1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ニュース

WRC唯一のスノーイベントとなるスウェーデン

WRC唯一のスノーイベントとなるスウェーデン

2017年2月8日 凍てつく森林ステージを舞台とした高速バトル

 ラリー・スウェーデンは、世界ラリー選手権(WRC)のなかで唯一、純粋なウィンターコンディションのなかで行われる。今年もスウェーデンから国境を越えてノルウェーへとルートが延び、凍てついた森林ステージが舞台となっている。

 昨年のイベントが雪不足になったため、ラリー・スウェーデンは、今年はさらなる雪と氷を求めてサービスパークをこれまでのカールスタッドから北部のトースビーへ移す変更を行った。これによってステージのおよそ60%が新しくなったものの、伝統的なハイスピードのステージは健在だ。

 2017年のラリー・スウェーデンは、カールスタッドのスーパーSS、ヴォルゴーセン、ハグフォースのような重要なステージはほとんど継続される一方で、今回もっとも北部のステージとなるホフ-フィンスコグ、ハグフォース北のクノン、最終日は多くの人が待ち望んでいたリケナスが新たに加わり、総ステージ距離が約57.80km延長された331.74kmで行われる。

 2017年のラリー・スウェーデンは2月9日木曜日の夜にカールスタッドで行われるスーパーSSが行われ、その後、クルーたちはラリーのハブとなるトースビーへと移動する。

 10日の金曜日は、そのほとんどがノルウェーのステージとなり、スウェーデンとノルウェーの国境を2回越えるレーデン、ノルウェーのアスネスに位置するホフ-フィンスコグ、スヴリヤの3ステージを2回ループしたあと、最後のトースビーのステージは完全にスウェーデンでのステージとなる。ホフ-フィンスコグはこれまで使用されてなかったが、スヴリヤは昨年の逆走となる。

 11日土曜日は、14年ぶりに復活したクノンのステージからスタート、そしてハグフォース近郊の古典的なステージがそれに続く。ハイライトはなんといっても、伝説的なドライバーであるコリン・マクレーの名前を冠したコリンズクレスト・ジャンプで有名なヴォルゴーセンのステージだ。これらを2回ループしたあと、初日と同じカールスタッド・スーパーSSで一日が締めくくられる。

 12日の最終日は2つのステージが舞台となる。伝統のステージが復活するリケナスのステージを2回走行したあと、金曜日に一度行われたトースビーの2回目の走行がパワーステージとして行われ、最速の5人のドライバーにボーナスポイントが贈られるる。今回のパワーステージはトースビー飛行場におかれるサービスパーク内がゴールとなるため、特別なクライマックスとなるはずだ。

 J SPORTSでは、スウェーデン最終日のパワーステージを現地からLIVEで中継、12日日曜日午後8:00〜午後10:00までの120分にわたってドラマチックな最終日の戦いをお届けする予定にしている。


■「WRC世界ラリー選手権2017」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY13】TLC TOYOTA AUTO BODY

ダカールラリー2017 デイリーハイライト放送中!
WEBでも一部動画を配信中♪

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.