1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

オストベルグ、ドイツ参戦をキャンセル

オストベルグ、ドイツ参戦をキャンセル

2017年8月14日 パワステの問題が解決しないため参戦を断念

マッズ・オストベルグは、今週のラリー・ドイッチュランドにアダプタ・モータースポーツのフォード・フィエスタR5でWRC2への参戦を計画していたものの、先々週にポーランドで開催されたERCラリー・ジェシュフで発生した技術的な問題が完全に解決できないため出場を見送ることを決定した。

オストベルグは新しいコドライバー候補の一人であるパトリック・バースとともにポーランドで開催されたラリー・ジェシュフにラリー・ドイッチュランドのためのターマックトレーニングとして出場したが、予期せぬパワーステアリングの故障に襲われて恐ろしい瞬間に見舞われることになった。しかし、チームはこの問題を解決することができず、オストベルグは最終日にふたたび同じ問題と戦うことになり、イベントから撤退することを余儀なくされた。

「とても高速のコーナーに入ったとき、その問題が突然発生し、僕らは本当に恐ろしい目に遭った。パワーアシスタンスが失われ、ステアリングはまるでロックされたようだった。ほぼ時速180km/hで僕らはどうにかハンドルと格闘しながらそのコーナーを曲がりきれた。ステアリングを直すことができなかったので撤退は仕方なかったよ」とオストベルグは語った。

オストベルグは、このイベントのあとフィエスタR5の問題解決が完全にできなかったために今週のラリー・ドイッチュランドに出場できなくなったと説明した。

「僕らのR5マシンは、現在のWRC2で走っているマシンより2世代古いバージョンとなり、マシンのメカニズムのアップデートはできるが、ソフトウェアに問題があり、ドイツまでの短時間でそれを解決することができなかった。さらなるアップデートを行が行われ、この問題が2度と起きなくならないかぎり、僕はマシンを100%コントロールできない。そのためにドイツをスタートしないことを決めたんだ」

オラ・フローネとのコンビを解消して以降、オストベルグは現在、パーマネントのコドライバーを見つける作業の途中であり、ラリー・フィンランドではトシュテン・エリクセン、ラリー・ジェシュフにはパトリック・バース、そして今回のドイツではエミル・アクセルソンとのコンビネーションを試すことが計画されていた。

「これまでの二人はそれぞれのラリーできっちりと仕事をこなしてくれ、エミルは3人目の候補となる。3人ともすべてパーマネントのコドライバーになる可能性があるため、評価プロセスを続けるためには別の解決策を見つけなければならない」

オストベルグのWRCの次戦は10月に開催されるラリー・デ・エスパーニャとなる。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.