1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS1:コペツキがドイツをリード

SS1:コペツキがドイツをリード

2017年8月18日 波乱の幕開け、ミークがクラッシュ

世界ラリー選手権第10戦ラリー・ドイッチュランドは、木曜日の夕方にザールブリュッケン市街地で行われたタイトなスーパーSSで開幕、シトロエンのクリス・ミークがコンクリートブロックの餌食となってリタイアする波乱が発生するなか、ナローボディのシュコダ・ファビアR5を駆ったヤン・コペツキがラリーをリードする衝撃の展開となった。

これまでのトリアーからザールブリュッケンのボスタールゼーにベースを移して開催される今年のラリー・ドイッチュランド。木曜日の夕方にザールブリュッケンで行われたセレモニアルスタートに続き、新しい2.05kmの市街地ステージで戦いの幕は開けることになった。

ザールブリュッケンのステージのコース幅は狭く、コンクリートブロックで仕切られているため多くのドライバーたちが接触するヒヤリとしたシーンをみせることになり、シトロエンのミークがタイトな右コーナーでコンクリートブロックに右フロントタイヤをヒット、ステアリングアームとドライブシャフトを壊して早々とリタイアとなってしまった。

シトロエンは、ダメージの修理は問題ないため金曜日にリスタートできると発表したが、ミークは勝利目前でリタイアとなったコルシカのリベンジをするはずが10分間という大きなペナルティを課されての最悪の幕開けとなってしまった。

コースを塞いだままストップしたミークのマシンを排除するためにステージはしばらく中断したあとに再開、チームメイトと同様にリヤホイールをコンクリートに接触させたクレイグ・ブリーンとアンドレアス・ミケルセンの2台のシトロエンC3 WRCが速さをみせてシトロエン勢が1-2態勢を築き、初日をリードするかに見えた。だが、これをオット・タナックが1秒上回ることに成功する。

しかし、ミークのアクシデントを目撃した多くのドライバーたちはこの狭いステージでいっそう慎重に走ることを選択、セバスチャン・オジェはミケルセンと並んでタナックから1.6秒差の4番手タイムに止まり、さらに選手権リーダーのティエリー・ヌービルもタナクから2.4秒遅れの9番手タイムで初日を終えることになった。

タナックがこのままラリーリーダーを奪うかに見えたが、タイトコーナーが連続するステージで四苦八苦するワイドボディのWRカーを横目に、後方からスタートしたコペツキがファビアR5ながら0.3秒タナックを上回ってラリー初日をリードすることになった。

タナックから1秒差の3位にブリーン、1.6秒差でミケルセンとオジェが並んで4位につけ、5位につけるトヨタのヤリマティ・ラトバラもタナックからはわずか1.9秒差。明日からの激しいバトルを前にトップ10が3秒以内にひしめく状態となっている。

金曜日はモーゼル地域のブドウ畑を舞台としたミッテルモーゼルやグラフシャフトなどを走る7SS/108.51kmの一日となる。天気予報は、今夜から明日の金曜日にかけて雨が降ると伝えており、トリッキーな一日になることが予測されている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

WRC Round9 ラリー・ドイチェランド

WRC Round9 ラリー・ドイチェランド 8月17日(金)〜8月19日(日)連日放送! J SPORTSオンデマンドでも配信!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.