1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

シトロエン、メキシコでの首位争いに自信

シトロエン、メキシコでの首位争いに自信

2017年3月8日 開幕2戦の不振は準備不足が主たる要因

 シトロエン・レーシングのテクニカル・ディレクター、ローラン・フレゴシは、今シーズンFIA世界ラリー選手権の開幕2戦での低迷したチームが、その過ちから学ぶことができていると信じている。

 シトロエンは現在、ラリー・モンテカルロの雪のターマックや、ラリー・スウェーデンの雪と氷のステージでの残念なパフォーマンスを経てマニュファクチュアラー選手権の最下位にとどまっている。

 それでもフレゴシは、昨年のC3WRカーの開発が主にグラベルで行われてきたことをふまえ、ラリー・メキシコのコースはドライバーのクリス・ミークやステファン・ルフェーブルにとってはむしろ走りやすいのではないかと自信をのぞかせる。

「今シーズン最初のグラベル・ラリーでは、我々はもっと優れたパフォーマンスができると思っているし、期待している。今シーズン最初の2つのラウンドでの結果は、はっきり言って、実際のレースコンディションを想定した準備が不足していたことが主な原因だろう」と彼は語った。

「メキシコではまったく違った状況になるだろう、なぜならC3 WRCはほとんどグラベルでの走りを重ねてきているからだ。その一方で、我々はスウェーデンでのいくつかの問題を修正することによって、何が間違っていたかの教訓を得ることとなった」と彼は続けた。

 二人のドライバーは先月、スペインでテストを行い、C3のサスペンションとアクティブ・センターデフのセッティングに重点をおき、メキシコに向けての準備を進めてきた。

 ミークはチームが「正しい方向性に向かうこととなった」と感じており、チーム代表のイブ・マトンは、ミークがメキシコこそはトップに近いところで走れることを期待していると語っている。

「チームは決然と作業に取り組み続けてるところだ。先週行ったテストセッションの間、我々はセッティングのある一定の原理について問い、それによって我々がどの分野で改善が可能なのかを特定することができた」とマトンは語った。

「我々はスウェーデンでの経験から、多くの問題を修正することで学んできた。先週のテストの最後にはドライバーたちはクルマの出来に満足していたようだ。我々としてはもちろん、それを実戦での結果に結びつけていかなければならない」


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.