1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ヌービルがポーランドで今季3勝目

ヌービルがポーランドで今季3勝目

2017年7月2日 雨波乱呼ぶ、タナック無念クラッシュ

FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリー・ポーランドは、ティエリー・ヌービルとオット・タナックが3日間に渡って抜きつ抜かれつの激しい攻防を繰り広げたが、タナックが最終日2番目のSSでクラッシュにより無念のリタイア。その結果、ヌービルが第4戦コルシカ、第5戦アルゼンチンに続いて、今季3度目の優勝を飾った。2位にはチームメイトのヘイデン・パッドン、3位にはセバスチャン・オジェが続いた。

ヌービルはポーランドの二日目を首位で終えたものの、2番手タナックとの差はわずか3.1秒にすぎない。最終日は、11.15kmのオージェシュと18.68kmのパプロツキを2回ループするわずか4SS/59.66kmの一日だが、優勝を争う2人が僅差であることから、逆転も十分可能。この日も雨が降ったり止んだりで、ウェットでトリッキーなコンディションがクルーたちを待ち受けていた。

この日の最初のステージは、全体を通して非常に高速セクションが多いSS20。ステージを走り終えたドライバーたちが「恐ろしい。本当に滑りやすい」「あまりに滑る」と口々に叫ぶなか、タナックが気迫の走りで驚異的なタイムを叩き出す。このステージでタナックはヌービルを4.9秒上回り、総合でヌービルを抜いて首位に立つ。しかし、差はわずかに1.8秒でしかない。

一方のヌービルは「このコンディションだから、無理してコースアウトしたくなかった。自分のリズムを保ち続けて走って、それで何がもたらされるのか期待しよう」と、危険な路面状況で無理をせず、堅実な走りに徹したことを明かした。

波乱は、続くSS21で起きた。優勝のために激しくプッシュを続けたタナックはコースオフ、フロントフェンダーなどにダメージを負って1分あまりをロスした。タナックはどうにかステージを走り終えたものの、この日は日中のサービスを挟まないため、残る2ステージを走ることは不可能。無念のリタイアとなった。

タナックは「森の中の唯一マッディなところで起こったんだ。リヤでバンクにヒットしてフロントが木に向かって引っぱりだされてしまった。勝利したいと思ったら、プッシュする必要があるんだ」と、リスクを負ってプッシュした結果のクラッシュだったことを説明した。

タナックのリタイアを受けて、後続に対して十分なギャップを築いていたヌービルは、以降のステージを危なげなく走り切って、表彰台の頂点に立った。

「最近の5つのイベントでは、最後のステージまで接戦が続いた。それは本当にタフだ。ここではギャップが少し大きかったので、少しリラックスして最後のステージを終えることができて良かった」と、ヌービルは喜びの言葉を述べた。

2位には、週末を通して安定したドライビングを続けたパッドンが入り、一年ぶりの表彰台を達成、ヒュンダイ・モータースポーツの1-2フィニッシュに貢献した。

たびたびトラブルに見舞われるなど苦しい週末となったオジェは、ヤリマティ・ラトバラやタナックの脱落で総合3位に入ったものの、1度もステージのトップタイムを刻むことがなく、見せ場がなかった。「僕たちは表彰台に相応しくはないが、こういうことは時にあるし、受け入れなくてはならない」と、オジェは述べた。

選手権のリーダーはオジエがキープしたが、前戦サルディニアの終了時で18ポイントあったリードは、ヌービルが優勝したことで一気に11ポイントに縮まっている。

ヌービルは「僕たちの主な目標はオジエに対してポイントを稼ぐことだったが、2戦続けてその目標を達成できた。チャンピオンシップのギャップが縮められたことは素晴らしい成果だ。選手権の最後がどうなっているか、非常に楽しみだよ」と、オジェを猛追する様子を隠さない。

土曜日にテクニカルトラブルによってデイ・リタイアとなったトヨタのラトバラは、最終日にラリー2で再出走。最終ステージのパワーステージで最速タイムを刻み、5ポイントを獲得した。選手権では3位につけているものの、オジェとは48ポイント差、2位ヌービルとの差は37ポイントもあるためトヨタ初年度でのタイトル獲得は厳しくなってきたが、次戦母国ラウンドでの巻き返しが期待されるところだ。

新しいリヤデフのホモロゲーションを取得するなど必死の巻き返しを図ったシトロエンだが、今回も運に恵まれなかった。不振が続くクリス・ミークに変わって本戦に出場したアンドレアス・ミケルセンは9位、チームメイトのクレイグ・ブリーンは11位に沈んでいる。その中で、シトロエン勢の中ではたびたび最速タイムを刻むなど、成長の様子を見せたステファン・ルフェーブルがトラブルなく完走して5位に食い込んだ。

また、初めてWRカーで参戦したMスポーツのテーム・スニネンは、ステージを1つ残して総合5位につけていたが、最終ステージでのミスにより総合6位となった。

WRC次戦は7月27〜30日に行われるラリー・フィンランドとなる。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.