Visitor Monitoring
  1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。 試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。

スカパー!で見る J:COMで見る

Next Match Schedule »week12

  • リヴァプール

    フルアム

    LIVE
    11月11日(日) 午後8:53〜
    解説:渡邉一平 実況:西岡明彦
    channel

    Match Preview前節のアーセナル戦は先制するも追いつかれ1-1のドローで3位に後退したリヴァプール。
    プレミアでは無敗をキープしているが、ミッドウィークのCLツルヴェナ・ズヴェズダ戦では敵地でゴールを奪えず2失点を喫して敗れた。

    more
    中4日で迎える今節は、プレミア5連敗中の最下位フルアム相手にポゼッションで優位に立つ展開が予想される。
    リヴァプールはアンフィールドで、プレミア屈指の破壊力を持つ前線3人がどんな崩しのアイディアからゴールを決めるのか。
    着実に3ポイントを獲得して、シティとチェルシーにプレッシャーをかけたいところだが、果たして!?
  • マンチェスター・シティ

    マンチェスター・ユナイテッド

    LIVE
    11月11日(日) 深夜1:15〜
    解説:川勝良一 実況:下田恒幸
    channel

    Match Preview公式戦176回目のマンチェスター・ダービー。
    過去175試合、シティ51勝、ユナイテッド 72勝、52分け。

    more
    プレミアでの直近6度のダービーは、2勝2分け2敗と全くの五分。
    しかし、プレミアでの最近10度の対戦で見ると、シティの5勝2分け3敗!
    ここ14試合で見てもシティの8勝2分け4敗!
    データでみると、シティ有利だが果たして!?
  • クリスタル・パレス

    トッテナム

    初回
    11月11日(日) 午後5:00〜
    解説:柱谷幸一 実況:倉敷保雄
    channel

    Match Preview第10節のアーセナル戦から4試合続けてビッグ6との試合。
    さらには3試合連続ロンドンダービーと重要な試合が続くクリスタルパレス。これまで そのダービーは1分1敗。

    more
    今節のロンドンダービー3試合目はホームにトッテナムを迎える。
    力の差はあると言わざるを得ないがアーセナルの連勝をストップさせたようにチャンスはあるはず。
    クリスタルパレスが今シーズン挙げた2勝は いずれもアウェイでの試合。
    早くホームで勝利の味を噛みしめたいところ。
    一方のトッテナムは前節ウォルヴァ―ハンプトン相手に3点リードするもプレミアデビューのフォイスがPKを2つ献上し2点を返され、薄氷の勝利となった。
    これでアーセナルを抜き4位に浮上。無敗のトップ3にピッタリつけた。
    両チームとも前節の失点で何を修正し、このロンドンダービーに臨むのか。
    注目の一戦だ。
  • チェルシー

    エヴァートン

    初回
    11月12日(月) 午後3:00〜
    解説:ベン・メイブリー 実況:倉敷保雄
    channel

    Match Preview前節、モラタの2ゴールもあり、クリスタルパレスとのダービーマッチに3-1で快勝したチェルシー。
    同ポイントではあるが、得失点差でリヴァプールを抜き2位に浮上し8勝3分けと無敗をキープしている。

    more
    ヨーロッパリーグ後の過密日程となるが、この試合に負けなければプレミアリーグ新人監督として12戦連続無敗の新記録を樹立することになるサッリ監督の采配にも注目が集まる。
    対するエヴァートンは、リーグ戦ここ5試合4勝1敗で9位まで浮上。
    リシャーリソン、ウォルコット、ベルナルジ、シグルズソンなど攻撃陣のタレントは、チェルシーにも見劣りしない。
    バルセロナから加入後、長いケガに悩まされていたジェリー・ミナが前節デビューを果たすなど明るい話題も多い。
    “要塞”スタンフォードブリッジでエヴァートンのタレント陣がどれだけやれるか注目したい。
  • アーセナル

    ウォルヴァーハンプトン

    初回
    11月12日(月) 午後5:00〜
    解説:粕谷秀樹 実況:野村明弘
    channel

    Match Previewアーセナルは前節、リヴァプールを相手に終盤に追いつきドロー。リーグ戦での無敗も9試合に伸ばした。
    結果はもちろんのことだが、強豪相手に五分以上に渡り合った内容、さらにゲーム中に選手を後押しし続けたエミレーツスタジアムの雰囲気はトップ4常連時代のアーセナルを思い出させた。

    more
    とはいえリーグ戦2連続ドローで5位に後退。トップ4に返り咲くためにはホームでのウルヴズ戦を落とすわけにはいかない。
    そのウルヴズは現在3連敗と元気なし。開幕から9試合全く同じメンバーでスタメンを組み、さらに中盤から後ろのポジション8人は前節まで11試合連続スタメンという超の付く固定メンバー。
    ヌーノ監督のスタメン選びにサプライズがあるのか見ものだ。
    予想ではアーセナルの大勝までありそうだが、結果でサプライズはあるか?

注目選手紹介

  • 吉田麻也・岡崎慎司

  • ポール・ポグバ

  • デヤン・ロブレン

  • エデン・アザール

  • ロメル・ルカク

  • ケビン・デブライネ

  • サディオ・マネ

  • エンゴロ・カンテ

  • ハリー・ケイン

Theme Song

18/19 イングランド プレミアリーグ エンディングテーマはYEARS&YEARS(イヤーズ&イヤーズ)の「Up In Flames(アップ・イン・フレイムス)」!

アーティスト名 : YEARS&YEARS(イヤーズ&イヤーズ)
曲 : Up In Flames(アップ・イン・フレイムス)
プレミアリーグ エンディング曲

(リリース情報)
俳優・脚本家としても活動するヴォーカリストのオリー、ベーシストのマイキー、キーボード奏者エムリによるロンドンの3人組ダンス/シンセポップ・バンド。マイキーが自身の家で開いたパーティーの後、シャワーを浴びながら歌うオリーの歌声を聴いてバンドに誘った。Kitsun醇Pからデビューし、昨年3月28日に渋谷SOUND MUSEUM VISIONで行われた『KITSUN遵ッ PRESENTS PETIT BATEAU LIVE SESSIONS』で来日。2014年、様々なUKフェスでパフォーマンスし、サム・スミスやクリーン・バンディットのオープニング・アクトも経験。2015年にリリースしたデビュー・アルバム『コミュニオン』は全英チャート1位を獲得。2018年7月、デビュー・アルバムから約3年ぶりとなる待望のセカンド・アルバム『パロ・サント』を発表した彼らはフジロック・フェスティバル2018のメイン・ステージに出演。韓国を代表するグループ=SHINeeのメンバーであるKeyとの共演曲も発表するなど、アジア・日本でも着実にファンを増やしている彼らは、今後更なる飛躍が期待されている。

【オフィシャル・ホームページ&SNS】
・日本公式ホームページ:http://www.universal-music.co.jp/years-and-years
・海外公式ホームページ:http://yearsandyearsofficial.com/
・facebook:https://www.facebook.com/YearsAndYears
・twitter:https://twitter.com/yearsandyear
・instagram:https://instagram.com/yearsandyears

プレミアリーグとは?

On Air

18/19イングランド プレミアリーグ

プレミアリーグ放送予定一覧

視聴方法

JSPORTS1234
J SPORTSで放送する番組です。
JSPORTSオンデマンド
J SPORTSオンデマンドで配信する番組です。
prime video | チャンネル
prime videoチャンネルで配信する番組です。

番組変更のアイコンについて

  • 生放送生放送でお届けする番組です
  • 初回放送初回放送となる番組です
  • 同日録画同日録画でお届けします
  • 無料放送スカパー!で無料視聴いただけます
  • 休止の可能性あり番組放送の都合上休止となる可能性があります

このページの上部に戻る

twitter D

いい番組みよう!キャンペーン2018

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.