1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

mas o menos

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【4】未成年の主張。帰ってきた19歳の逆襲


PK戦の順番は6番目だったという。「U-19の代表で蹴った時は『絶対に大丈夫だ』というメンタルでしたけど、今日はちょっと蹴りたくなくて『(足が)攣ってます』というアピールをしたんですけど、結局6番目でした(笑) 『みんな決めて!』って感じで(笑) 緊張しましたね」と明かしてしまうのが、何とも彼らしい。それでも、そんな19歳のCBはこの日、確実にレイソルの重要な戦力として杜の都で躍動していた。


リーグ戦の最終節から経過した時間は既に1カ月以上。「このチームは2015年から16年、同じ姿で継続することはないということが早々に決まっている中で、1つになることの難しさと大切さを嫌というほど思い知らされながらこの2、3ヶ月、彼らと共に戦ってきました」と退任が決まっている吉田達磨監督も口にするようなシチュエーションの中で、柏はこの日の天皇杯を迎えていた。ただ、チームとしての目標はただ1つ。三たび広州恒大に立ちはだかられ、ベスト8での敗退を余儀なくされたACLの出場権獲得。すなわち1月1日の元日決戦で勝利を収めることである。絶対に負けることの許されない大事な一戦。チームの最終ラインを支え続けてきた鈴木大輔の出場停止を受け、今シーズンのリーグ戦はわずか3試合の出場にとどまっていた中谷進之介を指揮官は代役に指名する。


今でも覚えているのは昨年のスタートミーティングでのこと。当時はダイレクターという肩書きだった吉田監督が、新加入選手として中谷を紹介する時にこう口にした。「彼の今持っている力で言えば、ちょっと他の選手と離れていると。それは正直に彼にも話はしています。まだやらなきゃいけないことはたくさんありますし、まだまだだよという話はしています」。なかなかこういう舞台で出てくる類の言葉ではない。でも、裏を返せばこういう舞台でそういう話をしても、彼なら十分に受け入れられるだけのキャパシティがあると確信していることの証明でもある。実際にその人間性は高校生の頃から際立っていた。


中谷がU-18に所属していた3年間、監督として指導に当たっていた下平隆宏監督は以前、彼についてこう語っていた。「進之介は話す声が大きいんですよ。だから、必ずどこにいるかわかるんです(笑) でも、それって結構大事なことで、どんな話でもオープンにできるし、裏表がないということでもありますからね」。彼の1つ上の代には現在もトップでプレーする秋野央樹、小林祐介、中川寛斗などタレントが多く揃い、中谷だけがフィールドプレーヤーの中で1学年下という試合が大半だった。それでも、最後尾から臆することなく大きな声を張り上げ、ピッチを離れると先輩たちにも積極的に絡んでいく彼の姿が印象に残っている。常に周囲には笑顔に包まれた人の輪が広がっていた記憶が強い。


ルーキーイヤーは第29節でリーグデビューを飾り、結果的に三冠王者となるG大阪相手の完封勝利に貢献すると、以降は残された5試合の内の4試合でスタメン起用を勝ち取るなど、シーズン最終盤の7連勝に大きく貢献してみせる。しかし、今シーズンは一転してなかなか出場機会を得られない。エドゥアルドの出場停止もあって、ようやくスタメンを掴んだファーストステージの浦和戦は終了間際に追い付かれ、2戦連続での先発起用となった広島戦もやはり終了間際の失点で競り負ける。すると次節のメンバー表から名前の消えた中谷に挽回のチャンスはなかなか訪れず、ベンチ入りもままならなくなったセカンドステージは結局1試合の出場も果たすことができなかった。公式戦のスタメンは前述の広島戦以来、ほぼ半年ぶり。言うまでもなく天皇杯は負ければ終わりのノックアウト方式であり、彼に掛かる重圧が計り知れないものであったことは容易に想像できる。


それでも「自分の中で今年2試合出たJリーグの試合がかなり悔しかったので、前半は落ち着いてやろうと思っていて、その中でうまくできたのかなと思っています」と自ら振り返ったように、しっかりボールを引き出しながらビルドアップをコントロール。18分にはハーフウェーラインを越えて、大谷秀和へ鋭い縦パスを送ると、その一連は工藤壮人のフィニッシュまで繋がるなど、下部組織時代から培ってきたストロングを披露する。ギャップで受ける奥埜博亮にはやや手を焼いたものの、ハモン・ロペスとウイルソンには「力強い選手だったらバンと当たれば、自分の強さを生かして自分の間合いに持って行けることもあった」と口にした通り、最後の局面は体を張って食い止め続ける。


それは105分のことだった。仙台のカウンターになりそうな縦パスに対し、自陣まで下がって受けようとしたハモン・ロペスを強靭なフィジカルで吹っ飛ばしてボールカット。そのまま味方に預けて前線まで駆け上がる。数的不利で1点のビハインドという場面。「何とかしたい」という気持ちがあの一連によく現れていたと思う。思い起こせば先ほども触れた昨年のスタートミーティングで、吉田ダイレクターは中谷を評してこうも言っていた。「彼は特に足が速い訳ではなく、ヘディングが凄く強い訳でもないですが、とても賢く、とてもサッカーを理解して、もちろんサッカーが好きで、レイソルでやるサッカーを愛しています」と。小学生の頃から積み上げてきたレイソルのサッカーをまだ終わらせたくない気持ちが、あのワンプレーへ凝縮されていたように感じた。チームは延長後半に追い付き、そのままPK戦を制して劇的に準決勝へと勝ち上がる。6番目だった彼に、PKの順番は回って来なかった。「いや~、『本当に順番来ないで』と思っていました」と明るく笑いながら話す彼の姿からは、重責を託された120分間をしっかりと戦い抜いた充実感が溢れていた。


準決勝は鈴木が出場停止から帰ってくる。エドゥアルドとのCBコンビはほぼ確実だろう。ただ、代わりに秋野が出場停止となる。茨田陽生のコンディション面を考えると、中谷のアンカー起用という選択肢もありえない話ではない。前回出場した浦和戦には苦い思い出がある。久々のスタメン出場ということもあって、試合中にすぐ息が上がってしまい、「自分で自分を苦しめてしまった」ことが脳裏に焼き付いている。そのリベンジを果たすという意味でも、決して順風満帆ではなかった今シーズンの総決算として29日の浦和戦が格好の舞台であることは間違いない。厳しい評価と大きな期待を併せ持ちながら、自身をプロのステージへと引き上げてくれた指揮官の花道を飾るべく、あと2試合を戦い抜く覚悟が19歳にはできているはずだ。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【3】陽はまた昇る。諦めなかった2人の太陽王


それは85分のことだった。
左サイドで獲得したFK。
スポットに22番と26番が近付く。
「単純に足に来ていたので『蹴れない』って言って。
テツに譲って俺は中に行きました。
全然大した話はしてないです」と22番。
時間にして10秒弱。
アジアを懸けた大事なゲームで一瞬重なった同級生の影。
一度は太陽王になれなかった男たちが、日立台で躍動する。


2015年から柏レイソルの指揮を執るのは吉田達磨。
クラブのアカデミーに確固たるフィロソフィーを植え付け、
U-12からU-18に至るまでの一貫した育成で
数々のトップ昇格選手を手掛けてきた彼は、
監督としてJリーグの舞台へ挑む今シーズンのスカッドに
15人のアカデミー出身者を揃えた。
その中で異彩を放つ2人がいる。
1人は22番を付ける輪湖直樹。もう1人は26番を付ける太田徹郎。
「トップに上がれなかった選手だからね」と吉田も話す2人は
日立台のピッチへ黄色いユニフォームを着て立つことを
一度は諦めた選手たちである。


工藤壮人、酒井宏樹、武富孝介を筆頭に6人がトップチームへ昇格。
さらにスペインへと海を渡った指宿洋史など
3人が他のクラブでプロ契約を交わした90年組の1つ上。
高校3年時には吉田達磨がヘッドコーチを務めていた
89年組のトップ昇格者はゼロ。
輪湖は安間貴義監督のヴァンフォーレ甲府へ。
太田は小林伸二監督のモンテディオ山形へ。
両者は育成に定評のある指揮官の下で
プロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせた。


同じJ2で迎えたルーキーイヤー。
共に昇格争いを繰り広げたチームの中で
先に頭角を現したのは輪湖。
リーグ戦29試合に出場して初ゴールまで記録し、
貴重なレフティとして自身の居場所をしっかり確立する。
ただ、先にJ1の舞台に立ったのは太田。
山形がクラブ史上初めてJ1に参戦した2009年に3試合、
翌年に7試合と年々出場機会を増加させていくと、
2011年には26試合出場3ゴールと主力級の活躍を見せる。


すると、2012年のシーズン終盤、
代理人を通じて古巣が興味を持っていることを知った。
そして徐々に復帰が現実味を増す年明けの1月2日、
家族で訪れていたディズニーランドで移籍決定の電話を受ける。
「スペースマウンテンを降りた直後で興奮もしてたんで、
『ええっ、マジっすか??』みたいな(笑)」
太田は下部組織から他クラブへ進み、
再びトップチームに戻ってきた初めての選手として
レイソルイエローのユニフォームへ袖を通すことになった。
昨年初頭に行われたスタートミーティングの取材で
太田はこう話している。
「僕みたいな人がこれからもっと増えれば、
レイソルももっとクラブとして大きくなっていけると思うので、
自分が入っただけで終わるのではなく、
しっかり生え抜きとして活躍して、
これから出てくる選手に刺激を与えられるように
やっていきたいなと思っています」


一方の輪湖もプロ2年目以降は
甲府、徳島となかなか出場機会を得られない日々が続く中、
自身3クラブ目となった水戸で左SBのレギュラーをがっちり確保する。
そして充実したシーズンを送った2013年のオフ、
太田から1年遅れて彼の元にも古巣復帰のオファーが届く。
「来年どうしようかと考えている中で
オファーの話をもらった時に即決というか、
何も迷うことなく『レイソルに行きます』という気持ちでした」
そんな輪湖が復帰後のスタートミーティングで
話していた言葉は強く記憶に残っている。
「小さい頃から日立台でプレーすることをずっと夢見てきて、
本当にそれを意識しながら日々のトレーニングをやってきましたが、
それが実現できなくて、他のチームへ行かざるを得ない状況でも
こうやって戻ってこられたというのは
今のユースの選手にとってもたぶん励みになるでしょうし、
良い見本になれたならいいなと思います」


強化担当として2人の古巣復帰に関わった吉田を
新指揮官として頂く2015年の柏。
輪湖は激戦の末に何とか勝利を収め、
アジアへの扉を開いた今シーズンの初戦後、
テクニカルエリアへ吉田が立つことについての感想をこう表現した。
「僕はちょっと緊張感はありました。
まあ良い緊張感です。手が抜けないなって(笑)」


かつての恩師に導かれ、
再び日立台へ帰ってきた輪湖と太田は
自分に続くであろう存在も強く意識しながら
日々のトレーニングに取り組んでいる。
一度は潰えた夢を自身で掴み直した彼らが
後輩たちに与える影響の大きさは計り知れない。
新たな可能性を切り拓いた22番と26番の太陽王。
彼らが日立台に立ち、ピッチで放つ輝く光が
彼らに続く太陽王子たちの進む道を明るく照らすのだ。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2】ランドに帰ってきた真摯な笑顔


「僕も小さい頃からこのよみうりランドに通っていて、
他のクラブに行って改めて
『やっぱりこのチームが好きなんだな』とわかったんです。
僕が今まで在籍してきたチームは凄く愛しているし
好きなチームはいっぱいあるんだけど、
やっぱりこのチームへの愛情はどこよりもあるので
『帰ってきたな』という気持ちは大きいですね」
お馴染みの"ランド"へ、弾ける笑顔が19年ぶりに帰ってきた。
藤吉信次、44歳。
東京ヴェルディユースの命運はこの男に託されている。


サッカーどころとして知られる町田で育ち、
中学時代に読売SCユースBへ加入。
1989年にはそのままユースAから昇格し、
Jリーグ発足前後の激動とも言うべき時代を経験しながら、
8年間に渡ってトップチームに在籍した。
三浦知良、ラモス瑠偉、武田修宏、北澤豪、柱谷哲二。
キラ星の如く日本代表選手を揃えたヴェルディの中でも
その明るいキャラクターやゴール後のパフォーマンスで
知名度と人気は抜群。
Jリーグ草創期を彩ったスターの1人と言って差し支えないだろう。


その後は京都パープルサンガ、ベガルタ仙台でプレーし、
海を渡った中国での1年間を経て、
FC琉球やニューウェーブ北九州では
地域リーグやJFLを主戦場にしながら現役にこだわり、
最後は北九州のJ2昇格を置き土産に
39歳でそのプロキャリアに幕を下ろした。


引退翌年に北九州のトップチームコーチを務めると、
その後の2年間はU-18の監督を歴任。
S級ライセンス取得を機に、指導の場からは距離を置いていたが、
「やっぱり現場に戻りたいという気持ちを2年間貯めていた」昨年末、
愛する古巣から声が掛かると、二つ返事で帰還を決意する。
「コレが付いているだけで心がアガる」という
"ヨミウリ"のエンブレムが付いたウェアに袖を通し、
自らの後輩たちを指導する藤吉の新たな挑戦はスタートした。


二回り以上も違う後輩たちを見ていて嬉しいことがあった。
「俺が求めているプレーというか雰囲気、
こういうプレーが好きなんだよというのが一緒なんですよね。
変わってないんですよ。
逆を取るとか、相手の予想も付かないプレーが良いプレーだとか
そこが凄く一緒なんです」
DNAは20年経っても脈々と受け継がれていた。
「そういう感覚ってなかなか創れるようで創れない」のは
おそらく"先輩"が一番良くわかっている。
だからこそ、「監督と選手の感覚が一緒」だったことがたまらなく嬉しかった。
ランドに帰ってきた実感は日々募っている。


就任3週間でいきなりダービーがやってきた。
いわゆる新人戦に当たる東京都クラブユースU-17選手権。
グループリーグを首位で通過したヴェルディユースは、
優勝を懸けて永遠のライバルとも言うべきFC東京U-18と対峙する。
やや押し込まれる展開の中で先制したチームは、
後半になって球際の勝負でも相手を上回るパフォーマンスを発揮。
「このスタジアムでサポーターやみんなの応援があって、
選手と一緒に戦いたいという気持ちはあるんですよね。
アイツらは『うるせえな』と思ったかもしれないけど(笑)」と笑った藤吉も
テクニカルエリアのギリギリまで飛び出して選手を鼓舞する。
敵将の佐藤一樹監督にも
『ヴェルディの気持ちを凄く感じた試合だったと思いますし、
さすがヴェルディだなと』と言わしめる内容で見事にライバルを下し、
藤吉体制1冠目となる優勝を勝ち獲った。


試合後、こんな質問をぶつけてみた。
「周囲は藤吉さんの明るいキャラクターのイメージがあると思うんですけど、
指導者としては周囲からこう見られたいなというのはありますか?」
「全然ないですよ(笑)」
即答だった。
「普通に現役時代のイメージで良いです。
一緒にやってるヤツがわかってくれれば。
たぶんヴェルディの時に一緒にプレーしていた人は
みんな知っていると思うんですよ。
僕が練習はしっかりマジメにやるとか、
サッカーの時はマジメにやるとかね」
腑に落ちた。
それが20年間も現役生活を続けることのできた最大の理由だ。
笑顔の裏に隠された真摯。
この人なら後輩たちを光の射す方向へ導くかもしれない。
そう思わせるだけの何かは
今の時点で間違いなくある。


それでもショーマンとしての血はどうしても騒ぐ。
我々の空気を察した藤吉はこう続けた。
「でも、『変にマジメになったな』とか思われるのもイヤだな(笑)」
最高の船出を果たした藤吉ヴェルディから目が離せない。


土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【1】古巣対決のその先へ
雨の降りしきるピッチでかつての仲間が喜んでいる。
試合は5点を失った前半で決まってしまった。
「今週はずっとワクワクしていた」という90分間を終えて、
太田翔は思わず天を仰いだ。


中学時代の3年間を三菱養和調布ジュニアユースで過ごした。
ユースには上がれず、進学の関係で高校サッカーという選択肢もなく、
色々なチームを探していた中で横河武蔵野FCユースに辿り着く。
そのスピードは圧巻。
1年生の頃から試合に出場し、大事な局面でゴールを重ねてきた。


得点感覚は古巣相手に研ぎ澄まされる。
昨年1月に行われた新人戦で1ゴール。
全国大会出場を懸けたJユースカップの関東予選決勝でも
試合を決める追加点を叩き込む。
「本当は取られちゃいけない選手なんですけど、
いつも養和のゲームでは点を取られているので」
と苦笑した三菱養和SCユースを率いる山本信夫監督は
「養和出身の選手が試合に出てきてくれるのは嬉しいですし、
でも負けたくないというのも選手にも当然あると思うので
僕も当然そこは同じ気持ちです」と続けた。


自身にとっては公式戦で5度目となる古巣対決。
「メンバーも中学時代にほとんど一緒に
3年間戦ってきたメンバーなので
負けたくないというのはずっとあった」特別な一戦。
かつてのチームメイトたちとはあえて連絡を取らなかった。
試合会場に入ってからも
「会った時にちょっとは話したんですけど、
前みたいに仲良くという感じじゃなく」ライバルとして一線を引いた。
しかし、その想いは空回り、気付けば45分間で5点を失う。
劣勢の中で何もできない自分に腹が立った。


「『やらねえんだったら止めちまえ』
『チャレンジしないんだったら止めちまえ』と。
やって失敗するんだったらうまくなるかもしれないけど、
やらないんだったらうまくならないし。
『やらないでミスして5失点して何になるの?』って
ハーフタイムに話しました」と増本浩平監督。
勝敗は決まってしまった。残りの45分間で何を得られるか。


51分に追撃の1点が決まる。
「入ると思ったので迷いはなかった」太田のミドルがゴールネットへ突き刺さる。
今日も古巣のゴールにボールを叩き込んだ。
それでもまだ、足りない。


そのシーンは終了間際の90+2分に訪れる。
やはり中学の3年間を養和で過ごした
森田幸紀が左からクロスを上げる。
走り込んだ太田は躊躇なく右足を振り抜く。
軌道はまたしてもゴールネットを揺らした。


意地の2ゴール。最低限の仕事はしたが結果は結果だ。
「関東大会では勝つことができて、
今度は自分の代でも勝ってやろうと思っていたので
負けてしまったのは凄い悔しいですね」
自分たちの代で挑んだ最初の古巣対決は
悔しさと共に太田の心へ深く刻まれた。


「後半になってやっと何かやり出したけど
お前は前半からやれよっていう話」と指揮官は手厳しい。
ただ、その信頼の証は巻かれた腕章に宿っている。
「僕は引っ張っていくという感じでもないので
やっていてみんなが付いてきてくれるという感じで、
みんなもまだ俺のことを不安だと思うんですけど」と
まだキャプテンとしては頼りない。
それでも、この90分間を経て
目指すものはおそらく明確になった。


今までは古巣相手のゴールに
喜んでいるだけでもそれで良かった。
でも、今は彼の立場がそうはさせない。
「ああいうヤツをキャプテンにすることに意味がある」という
指揮官の期待に応えるために。
古巣対決のその先へ。
新米キャプテンを頂いた横河の2015年はまだ始まったばかりだ。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのサッカー担当がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.