1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

ヌービル、メキシコのシェイクダウンで最速

ヌービル、メキシコのシェイクダウンで最速

2017年3月9日 トップ4は4メーカーのマシンがひしめく大混戦

 ラリー・メキシコのシェイクダウンでヒュンダイのティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)が3分45.8秒のトップタイムを奪った。

 今季初のグラベルラウンドとなるラリー・メキシコ。注目のシェイクダウンはジャノ・グランデの5.31kmのグラベルステージで16時からスタート。時折、小雨がぱらつく天候となるなか、ヌービルが3回目の走行でトップタイムを奪い、Mスポーツのセバスチャン・オジェが1.7秒差、シトロエンのクリス・ミークが2.2秒差、前戦スウェーデンで優勝を飾ったトヨタのヤリマティ・ラトバラが2.5秒差で続き、トップ4がすべて異なるマニュファクチャラーで占められることになった。

「このラリーは難しく、ラフな場所もあるので新しいエアロパーツに注意する必要があるよ。ステージはすべりやすく、さらに多くの石が路面に出ている。路面を整えるためにグレーダーが入ったので、道路がワイドになったぶん、削りだされた土砂が路肩からコースにかき出されてタフになっているんだ」とヌービルは語った。

 開幕の2戦でクラッシュに見舞われているヌービルはプレッシャーはないと答えている。

「素晴らしい走りを見せながら最後までそのペースを維持できなかったのはたしかだ。僕らは不運だったので、ここではチームにいい結果を持ち帰りたいんだ」

「マニュファクチャラー選手権も重要だが、同時に僕のドライバーズ選手権でもラトバラ、オジェ、タナックに対していくつかポイントを獲得することが大事になる。タイトルはまだ可能だよ。今年は一戦で最大30ポイントを獲得できるし、彼らはまだたったの40ポイントをリードしているにすぎないからね」

■シェイクダウンタイム(P1ドライバー)
1. T.ヌービル 3分45.8秒
2. S.オジェ 3分47.5秒
3. K.ミーク 3分48.0秒
4. J-M.ラトバラ 3分48.3秒
5. H.パッドン 3分48.6秒
6. D.ソルド 3分48.7秒
7. E.エバンス 3分48.9秒
8. O.タナック 3分50.3秒
9. S.ルフェーブル 3分50.6秒
10. J.ハンニネン 3分50.7秒
11. L.ベルテッリ 4分00.7秒


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.