER GTで熱い戦いを見せるドライバーたちをゲストに招き、レースを動かした瞬間や最新テクノロジーなどを分析。ゲストドライバーにちなんだ企画や密着ドキュメント、国内外の様々なレースの紹介も!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.