1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

今年はコリンズ・クレスト新記録ならず

今年はコリンズ・クレスト新記録ならず

2017年2月13日 オストベルグ、わずかに1メートル及ばず

 マッズ・オストベルグは、コリンズ・クレストの最長飛距離のレコードを狙ったものの、惜しくも1メートル及ばなかった。

 1995年にワールドチャンピオンに輝いたコリン・マクレーの勇敢な走りを記憶にとどめるために、ヴァルゴーセン・ステージの大きなクレストには彼の名前が刻まれ、ここでもっとも長距離にジャンプをみせたドライバーに毎年、コリンズ・クレスト賞が贈られている。

 前日にリヤウィングを失うトラブルですでにトップ10入りが困難となったオストベルグは、昨年のコリンズ・クレストで歴代最高記録となったアイビン・ブリニルドセンの45メートルの記録を破るべく、このジャンプ台に挑んだ。

 オストベルグはSS11でも42メートルの最長飛距離を出したあと、2回目の走行となるSS14ではさらにプッシュして記録を更新することを宣言したものの、わずかに1メートル及ばず、新記録の樹立はならなかった。

「その前のコーナーをミスして、わずかにスピードが落ちたんだ! もちろん記録が欲しかったよ。ずっとジャンプについて考えていた。これはこの瞬間、世界で一番重要なことだったけれど、どうやら僕はプレッシャーに耐えられなかったようだ!」

■コリンズ・クレストの飛距離記録
2008年 カリド・アルカシミ 36m
2010年 マリウス・アーセン 37m
2011年 ケン・ブロック 37m
2012年 オット・タナック 32m
2013年 ティエリー・ヌービル 35m
2014年 ユホ・ハンニネン 36m
2015年 ティエリー・ヌービル 44m
2016年 アイビン・ブリニルドセン 45m
2017年 マッズ・オストベルグ 44m


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧

» もっと見る

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.