1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ヌービル、ドイツのシェイクダウンで一番時計

ヌービル、ドイツのシェイクダウンで一番時計

2017年8月17日 ミケルセンが0.9秒差、オジェが1.2秒差で続いた

ラリー・ドイッチュランドのシェイクダウンで、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが2分25.8秒のトップタイム、シトロエンからの3戦目のラリーに挑むアンドレアス・ミケルセンが0.9秒差の2番手タイムにつけることになった。

ラリー・ドイッチュランドのシェイクダウンは、新しいボスタールゼーのサービスに近いアイヴァイラー・ステージ(4.09km)で行われた。2日間のレッキと同様に青空が広がる朝を迎えることになり、路面は基本的にはドライとなったが、先週までかなり雨が降ったために路肩はかなり湿っており、ラリーカーが走行するたびに泥がかき出されることになった。

選手権リーダーとしてヌービルが一番手でコースイン、もっともクリーンなステージで走った彼が1回目の走行におけるベストタイムを奪って発進することになった。これにミケルセンが0.9秒差の2番手タイムで続くことになり、ヌービルに続いて2番手のポジションで走行したセバスチャン・オジェは、路面に泥がかき出されたコーナーでリヤをスライドさせてしまいタイムをロス、1.2秒差の3番手タイムで続くことになった。

多くのラリーカーの走行で路面にはますます泥だらけとなり、シェイクダウンの1 回目の走行でトップタイムを奪ったヌービルでさえ2回目の走行では6.2秒をロス、オジェは2回目の走行ではヌービルを0.1秒上回るベストタイムだったものの、ベストタイムを更新するどころか、自身のタイムからも2.9秒遅れのタイムとなっている。

ヌービルはシェイクダウンで最初の2回の走行はハードタイヤで行い、明日雨になるとの予報に基づいてソフトタイヤで走行をチョイスしている。

「道路はステタートではとてもクリーンだった。僕はハードタイヤだったが、タイムはとてもいいものだった。最後の2回の走行ではウェットコンディションのためにいくつかの変更を試して、トラクションをみつけようとしてみたんだ」とヌービルは語った。

「道路はとても汚れていた。とくにこのステージの多くの林のなかは非常に汚れていたが、残りはOKだった」

選手権で遅れをとっているシトロエン勢は後方からのスタート順にもかかわらず、好タイムを並べることになった。首位から2.4秒差の4番手タイムはクリス・ミーク、チームメイトのクレイグ・ブリーンが5番手につけることになった。6-7番手にはヤリマティ・ラトバラとユホ・ハンニネンのトヨタ勢、ヒュンダイのダニエル・ソルドが8番手タイムで続いている。

シェイクダウン2回目以降の走行においてタイムを更新できたのはオット・タナックとヘイデン・パッドンというターマックを苦手としている二人のみだけであり、タナックはシェイクダウンで9番手、パッドンは11番手にとどまることになった。

■シェイクダウンタイム
1. ティエリー・ヌービル 2分25.8秒
2. アンドレアス・ミケルセン 2分26.7秒
3. セバスチャン・オジェ 2分27.0秒
4. クリス・ミーク 2分28.2秒
5. クレイグ・ブリーン 2分29.1秒
6. ヤリマティ・ラトバラ 2分29.5秒
7. ユホ・ハンニネン 2分30.0秒
8. ダニエル・ソルド 2分30.1秒
9. オット・タナック 2分31.8秒
10. エルフィン・エバンス 2分32.4秒
11. ヘイデン・パッドン 2分33.4秒
12. エサペッカ・ラッピ 2分34.4秒


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.