1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

mas o menos

J3第1節 FC東京U-23×沼津 試合後のFC東京U-23・安間貴義監督会見コメント

March 11, 2018 7:06 PM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江東区夢の島競技場で行われた
2018 明治安田生命J3リーグ第1節の
FC東京U-23×アスルクラロ沼津は
0-3で沼津が勝ちました。
以下、試合後の記者会見における
FC東京U-23・安間貴義監督のコメントです。


(FC東京U-23・安間貴義監督)
本当にこの初戦に多くの方が駆け付けていただき、若い選手たちに声援してくださったこと、本当に感謝します。試合の方は、まずここから始めようという感じです。本当に体験することでしか、サッカーの知性って得られていかないと思うので、それをしっかりと全力で、真剣に、良い時間にしていき、最終的にポジションを奪う選手、チームを勝たせる選手にしていきたいとも思っています。以上です。


Q:田邉草民を左サイドで、梶山陽平をボランチで起用したのは意図があると思いますが、どういうお考えでしょうか?


A:ウチはJ3だけのチームではないので、やはり上との関係でポジションが決まることはあります。


Q:最初は草民がボランチでしたけど、(品田)愛斗の本職はボランチで、そこも少し意図を感じましたが、それはいかがでしょうか?


A:もちろんそれぞれやりたいポジション、勝負したいポジションはあると思いますけど、上との関係もあって、それでポジションが決まるチームであるので、まず与えられたポジションで全力を尽くすことが大事だとは思います。逆に違うポジションをやったことによって、そこで体験を得て、違うポジションのゲームの見方、「どうして欲しい」「こうして欲しい」というのを得られると思うので、まずは与えられた所でやることが大事だと思います。もちろんベストポジションというのがあるのはわかっていますが、それを得るんだったら、主張できるんだったら、やっぱりJ1の方のチームで勝ち取るしかないんじゃないかなと思います。


以上です。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのサッカー担当がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.