1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

SS16: ラトバラ、トヨタ初勝利に向けて快走

SS16: ラトバラ、トヨタ初勝利に向けて快走

2017年2月12日 オジェはスピンで優勝争いから脱落

 トヨタのヤリマティ・ラトバラは、素晴らしいタイムを叩きだしてラリー・スウェーデンの最終日をスタート、2位のオット・タナックに10.9秒差をつけることに成功した。

 ラリー・スウェーデンの最終日は21.19kmのリケナス・ステージからスタートする。リケナスは、1970年代から続くラリー・スウェーデンの伝統的なステージだが、今回初めて逆方向で行われ、ツイスティで高速な道が待ち構える。

 このステージで飛ぶような速さをみせたのはラトバラ。3.8秒差の2位でスタートしたタナックに対して最初のスプリットで4.1秒の差をつけた彼は、その後もスピードを緩めることをせずに快走、7.1秒までその差を広げてフィニッシュ、リードを10.9秒差へと広げることに成功した。

「驚いているよ。フィーリングは非常に良いね。マシンに驚かされている。僕とミーカはリラックスしている。すべてが上手く行っている。昨晩、マキネンと良い話ができた。彼は僕に、ステージが始まったらセットアップのことは忘れ、ただドライビングに集中しろとアドバイスしてくれたんだ」とラトバラは語った。

 いっぽう、タナックはマシンのフィーリングに違和感を感じており、満足のゆく走りではなかったと語っている。

「大きな戦いだが、初めのセクションについては満足していない。マシンが常にスピンしたがるんだ。エンジニアと話をしないと」

 トップ2の二人とは対照的に、二日目を終えてラトバラの16.6秒後方につけていたワールドチャンピオンのセバスチャン・オジェは最悪の最終日となってしまった。彼はステージをスタートして最初のコーナーでスピン、逆転のチャンスもあるかに思われていたが万事休すとなった。

「最初のコーナーでバカなミスをした。コーナーをカットして、スノーバンクにぶつかり、スピンしてしまった。なかなかリスタートできなかった。その後は気楽にやったよ。もうラリーは終わったからね」

 ラリー・スウェーデンの最終日に残されたのはあとわずか2ステージとなっており、いよいよトヨタ初優勝の瞬間が近づいている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.