1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

SS1: ミークがオープニングSSでトップタイム

SS1: ミークがオープニングSSでトップタイム

2017年4月7日 オジェが5.7秒差の2番手、ヌービルが3番手で続く

シトロエンのクリス・ミークが金曜日のSS1で素晴らしい走りをみせてツール・ド・コルスをリードした。

コルシカのオープニングステージは31.20kmのピローズラ〜アルビレクチア。昨年とほぼ同じコースとなるものの、昨年の49kmのうちオープニングの26kmが新しい7kmのセクションに置き換わっている。島西部のこのステージはほとんどドライコンディションとなったものの、終盤近くの木陰は湿っており、ツイスティでバンピーなタフな路面がドライバーたちを待ち受けていた。

ミークはこのステージでセバスチャン・オジェより5.7秒速く、3番手のティエリー・ヌービルより11秒速いトップタイムをマークしてステージをフィニッシュした。6番手というポジションだったため、彼はやや先行車によってコーナーにかきだされた泥に悩まされたが、それだけでなく、彼はステージで鼻血を出しながらも圧巻のタイムを叩きだした。

「楽しんだよ。クルマの状態はスゴくいい。テストの間、懸命に作業を続けてきたチームのおかげだ。いいスタートが切れたけど、まだまだ先は長いよ」 とミークは語っている。

Mスポーツのオジェは、オープニングセクションでは最速だったが、バンピーなセクションでタイムを落とすことになった。「ステージのバンピーなセクションであまりうまくドライブできなかったから、無理をしないようにしたんだ」

ヌービルは3番手のタイムだったが、ゴール地点では不満そうに首を横に振った。ステージの最後の方はとても滑りやすくて埃っぽかった。いいドライビングを心がけたけど、クルマに100%満足ではなく、多少のアンダーステアが出ていた。ラインを外れてしまうことが何回かあったんだ」

オット・タナックとダニエル・ソルドが13.9秒差の同タイムの4位に続き、クレイグ・ブリーンが16.9秒差の6番手につけることになった。

TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリマティ・ラトバラはステージ終盤のしめったセクションでのアンダーステアに悩まされて7番手でスタートすることになったが、チームメイトのユホ・ハンニネンは深刻な問題に見舞われている。

彼はワイドになった際に石橋にヒット、損傷したステアリングアームをチェックするために数百メートル走ったあとにストップしたものの、ヤリスの右リヤのブレーキから出火したために彼がコースに復帰するのを遅らせることになり、彼は13分遅れでこのステージをフィニッシュしている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.