1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ティモ・マキネン、1938-2017

ティモ・マキネン、1938-2017

2017年5月8日 伝説のフライングフィンが死去

1960年代から1970年代にかけて最も活躍したラリードライバーの一人、ティモ・マキネンが死去した。79歳。

「フライング・フィン」の愛称で親しまれるフィンランド出身ドライバーの草分け的存在の一人で、マキネンの成功の多くは1973年にWRCが開始される前に遡るが、WRCにおいても4つのラリーで勝利を獲得した。なかでもラリーGBは1981年に引退するまでに3回勝利を挙げている。

1938年にヘルシンキで生まれたマキネンは、1959年にフィンランドの1000湖ラリーでトライアンフTR3を駆ってクラス3位を獲得し、キャリアをスタートさせた。彼はのちにオースチン・ヒーレー3000、そしてミニ・クーパーにスイッチし、その後のラリーにおける小型車の多くの勝利の原動力になった。

1962年の英国のRACラリーでは、ミニを駆ってクラス優勝を果たし、1963年はより包括的なプログラムを得てヒーレーとミニの両方をドライブした。彼の最初の国際的な勝利は、1964年のオランダのチューリップ・ラリーでミニ・クーパーSをドライブした時だ。そして翌年のラリー・モンテカルロで同様のマシンで優勝し、ラリー界の注目を集めた。

1966年のモンテでの2度目の勝利は、ミニのヘッドライトがルールに違反していると考えたラリー主催者によって覆され、この決定によってシトロエンのパウリ・トイヴォネンの勝利となった。しかし、マキネンは母国では大きな成功を収め、1967年の1000湖ラリーではミニのボンネットが跳ね上がり、有名なオウニンポウヤのステージで12kmもの間、フロントガラスの前が見えない状態でドライブしたにもかかわらず、3回目の勝利を獲得した。

マキネンは1968年にフォードへ移籍し、エスコートRSでさらに多くの勝利を獲得した。1973年から1975年にかけては英国RACラリーで2度目の3連続優勝を挙げている。1977年にフォードを降板したマキネンは、その後トヨタ、BMW、フィアット、プジョーでドライブし、引退までケニアとアイボリー・コーストのチャンピオンシップの耐久イベントに専念していた。

マキネンはラリー以外の他の形態のモータースポーツにおいても、秀でていた。フィンランドで3度のサルーンカー・チャンピオンでもあった彼は、1969年の第一回ラウンド・ブリテン・パワーボート・レースにおいても勝利している!

マキネンのモータースポーツの国際舞台での活躍によって、多くのフィンランド人が彼の後に続くことを目指した。彼は2010年にフィンランド・ラリーの殿堂入りを果たした最初のメンバーの一人となった。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.