1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

mas o menos

J3第1節 北九州×FC東京U-23 試合後の北九州・高橋拓也、町野修斗コメント(2019)

March 10, 2019 8:04 PM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミクニワールドスタジアム北九州で行われた
2019 明治安田生命J3リーグ第1節の
ギラヴァンツ北九州×FC東京U-23は
2-0で北九州が勝ちました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
北九州・高橋拓也、町野修斗のコメントです。


(北九州・高橋拓也)
Q:ゲーム全体の印象はいかがですか?


A:前半が自分たちでボールを動かして、自分たちで激しくディフェンスして、良いリズムでサッカーできたんですけど、1点取ってからちょっと守りに入ってしまう所と、あとは前からの守備がうまくいなされた時に、どこでボールを奪うのかとか、そういう所が課題だと思います。後半はイケさん(池元友樹)が替わってから、ボールが収まる所がちょっとなくなったかなというのと、ピッチに水たまりが多くなって、それに「気を付けようね」という話をハーフタイムにしていて、それを意識し過ぎてロングボールが増えてしまったので、そこはちょっともったいなかったです。もうちょっとアグレッシブにやっても良かったかなとは思います。


Q:監督が替わって最初のゲームで勝ったということは、かなり大きいのではないですか?


A:そうですね。1点目もキャンプからやってきた形だったり、守備もちょっとずつ良くなってきているので、今日が開幕戦なのでここからどんどん良くなっていければ、監督が細かい人なので(笑)、オフ明けのミーティングでいろいろ言われると思うんですけど、それを1人1人が受け止めてやっていけば、もっともっと良くなるんじゃないですかね。


Q:やっぱり相当細かい監督ですか?(笑)


A:相当細かいです(笑) もう凄いですよ。でも、面白いですね。なんかミーティングも"研究所"みたいな。"サッカー研究所"みたいな感じで(笑)、なんか凄く面白いです。「ああ、こういう所を見てるんだな」とか、「確かにそうだな」と思う所も凄く多いので、細かいですけど、ちゃんとみんな「前向きに上手くなろう」というモチベーションが強いので、それを一生懸命やろうとしていますし、本当に結果と一緒に強くなっていきたいですね。


Q:今日の1試合で、この先のチームが少し見えてきたところもありますか?


A:はい。もう前半のような戦いができて、苦しい時にどうやって自分たちの時間を取り戻すかとか、また新しい課題が見えたので、それをクリアしたらまた新しい課題が見えてくると思うんですけど、レベルアップしていきたいです。


Q:去年のことを考えても、やはり開幕戦で勝つということは非常に重要でしたね。


A:そうですね。クラブとしても、勝ったことでもう一度サポーターの気持ちとか、支えてくれている人たちをもう一度振り向かせるというか、「また一緒に頑張ろう」ということが言えるようになってくると思うので、大事なのはこれからですね。結果を出して、もっともっと相乗効果が生まれるようにしていきたいですね。


(北九州・町野修斗)
Q:交替でピッチに入る時はどういうことを意識して入りましたか?


A:追加点を取ることと、試合の終わらせ方の所と、途中からなのでやっぱり一番走ることを意識しました。アシストにはなっちゃいましたけど、結果を出せて良かったです。


Q:アシストのシーンを振り返ってもらえますか?


A:(加藤)弘堅さんからスルーパスが出た時に、「シュートはないな」と思って、中に茂(平)くんと(國分)伸太郎くんがいたので、股を通すクロスを意識して上げれて、結果に繋がって良かったと思います。ただ、本当はゴールが欲しかったので、悔しさというか、シュートも打てなかったので、課題はありますけど、「もっと貪欲に行っても良かったかな」とは思います。


Q:世代的に相手には年齢の近い選手が多かったですね。


A:そうですね。原(大智)選手とか品田(愛斗)選手とかいて、結果的に勝てたので良かったですけど、僕のゴールで勝ちたかったなというのはありますね。


Q:F・マリノスからの期限付き移籍ということで、チームからも結果を求められていると思いますし、個人も結果を求めていると思いますが、今年の1年はどういう1年にしたいですか?


A:まず試合に毎試合絡むことはもちろんですけど、その中で常に結果を出し続けることが絶対必要なので、結果を出す1年にしたいです。


Q:小林伸二監督はストライカーの育成に定評がありますが、監督の指導はいかがですか?


A:練習が終わったら常に話しかけてくれて、「今日はこうだ」「今日はこうだ」みたいに細かいシーンとか、ためになる話をいっぱいしてくれるので、そこは本当にありがたくて、「期待してもらってるな」というのを感じるので、その期待に応えたいですね。


Q:「ちょっと話長いな」って思ったりしますか?(笑)


A:まあ止まらない時はありますけど(笑)、ありがたいことなので。「立ってプレーしている」と言われたこともあって、「もっと腰を落として」と。キープする時はそれを意識してとは言われています。


以上です。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのサッカー担当がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.