1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

mas o menos

キリンチャレンジカップ2018 日本×パナマ 試合後の日本・伊東純也コメント

October 13, 2018 7:16 AM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デンカビッグスワンスタジアムで行われた
キリンチャレンジカップ2018の
日本×パナマは3-0で日本が勝利しました。
以下、試合後のミックスゾーンにおける
日本代表・伊東純也のコメントです。


(日本代表・伊東純也)
Q:なかなか持ち味を出しにくいシチュエーションが続いたように見えましたが。


A:そうですね。前半は結構持ち味を出せる場面もなかったので。でも、自分が中に入ったらシンプルに(室屋)成が空いていたので、自分のプレーはできなかったですけど、チームとしてうまく行ったので良かったかなと思います。


Q:ある程度中に入って、ライン間で受けて、というのも求められている役割でしょうか?


A:まあ、ボランチが1枚下りて、最終ラインが3枚になった時はサイドバックが上がった方が良いと思いますし、そうなった時にサイドハーフが外から中へ入っていけば、やっぱり相手もちょっと困りますし、そういうポジションを取っていたら成が空いて、うまく行くという場面が多かったかなと思います。


Q:そんなにチャンスが多くない中できっちりゴールを決めるあたりに、今の調子の良さが窺える気がします。


A:そうですね。結果にこだわってやっているので、結果を出せているのは良いと思います。(ゴールシーンは)一発で決めたかったですけど、コースもなかったので難しかった中で、自分の所に帰ってきて、運もあったかなと思います。でも、それ以外の部分でもっとクオリティを上げて、自分の良さをもっと出していかないといけないかなと思います。ゴール前に入っていく部分とか、チャンスだったら狙っていきたいですし、(佐々木)翔くんからもサコくん(大迫勇也)からも良いボールがあって、ギリギリの所で触れなかったのもあったので、そういうシーンが合ってくれば、もっと得点も増えてくるかなと思います。


Q:前半のファーストチャンスが佐々木選手からのクロスでしたね。


A:本当にギリギリの所だったんですけど、本当に悔しかったので、アレを触れるようにしたいですし、合わせていきたいです。あそこは「クロスを上げるな」と思ったので、キーパーとディフェンスの間に絶対来ると思って走り込んで、紙一重の所で触れなかったですね。


Q:今、こうやって呼ばれ続けていることで、日本代表への意識は変わってきていますか?


A:やっぱりそこはJリーグでの評価だと思いますし、代表でも結果を出せているというのは自信になりますし、みんなが目指している場所なので、選ばれたからにはしっかりやらなきゃいけないという気持ちはあります。


Q:代表での活動が楽しくなっていている感覚はありますか?


A:楽しいですね。やっぱり高いレベルでできるというのは。相手も強いですし、Jリーグでは味わえないモノを味わえていると思います。自分的にはしっかり成長できていると思いますし、しっかり結果も出せているので自信にはなっています。


以上です。


土屋

キャンペーン

このブログについて

J SPORTSのサッカー担当がお送りするブログです。放送予定やマッチプレビュー、マッチレポートなどをお送りします。
RSS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイヴ

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Select Country...

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.