1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

mas o menos

2018 Jユースカップ準々決勝 横浜FMユース×札幌U-18 試合後の横浜FMユース・西谷冬樹監督、榊原彗悟、土佐陸翼コメント

November 4, 2018 8:55 PM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NACK5スタジアム大宮で行われた
2018 Jユースカップ準々決勝の
横浜F・マリノスユース×北海道コンサドーレ札幌U-18は
5-2で横浜F・マリノスユースが勝利しました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
横浜F・マリノスユース・西谷冬樹監督、榊原彗悟、土佐陸翼のコメントです。


(横浜F・マリノスユース・西谷冬樹監督)
Q:5-2という打ち合いのようなスコアでしたが、試合全体はいかがでしたか?


A:凄く良かったですね。選手がみんなそれぞれベスト4に進むという勢いのある、そういうゲームができたんじゃないですかね。


Q:2トップが2点ずつ取ったというのも、今後に向けて明るい材料ですね。


A:そうですね。だいぶ攻撃の形が噛み合ってきて、今取り組んでいることがよく出たと思います。それぞれアイデアはあるんですけど、同期しなかったりしているので、そのタイミングを合わせようとか、あとはサイドでうまく基点を作って、クロスの質とか入り方とか、そういう中央突破とサイドアタックの使い分けを含めて、攻撃的な選手が多いので、そういうのをうまく噛み合わせていこうと努力しています。


Q:榊原(彗悟)選手は「僕はあまり点を決める選手じゃないので」と話していました。


A:そうですね。どっちかというとアイデアを出してチャンスメイクしたり、アシストという感じですけど、本当にこのJユースが始まって一発勝負の中、ゴールへの執着や執念が非常に大事になってくるので、なおかつウチは攻撃的なサッカーがしたい中で、やっぱりゴールを取ることにこだわってやってきていますし、そういう意味では普段なかなか点の取れないケイゴもゴールへの執着が、こういう大会を通して出てきているんじゃないかなと思います。


Q:監督からご覧になって、今年のチームの特徴はどのように捉えてらっしゃいますか?


A:もう個々の技術の高い選手が多いので、攻撃的にサッカーを進めるというのは特徴だと思います。


Q:サイドアタックもかなりの強みですよね。


A:そうだと思います。その強みを最大限に活かせるように頑張っているんですけど(笑)、サイドのアタッカーは縦に仕掛けて、ゴールへ向かっていくと。それで相手のラインを下げて、バイタルを空けて広げた所に17番(栗原秀輔)、10番(榊原)がうまくそこで前を向いて、背後を生かすと。そういった所ですよね。サイドバックの選手もウチは縦への推進力があると思うので、そういう特徴をうまく生かしたいですね。


Q:今日は特に土佐(陸翼)選手のパフォーマンスが素晴らしかったと思いますが、彼の特徴や強みはどういう所でしょうか?


A:まず、ボールをしっかり蹴れるので、ウチのワイドのアタッカーを生かすためにも、ああいうサイドチェンジ、ダイナミックなサイドチェンジができる所が強みだと思いますね。


Q:2点目に繋がるサイドチェンジも素晴らしかったですね。


A:そうですね。あとは今日はそれほどなかったですけど、ミドルシュートも持っていて、そういう部分をベースに崩しのアイデアも持っているので、そこはクオリティも求めたいなと思っていますけど。


Q:チーム力には手応えを感じてらっしゃるのではないですか?


A:そうですね。開幕を迎えてからも良いゲームはしていたんですよ。良い内容で、良いゲームはしていたんですけど、やっぱり勝負となった時に、勝負所を逃してしまって。チャンスを逃すと、ちょっと焦れてカウンターで一発やられたりとか、FKやCKのようなセットプレーでパンとやられたり、勝てるゲームを落としていたんですよね。だから、そういう部分でハードワークをしっかりして、そこがベースだから、その上にチームのコンセプトを乗っけていかなきゃなとはずっと思っていて、ようやくここに来て自分たちのしたいサッカーというのが体現できているのかなというのは感じていますね。驕らず、気負わずに、次を迎えていきたいなと思います。次はヴィッセルですよね。野田さんは先輩なので対戦できるのが楽しみです(笑)


(横浜F・マリノスユース・榊原彗悟)
Q:今日の2ゴールという結果についてはいかがでしたか?


A:自分はあまり点を取るタイプではないですけど、もちろん点は狙っているので、最近はリーグ戦でもクロスの時とか、自分がオイシイ所へのポジション取りもうまくできていて、そこは自分的にも感覚は掴めてきています。


Q:1点目は土佐選手のクサビも素晴らしかったですけど、榊原選手の反転も素晴らしかったですね。


A:自主練とかでもああいう速いボールで、ボールのスピードで相手を置き去りにすることは結構練習していて、反転は自分の感覚というか、そういう所でうまくやれました。


Q:シュートも冷静でしたね。


A:ファーストタッチが本当にうまく行って、そこで自分の中では決める自信があったので、キーパーもしっかり見て、コースをうまく突いてという感じです。


Q:2点目のボレーも綺麗でしたね。


A:気持ち良かったです。後半の立ち上がりでもう1点取りに行こうという話はしていたので、本当に時間的にも良かったですし、(山谷)侑士が良いクロスを上げてくれたので、相手の前でしっかり触ることができて良かったです。


Q:山谷選手に椿(直起)選手と両サイドに縦に行ける選手がいるのは、チームにとっても大きいですよね。


A:本当に大きいです。やっぱりサイドを攻略することで中も空いてきますし、あの2人は本当に推進力があって剥がせるので、フォワードからすると中でしっかり合わせることができたら点にも繋がりますし、凄い2人だなと思います。


Q:改めて自分自身のプレーの特徴はどう捉えていますか?


A:良いポジショニングからボールを受けて、スルーパスだったりアイデアを出す所だったり、そういう所も自分の持ち味だと思いますし、あとは自分たちは前線から守備をすることが凄く大切なので、そういう所の運動量も僕とクリでしっかり前からハメることができて、それがショートカウンターにも繋がりますし、そこは本当に今日もそうですけど、この間の試合もそうだったので、そういう所は続けていきたいと思います。


Q:今年のチームに対する手応えはいかがですか?


A:最初の方は結果も全然出なくて、夏も全然結果が出なくて、そこで落ちてしまう所もあったんですけど、この冬の大会やプリンスリーグで何回か良い試合もできたので、そこで自信も付いてきたりして、みんなで声を掛け合ったり、そういう所ができてきたかなと。自分たちは本当にチームとして戦わないと勝てないので、そういうチーム力が最近高くなってきていて、チームの雰囲気も良いことが、こういう試合の結果に繋がっていると思いますし、凄く良いチームだなと思います。


Q:この大会はここからどういう大会にしたいですか?


A:もちろん優勝が目標ですし、その中でも自分たちのサッカーを貫くというのが本当に大切なので、次の試合に向けて良い準備をして、決勝の舞台に行けるように、まずは準決勝にコンディションを整えていきたいと思います。


(横浜F・マリノスユース・土佐陸翼)
Q:今日の自分のプレーの手応えはどうでしたか?


A:前半はちょっとパスミスが増えたりして、流れを崩してしまう所もあったんですけど、徐々にグラウンドにも慣れていって、展開もできるようになったので、チームのコントロールはできたのかなと思います。


Q:1点目のクサビのパスは凄かったですね。


A:普段から自主練でケイゴとクリに速いボールを入れる練習はしていましたし、あとは受け手がトラップが上手いので、速いボールを入れれば絶対やってくれると信じて、とりあえず速いボールを入れてみました。本当に自主練通りでした。


Q:2点目も土佐選手のサイドチェンジが起点でしたね。


A:侑士と直起は足が速いので、両サイドのスペースに置けばやってくれますし、常にサイドでボールを持った時は逆サイドの選手をずっと見ておいて、自分が受けたらそこに蹴るだけなので、それを意識してやっています。そこも練習の成果だと思います。


Q:さらに4点目のコーナーキックも狙い通りですか?


A:去年のクラブユースも、同じような形でニアでクリが触ってくれてのゴールもあったので、コーナーのパターンとしてはありますね。狙い通りでした。


Q:改めて今年のチームの特徴はどういうふうに感じていますか?


A:最近になって立ち上がりを意識し始めて、立ち上がりでゲームを決めに行くというのは全員が意識しています。あとはクラブユースやプリンスであまり勝てていなくて、それでこの大会に懸ける想いはどのチームより強いと思うので、その気持ちの強さが試合でも出ているのかなと思います。


Q:ボールを回せる上にサイドアタックもできるというのも、チームの強みですよね?


A:もう交替にも足の速い選手がいっぱいいるので、前半から出ている人たちが疲れても、後半から入ってくる選手はもっと足が速かったりしますし(笑)、自分はそれを生かすのを意識してやっていました。


Q:自分のプレーの特徴はどう捉えていますか?


A:意識しているのはゲームをコントロールすることです。自分が終始コントロールして、質の良いキックを蹴って、味方がやりやすいようにしたり、ゴールのお膳立てをできるのが特徴だと思います。キックも丁寧にやることと味方の受けやすい所に蹴ることは練習から意識しています。


Q:そろそろ頂点が見え始めていると思いますが、ここからのこの大会はどういうプレーをしていきたいですか?


A:ここまで来た以上は絶対に負けられないので、しっかりあと2試合勝ち切って優勝したいです。


Q:あとは名前が凄くカッコいいですよね(笑)


A:結構気に入ってます(笑) 由来は『羽ばたけ』とか、そんな感じだったと思います。


Q:最後にプリンスも含めた残りのシーズンに対する意気込みも聞かせてください。


A:もうこのメンバーでやれるのはあと数試合なので、全部勝って、最後は笑って終われるように頑張りたいです。


以上です。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのサッカー担当がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.