1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

mas o menos

FUJI XEROX SUPER CUP 2017 NEXT GENERATION MATCH 試合後のU-18 Jリーグ選抜・坂口祥尉(FC東京U-18)、小林幹(FC東京U-18)コメント

February 18, 2017 9:46 PM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産スタジアムで行われた
FUJI XEROX SUPER CUP 2017 NEXT GENERATION MATCHの
U-18 Jリーグ選抜×日本高校サッカー選抜は
0-4で日本高校サッカー選抜が勝ちました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
U-18 Jリーグ選抜・坂口祥尉(FC東京U-18)、小林幹(FC東京U-18)のコメントです。


(U-18 Jリーグ選抜・坂口祥尉)
Q:入って早々からかなり積極的にオーバーラップしていましたが、どういうことを考えてピッチに入りましたか?


A:やっぱり上がることも自分のストロングの一部だと思うので、負けている状況でしたし、積極的に上がってゴールに絡めたらなと思って、積極的に攻撃参加しに行きました。でも、あまり印象に残るようなクロスもなくて、縦のスルーパスが多かったんですけど、それもあまり繋がらなかったので、まだまだ課題は残りました。


Q:「え?右サイドバック?」という感じはありました?


A:練習試合でも右サイドで出ていたので、どっちで出るかわからなかったんですけど、今日はただ右サイドだったというだけで(笑)、それほど変わらなかったです。


Q:この間お話を聞いた時に、「青森山田のフォワードには負けたくない」と言っていたのに、坂口君が入ったタイミングで鳴海君は替わっちゃったじゃないですか。アレはどう思いました?(笑)


A:「ああ、いなくなっちゃったな」と思ったんですけど(笑)、僕が右になったことで、左の杉山弾斗選手が元チームメイトだったので、マッチアップはあまりできなかったんですけど、一緒にできて楽しかったです。


Q:杉山君はむさしで3年間チームメイトだった選手ですけど、この試合の前に連絡とかは取っていたんですか?


A:いえ、同じホテルに泊まっていたのは知っていたんですけど、あえて特に連絡は取らなかったです(笑)


Q:実際に杉山君と対戦してみて「成長しているな」とか「変わってないな」とか、そういうのはありましたか?


A:前半はベンチで見ていて対策というか、「こう来るだろうな」というのは予測していて、前半を見ながら色々考えていたんですけど、あまり1対1もなかったので(笑)、もうちょっと仕掛けたりできれば良かったなと思います。


Q:周囲は年代別代表に入っている選手が多くて、その中でプレーしたことで刺激を受けた部分は大きいですか?


A:練習や練習試合をやってきた中で、所属チームとは違うので難しい部分もあったんですけど、そんな中でも自分自身で手応えはあって、今日出ていたセンターバックや逆のサイドバックの選手ともそれほど差はないのかなと。でも、やっぱり信頼感というか、代表で試合に出ている選手たちはしっかりリーダーシップを取ったり、しっかりディフェンスの対人の所で強さを見せたりしていたので、そういった部分は良い吸収ができたかなと思います。


Q:「こういう部分を伸ばしていけば、代表にも手が届くかな」というような基準が手に入ったような所はありますか?


A:特にセンターバックは身長があって、競り合いの部分とかもキャプテンの橋岡(大樹)選手は1対1でもヘディングでも勝っている部分が多かったので、そういった部分を自分ももっと強化できれば、より彼らに近付くことができるかなと思います。


Q:より代表に入りたい気持ちは強くなりましたか?


A:そうですね。とても強くなりました。スペインに行っていた代表組ともプレーできて、結構楽しかったので、今回のチームは3日間だけのチームだったんですけど、代表とかに入って合わせる所をもっと合わせたりできたら、より楽しくプレーできるかなと思いました。


Q:結構みんなと仲良くなった感じですか?


A:多少は溶け込めたかなと思います(笑) 食事の時とかも結構他のチームの選手とも話すことができて、色々な"探り"も含めながら(笑)、会話ができました。


Q:このスタジアムでプレーできる機会もそうそうないと思いますが、改めて今日を境にチームでまた頑張ってやって行こうという想いは強くなりましたか?


A:そうですね。結果は0-4で守備に課題も残りましたし、もっと守備の所とか連携の所も含めて、チームでも自分がリーダーシップを取りながら、色々と強化していきたいと思います。


(U-18 Jリーグ選抜・小林幹)
Q:ちょっと出場時間は短かったですね。


A:そうですけど、この2日間で自分がアピールできなかったというか、監督の信頼を得ることができなかったというのが出場時間に表れてしまったので、悔しいですけど自分の責任もあると思います。それでも悔しいですし、良い経験ができたので、次に生かせるようにしたいと思います。


Q:この間お話を聞いた時には「楽しみです」ということでしたけど、2日間の練習も含めて、自分の意識が変わりつつあるような感じはありましたか?


A:年代別の代表に入っている凄いメンバーばかりで、その中で短い間でしたけど一緒にできたので、凄く良い経験になりましたし、そこまで差があるかと言われたら、自分の感じ方としてはそんなにないというか、今はみんなの方がちょっと上回っているかもしれないですけど、追い付いて追い越せるぐらいのレベルではあるかなと思いました。


Q:改めて代表への欲も出たのではないかなと思いますが、そのあたりはどうですか?


A:今回はJリーグ選抜ということで、日本全体のJリーグの中から選ばれてきた訳ですけど、やっぱり自分は日本代表に入りたいので、そういう意識は凄く高くなりました。


Q:「こういう所は十分通用するな」というような手応えを掴んだ感じはありましたか?


A:攻撃の部分で前を向いた時のクオリティだったりは通用するというか、全然負けていないとは思うんですけど、やっぱりフィジカル面だったり守備の所をもっともっと上げていければ、入っていけないレベルではないかなと思いました。


Q:ワールドカップの決勝もやったような、これだけのスタジアムでプレーできたことは、時間こそ短かったかもしれないですけど、良い経験になりましたか?


A:このスタジアムの雰囲気は凄かったですし、色々な試合が行われてきた場所でプレーできたというのは本当に良い経験になりましたし、時間も短かったのでやるしかなかったというのもあるんですけど、想像以上に緊張もしなかったですし、ここでプレーできたことは幸せでした。


Q:それこそ相手にもFC東京の下部組織の選手が何人かいましたけど、小林君が入る頃にはみんな替わっていて残念でしたね(笑)


A:昨日宿舎が一緒で、ちょっと杉山選手とコンビニに行く機会があって、「お互いやれればいいな」という話はしていたんですけど、結局できなかったので。でも、今年はプレミアリーグで市船とは一緒なので、そこで対戦できればいいなと思います。


Q:坂口君はちょっと杉山君とマッチアップしていましたけど、うらやましかったですか?(笑)


A:そうですね。僕もやりたかったです(笑)


以上です。


土屋


キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのサッカー担当がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.