1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ラリー・ポーランド、今週末開催へ

ラリー・ポーランド、今週末開催へ

2017年6月27日 高速ステージがドライバーを待ち受ける

世界ラリー選手権は今週末に開催されるラリー・ポーランドで真夏の高速ラウンドを迎える。ポーランドの次は7月27日〜30日に開催される伝統のラリー・フィンランドとなり、このハイスピードのグラベルラウンドでいよいよ後半戦がスタートする。

ラリー・ポーランドは今年もミコワイキがイベント開催の本拠地となる。ミコワイキはマズールィ地方最大の観光地の1つであり、ヨットスポーツの中心地でもあることから「ラリードライバーとセーラーにとってのポーランドの首都」と喩えられる。

23SS/320.56kmで争われる今年のステージのうち多くはこれまで使用されたものとなり、金曜日までは昨年とほぼ同一のステージが舞台となるが、新しいステージや2009年以来の復活となるステージを加えるとルートの29%はここ3年間使われていなかったところとなる。

DAY1は29日木曜日夜に行われるスーパーSSミコワイキ・アリーナ(2.50km)でスタート、30日金曜日の朝、リスタートとなり、フミエレボ(6.52km)、ビエリチュキ(15.96km)、シウィンタイノ(18.60km)、スタレ・ユヒ(13.50km)という昨年と同じ4ステージをミコワイキのサービスを挟んで2回ループ、ふたたびミコワイキ・アリーナのスーパーSSで締めくくる10SS/116.16kmとなる。

7月1日土曜日のDAY2は、ロシア南東部のカリーニングラードとの国境に近い北部を旅する一日となる。昨年まで最終日に行われていたバラノボ(15.55km)からスタート、新しいポゼッジェ(21.24km)、ゴウダプ(14.75km)、ラリー最長のクルクランキ(19.68km)という4ステージをミコワイキのサービスを挟んで2回ループ、この日もミコワイキ・アリーナで締めくくりとなる9SS/144.74kmの一日となる。

2日に行われる最終日のDAY3は4SS/59.66kmの短い一日。新しいステージのオージェシュ(11.15km)から始まり、2009年の初日に行われたパプロツキ(18.68km)の2つのステージをノーサービスで2回ループ、2回目のパプロツキがパワーステージとなる。このパワーステージの模様は、7月2日 (日) 午後7:00からJ SPORT3でライブ中継されることになっている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.