1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

mas o menos

昌平高校・針谷岳晃選手 ジュビロ磐田入団記者会見 会見後の藤島崇之・昌平高校サッカー部監督コメント

October 26, 2016 8:39 PM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日昌平高等学校にて、同校サッカー部に在籍している
針谷岳晃選手のジュビロ磐田入団記者会見が開催されました。
以下、会見後にお聞きした藤島崇之・昌平高校サッカー部監督のコメントです。


(藤島崇之・昌平高校サッカー部監督)
Q:改めて今日の入団会見を終えてみていかがですか?


A:針谷に関しては「4年後が非常に楽しみだな」と思っていた状況から、練習参加を見に行ってもそんなにストレスなくやれていた状況もあったので、逆に言えば本人が力を付けてきたということで、非常に良かったかなと思っています。


Q:1つの高校の同じ学年から2人のJリーガーを輩出するというのもなかなかないことだと思いますが、そこに関してはいかがですか?


A:そこを意識してやってきてはいないですけど、元々「プロになりたい」という意志は2人とも強かったですからね。その意識レベルが高くなってきたのは2年前の高校選手権がキッカケで、あの選手権で戦った相手の中にプロに行く選手がいて、去年のプリンス関東でも対戦したチームの中にJリーグに行った選手がいてという刺激があった中で、本人たちも3年生になって、まず全国総体でも相手にプロの注目選手がいたという所で自分と比較して、またさらに「自分もプロになりたい」という気持ちが出てきたというのが現状だったと思います。そういったことを考えると、本人たちの意識レベルが変わったというのは、ある意味で本人たちが自分自身の力を実感してきたことだからとも思うので、そこは評価をしてあげたいなと思っています。


Q:2人の入団会見を聞いていると、やはり彼らにとってはインターハイの東福岡戦が大きかったなという印象を受けましたが、そのあたりはいかがですか?


A:注目度で言えば、もちろん我々はそこまで注目されている訳ではなかった中で、一発目で東福岡さんとやらせていただいたことで、良い意味で彼らも「どれくらい自分が通用するのか」というスタンスで、チャレンジャー精神を持ってやった所が、「できる所はできた」という実感が湧いた部分に繋がったと思います。実際に試合を見ていても、自分たちでも「最初はどうなるかな」と思っていた所から、上手くやれる所というのは試合を通してできていた部分はあったので、そこは1つの良いきっかけであり、自分たちでチャンスを掴んだという状況でもあったと思いますね。


Q:プロになる選手というのは、ある意味で"巡り合わせ"や"運"も大事だと思うんですけど、針谷くんはインターハイで東福岡と当たったり、その後に静岡でSBSがあったりと、非常に"巡り合わせ"も良かったですよね。


A:そう思います。U-19の内山(篤)監督に関しては、2年生の時に針谷も1回声を掛けてもらったことがあって、結局そのタイミングでは代表に呼ばれなかったんですけど、注目はしてもらっていたんです。だから、3年生になって「そう言えば針谷っていたな」という所もあったと思うんですよね。それもプリンスで小川航基(磐田)をチェックしようと桐光学園を見に来た内山さんが、たまたま針谷を見て「面白い」と思ってくれたという感じなんですよね。


Q:松本くんも広島の村山(哲也)スカウトが三菱養和のご出身で、養和を見に行った試合で松本くんを見つけたとおっしゃっていましたね。


A:いつも相手チームを見に行った中でという状況ですよね(笑) でも、それも"運"というか"運命"というかわからないですけど、そこで本当に良いパフォーマンスを発揮すればチャンスが来るという所に関して言えば、後輩たちもモチベーションは高くなるかなと思います。


Q:周囲からは「Jリーガーが2人いる学校」と見られるでしょうし、明らかに選手権予選も他校からのマークが厳しくなりますね(笑)


A:そうでしょうねえ(笑) 選手権という大会は別物なので、厳しくなるのが現状だと思いますけど、僕も「最終的には自分たちでゲームコントロールをしろ」とチームに伝えていて、その中心が針谷になってくるのはあることだと思いますけど、本人には「自分がダメでも周りが生きるコントロールをしろ」と話そうと思っているので、これからはボールに触れない時間も増えてくるでしょうし、戦略的に相手にコントロールされる試合もあると思いますけど、あまりそこの2人にフォーカスするだけではなくて、逆にこれで本間(椋)が空いて来ればいいかなと思っているんですけどね(笑)


Q:ああやって親御さんたちが喜んでいる姿を見ると、そういう意味でも良かったなという気もしますよね。


A:それはそう思います。ただ、これからが勝負ですし、「そんなに甘くない」ということをいつ痛感するかで、逆に早く痛感した方が彼にとっても良いかなと思っています。でも、チャレンジする場を本人で決めた訳ですし、「名波さんとやりたい」ということは言っていたので、名波さんには「来年も監督を続けて下さい」と思っています(笑)
(※藤島監督にとって、名波監督は順天堂大の先輩に当たります)


以上です。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのサッカー担当がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.