1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ラッピ、ドイツでも同じアプローチで挑む

ラッピ、ドイツでも同じアプローチで挑む

2017年8月15日 5位以内で着実にフィニッシュすることが目標

TOYOTA GAZOO Racingのエサペッカ・ラッピは、ラリー・フィンランドでキャリア初優勝を飾っているものの、それによって今週末のラリー・ドイッチュランドへのアプローチが変わることはないと語った。

26歳のラッピは、母国フィンランドで記念すべきキャリア初優勝を飾ったラッピは、今週末のラリー・ドイッチュランドでヤリスWRCでの初のターマックラウンドに挑む。

フィンランド出身とはいえ、フィンランド・カートチャンピオンだったラッピは、これまでにドイツには3回出場した経験をもち、昨年のWRC2では逆転チャンピオンのきっかけとなった鮮やかな優勝を飾っている。

ラッピは、今週末は5位でフィニッシュしたいと控えめな目標を掲げているものの、ターマックのヤリスのポテンシャルが非常に高いと自信をみせている。

「フィンランドでは優勝することができたが、ドイツに対するアプローチは何も変わりない。自分にとってフィンランドはもっとも馴染み深く自信のあるラリーだったが、ドイツはある意味真逆となる」とラッピは語った。

「もちろん僕がWRカーでターマックラリーに出るのは今回が初めてとなるが、ヤリスWRCはレーシングカーのようなフィーリングがあり、グラベルよりターマックの方が走りやすいかもしれない。エアロダイナミクスを含めたクルマのポテンシャルは非常に高く、エンジンのパワーがタイヤのグリップ力を上まわっているため、タイヤの性能を保ち続けるためには、とにかくクリーンで丁寧な運転が求められる。問題なく最後までこのラリーを走り切り、5位以内でフィニッシュしてポイントを獲得することが、今回の僕の目標となる」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY9】Monster Energy Honda Team ダカールラリー2018

ダカールラリー2018 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.