1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

サルディニアに待ち受ける過酷なステージ

サルディニアに待ち受ける過酷なステージ

2017年6月7日 シーズンでもっとも高温でラフな路面が特徴

6月8日から11日かけて開催されるラリー・イタリア・サルディニアで、ドライバーたちは今シーズン最も高い気温と磨耗が激しい道路に直面することになり、タイヤの管理と保護が重要となる。

地中海に位置するラリーは、細かくサンディなグラベルで覆われた高速でナローなステージを特徴としている。マシンが通過するたびに砂利は掃き出され、轍が深くなり、鋭い岩石が路面に露出してくるため、2回目の走行は一層難しい挑戦となる。

気温は約30度に上昇すると予想されるため、ドライバー、マシン、タイヤのすべてにとって非常に厳しいイベントとなるだろう。

金曜日のレグは、4つのステージを午前に1回走行し、午後にもう一度走行する。ドライバーたちは同じタイヤセットで各ループを完了する必要があるだろう。4つのステージのラストは、このラリーで最も磨耗の激しい14kmのテルグ〜オージロのステージだ。

「WRCがギリシャへ行かなくなってから、ラリー・イタリア・サルディニアは、このような厳しい路面で行われる唯一のイベントだ」とミシュランのWRCプログラムのマネージャーを務めるジャック・モレリは説明した。

「テルグ〜オージロは僅か14.14kmかもしれないが、しかし、チャンピオンシップの中で最も難しいステージの一つだ! そしてそれは、合計64kmの4つのステージのループの一部を形成している」

「他のステージ、特に土曜日のステージは、よりラフなものの、タイヤよりもクルマに厳しい傾向がある。このイベントには常にいくつかのサプライズが付き物だ」

「サルディニアは、カレンダーの中でクルーとマシンにとって最も難しいラウンドと言えると思う。しかし最近のテストでは、我々のタイヤはその試練に耐え得ることが示されている」

今週の最有力候補の一人、ヒュンダイのティエリー・ヌービルも、ラリー・イタリア・サルディニアが厳しいラリーだと認識している。

「これは技術的なイベントだが、軽く見ることは出来ない。道路は非常にドライでハードで、マシンや特にタイヤにとって厳しくなるだろう。したがって、出走順に合わせたタイヤの選択が非常に重要で、慎重に検討する必要がある」と彼は語った。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.