1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

スニネン、ポーランドでWRカーデビューに挑む

スニネン、ポーランドでWRカーデビューに挑む

2017年6月23日 目標はトップ6、そしてラッピに追いつきたい

テーム・スニネンはWRC2からステップアップし、次の2つのラウンドでWRカーデビューを果たすが、上位6位でのフィニッシュも夢ではないと考えている。

WRC2の有力ドライバーであるスニネンは、選手権デビューを飾ってから僅か3年足らずでWRカーへステップアップを果たし、6月29日から7月2日にかけて開催される第74回ラリー・ポーランドでフォード・フィエスタWRCをドライブする。

スニネンは7月27日から30日にかけて開催される母国ラウンドのネステ・ラリー・フィンランドでも再びMスポーツ・ワールドラリーチームのフォード・フィエスタWRCを駆る。どちらのイベントも、彼がキャリアをスタートさせたイベント同様、非常に高速なグラベルが特徴だ。

「僕の目標は、自分のドライビングを多いに向上させることだが、WRC2に比べてWRCは何倍もトリッキーなので、当然難しいラリーとなるだろう」と23歳のスニネンは語った。

「だが僕たちは良い結果に挑戦するつもりだ。ミスやトラブル無しに、トップ6位以内でフィニッシュできれば間違いなく素晴らしいだろう」

スニネンは、トヨタがWRCへの復帰を正式に発表する前にトヨタ・モータースポーツGmbH(TMG)が開発したヤリスWRCのプロトタイプマシンのテストを担当していたことがある。

彼はまた、ポーランドの前にフィエスタWRCをドライブする最初の機会として、英国で2日間のテストを実施する。

「中速のコーナーと高速コーナーでは、パワーが増した影響を感じるためドライビングスタイルを変える必要があると思う。僕はこれまでの経験上、R5カーのドライブに慣れ親しんでいる。中くらいの右カーブ、50m、中くらいの左カーブという道なら、これまでは全開で走ることができたが、WRカーではブレーキをかけなければならない。ノートは同じままだが、マシンは少し違う方法でドライブする必要がある」

スニネン同様、WRカーのカテゴリーに挑戦する新世代のフィンランド人ドライバーに、エサペッカ・ラッピがいる。ラッピは今月初めにトヨタから2度目の参戦を果たし、イタリアラウンドで4位を獲得。今年の残りの全てのラウンドに出場する予定だ。

「僕はエサペッカの後に続きたい。もっと言えば、彼に勝ちたいとさえ思っている」とスニネンは語った。スニネンは昨年のWRC2でラッピに敗れて選手権で2位となっている。

「昨年僕と競っていた彼が素晴らしい結果を出しているのを見てうれしいよ。フィンランド人ドライバーにとって未来は明るいように思えるが、僕たちは二人とも、まだまだたくさん取り組む必要がある」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.