1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ドライバー紹介

ヤリマティ・ラトバラ

Jari-matti Latvalaヤリマティ・ラトバラ

Twitterfacebook

プロフィール

国籍
フィンランドフィンランド
生年月日
1985年4月3日
出身地
トイサ
WRCデビュー
2002年グレートブリテン
マシン
TOYOTA Yaris WRC
チーム
トヨタ・ガズー・レーシングWRT TOYOTA GAZOO Racing WRT
コ・ドライバー
ミイカ・アンティラ Miikka Anttila

8歳で運転をはじめ、16歳でラリーデビュー。
2002年の17歳のとき、グレートブリテンでWRCに初参戦した。
その後、2輪駆動やグループN、ワールドラリーカーで経験を積み、2007年ストバート・フォード・チーム(Stobart Ford Team)から16戦のラリー参戦プログラムに参加した。

2008年にワークスのBP フォード・アブダビ・ワールド・ラリーチーム(BP Ford ABU DABHI WORLD RALLY TEAM)に昇格し、スウェーデンでWRC最年少優勝者(22歳313日)となったが、トラブルも多く、苦しいシーズンに終わる。
2009年はサルディニアで自身2勝目を挙げたが、1−2フィニッシュがほぼ確実と思われたポーランドの最終SSでクラッシュしリタイアを喫してしまう。
このあたりから精神的な弱さが指摘されるようになった。
2010年からはフォードのセカンドドライバーとして出場することになったが、安定した速さを見せシリーズ2位に入る。
2012年はBPフォードの1stドライバーとして参戦を続けたが、シーズン終了後にフォルクスワーゲン(Volkswagen)への移籍が発表された。

2013年からフォルクスワーゲン・モータースポーツ(VOLKSWAGEN MOTORSPORT)で出場し、アクロポリスで移籍後初勝利を挙げた。
チャンピオンになる資質を持ちながら、未だ頂点に立てずにいる。

2016年は1勝のみでトラブルも多く、選手権6位と最悪のシーズンとなった。
2017年はトヨタ・ガズー・レーシングWRT(TOYOTA GAZOO Racing WRT)のエースドライバーを務め、第2戦スウェーデンでトヨタに勝利をもたらした。
2018年は悲願のドライバーズタイトルを目指す。

J SPORTSオンデマンド WRC見るならスカパー!

J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.