1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

オジェが二日目を終えて16.8秒をリード

オジェが二日目を終えて16.8秒をリード

2017年5月21日 ヌービル追撃もチャンピオンが圧巻の速さ

2017年世界ラリー選手権(WRC)第6戦ラリー・デ・ポルトガルは、土曜日を終えてMスポーツのセバスチャン・オジェが首位に浮上、ヒュンダイのティエリー・ヌービルを16.8秒リードすることになった。
 
土曜日をトップでスタートしたオット・タナックが37.55kmのラリー最長となるSS12アマランテのステージでサスペンションを壊して後退したあとオジェは首位をキープ、一時リードを20秒近くに広げたものの、この日最後となるアマランテの2回目の走行でヌービルが圧巻のベストタイム、オジェとの差を6.2秒も縮め、16.8秒差まで迫ることに成功する。

オジェは「タイヤを温存しすぎた。慎重しすぎだった」と語り、終盤でヌービルがみせた反撃のスピードを警戒したものの、「このギャップには満足している」と最終日の戦いにむけて自信をみせている。

3位で二日目を終えたのはダニエル・ソルド。彼はこの日の朝、オジエに抜かれたあとも前日より滑りやすくなったステージでなかなかペースを上げられなかったものの、なんとか首位との差を縮める決意で午後のループにむかったが、リヤにダメージを負ってオジェからは51.3秒差、ヌービルからは34.5秒遅れでこの日を終えることになった。

朝のループのサスペンショントラブルで5位に後退したタナックは、最終ステージでタイヤを摩耗させてペースを落としたシトロエンのクレイグ・ブリーンを捕らえることに成功、4位へと順位を戻している。
 
エルフィン・エバンスは朝のループで、パンクとダンパーに問題を抱え、ユホ・ハンニネンとエサペッカ・ラッピのトヨタ勢に抜かれることになったが、ハンニネンはフューエル・プレッシャーの問題からSS14で1分近くストップして7位にポジションを落とし、ラッピもSS15のターマックセクションのルースグラベルで足元をすくわれてクラッシュ、リヤを壊して11位まで後退することになったため、エバンスは6位まで順位を上げることになった。
 
新しいDMACKのタイヤのためのセッティングに集中したマッズ・オストベルグが8位、前日の横転によって13位まで後退したトヨタのヤリマティ・ラトバラはふたたび発熱に見舞われて体調を崩しながらも9位まで順位を戻してきた。
 
最終日は4SS/42.93kmと短い一日。大きなジャンプで有名なファフェのステージで10万人の観客が見守るなか、はたしてウィナーとして祝福されるのは誰になるのだろうか。最後のパワーステージの模様は、5月21日 (日) 午後8:00からJ SPORT3でライブ中継される。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.