1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

デイリーサッカーニュース Foot!

  1. Monday
  2. Tuesday
  3. Wednesday
  4. Thursday
  5. Friday

スタッフブログ記事一覧

トッテナム vs. マンチェスター・ユナイテッド

またやってくれちゃいました。
やはり、センターバックにブリッツが二人並ぶとロクなことがない、のでしょうか。
ときどき周囲には「レス・ザン・スリー」
と悪態をつきます。
ブリッツは三人いたらヤバい、という意味です。
この試合はそれがなんと、四人。
こらあきまへん。
リンガードはいわばB級のペドロ。
マイナーなチーム相手のカップ戦だけで派手になれるローカル・ボーイ。
なんだかんだ言ってマルシアルにはまだ何かを期待してますが・・・・
アレクシスは、なんとかピカリと光るものを見せてくれましたが、ひとりじゃ、勝てません。
スパーズも彼だけを少し荒っぽくあしらっておけばなんとかなる、特にアウェイのユナイテッドは、
ということだったのかもしれません。
とりわけ、アリの荒っぽさは、いつも以上でした。
ガーディアンのバーニー・ロネイは「カボチャのバックライン」という見出しをつけてたので笑いましたが、
火曜日のベンが解説してくれるかもしれません。
それにしてもこの手の試合を何度見たことか。
ユナイテッドは強いチームに勝てない、ようです。
とほほ。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レスター vs. マンチェスター・ユナイテッド

-1でリードして残りまだ15分くらいあるときに、カウタンーでラッシュが駆け上がると、
当然、ルカクがボールを欲しがり、
だけどラッシュは出さず、あえて攻撃を遅らせるのでルカクが苛立ち、
みたいなことがルカクとエレーラの間でもあったような気がします。

そういうタクティクスなのは、まあ、いいとして、
そんなのは監督のキャリアの問題であって、クラブの問題、というか、観客の問題ではない、というのが問題、ですね。
それはいつの時代もそういう問題だったしは、今後もそうであり続けるのでしょうが、
正直なところ、うんざりしてきました。

10番を背負う魔術師がいないし、気の利いたウィンガーもいない、それらの代わりがリンガードかマルシアルしかオプションがない、というのが、モウリーニョのボヤキで、こんなチームの状態では退屈さと引き換えに勝利しなければ確実にチャンピオンズは逃す、ということなのでしょう。

1月のマーケットが楽しみです。
ここでなんとかしないとけっこうヤバイような気が(自分が)します。


プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

December 12, 2017 11:02 AM /

Manchester Moaning News 136

マンチェスター・ユナイテッド vs. マンチェスター・シティ

ポグバがいなけりゃ並のチーム
というところでしょうが、
ま、最初からわかっていたことでした。
それにしてもやたらとカネのかかったストークシティのような
ロングボール一本の、
あまりにもあまりな、退屈な、DMな、LVGな、
ほんとに腹の立つ試合でした。

テレビを見ながら、いつかどこかで読んだ記事、
マンチェスター・ユナイテッドの緩慢な死、
というフレーズを思い出し、
とても嫌な気持になりましたが、その嫌な気持はそれだけ「リアル」だということで、
それに加えて、モウリーニョにも「リアル」にうんざりしはじめている自分にも気が付き、
これもまた、最初からわかっていたことではあるとはいえ、
ほんとに、マジで、うんざりしました。
もうユナイテッドなんか愛するのを止めようかとさえ思ったほどでした。

じつは、この試合は生ではなく数時間のディレイで見たのですが、これを見る前に、
スポナビのサイトでマージーサイド・ダービーのハイライトだけをチェックしようとしたら、
ルーニーがスコアを決めたらしい画像が見出しになっていて、
あ、やばい、と思った瞬間、マン・ダービーのハイライトの画像にも目が行き、
そこにはなんとイブラが映っていて、
あ、そうか、イブラが勝ち越しのゴールを決めたのか、
でなけりゃ同点のゴールを決めたのか、
なんてことを考えつつ、この試合を見たものですから、
後半に一点リードされてイブラが出て来たときから、彼のゴールをずっと期待し続け、
ついにインジュアリー・タイムに突入したときには、
やばい、こんな時間でイプラが決めるのか、とドキドキしてたものですから、
試合結果に対する落胆の度合いは、いや増すのでした。

デヘアとポグバ、イブラは置くとして、それ以外にワールド・クラスがいない、というのは、
なんとしても解消しなければなりません。
ビッグマッチにおけるルカクの不安定は、きっと、治癒できるものではないような気がします。
それからリンガードもしかり。典型的な愛すべきB級の選手にすぎません。
マルシアルには期待するところもありますが、きっと、もっとのびのびやれるチームでキャリアを成功させたほうがいいような気がします。
それから、ああ、ムヒタリアンは、香川と同じルートを辿るのでしょうか・・・


プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナル vs. マンチェスター・ユナイテッド

リンガードは確かにB級だけど、
B級ならではの野蛮な輝きのようなものがあります。
デリ・アリほど高いアベレージで活躍はしないけれど、
決めるときにはけっこう派手なゴールを決めます。
アカデミーの時から一緒のポグバの子分みたいなところもありますが、
そろそろそれを脱却しかけているといったところでしょうか。
くどいようで恐縮ですが、
ほんとうならここにラヴェル・モリソンの名前もちらつくはずだったのですが・・・

それにしても、アシュリー・ヤングの復活といい、リンガードの活躍といい、
なんとなくいいかんじになってはきましたが、次はマン・ダービー。
正直なところ、ポグバを欠くなら、シティの方が上。
うまさは光るけれどゴールができないルカクのこともありますし。

ただ、この明らかな格差を選手たちが強いバネに巻けるといいのですが。
スランプ気味のムヒタリアンが大爆発してくれるのを期待します。
この調子だとリンガードが10番をやりそうですが、それに危機感を感じていっちょ、やってほしいものです。
それからあのライオンもまだ仕事をしていないので期待します。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

September 25, 2017 2:10 PM /

Manchester Moaning News 134

サウサンプトン vs. ユナイテッド


モスクワのCLを控えて醜く勝った、
というようなことをガーディアンに書かれていましたが、
確かに退屈でした。
ポグバがいないとこうなるのか、
という不安が新たに芽生えてきたりもしましたが、
そのポグバ、意外とケガの具合が深刻なのではという報道もチラホラで、とても心配です。

正直なところ、ムヒタリアンがいまいち、なのも不安の理由のひとつ。
10番ほしかったのに、イブラにもってかれてショック、なんてことはないとは思いますが、
どうも「ドルトのムヒ」のイメージにはまるで追いついていない。
のってきたらものすごいはずなんですが・・・
そんななか、契約更新を拒むエジルがひょっとしたら、という噂も出始めていますが、どんなものか。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スウォンジーvs.ユナイテッド

うーん。
できすぎのような気もします・・・
あまりにも長い曇天だったので、こんなに晴れ渡ると不意の夕立が怖い。
ムヒタリアン(以後、英語表記に倣い、ミッキーと呼びます)は10番らしいアシストでしたが、
まだまだ、こんなものじゃなかった、ドルトのときは。
気になるのは、ミッドフィルダーが、マティッチもミッキーもマタもエレーラもみんな30間近であること。
そろそろ次を感じさせる若手が出て来ないと心配。
リンガードはあまり期待できないし、ペレイラもまだよくわからない・・・
アンヘル・ゴメスが3年後に10番をやればいいとは思うのですが・・・
しかしその前にイブラが再契約してその背番号をつけるのではないかと思います。


プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の『Foot!Meeting 2017』にご参加くださった皆さん、
本当にありがとうございました。
我々にとっても年に1回の貴重な機会ということで
非常に楽しかったです。
今回はご参加いただけなかった皆さんも
きっと来シーズンも開催されるのではないかと思いますので
是非再チャレンジしていただけけますと幸いです。


なお、昨日の会場で募らせて頂いた熊本への義援金ですが
総額で47,794円となりました。
お預かりした義援金は本日6月7日付で全額
日本赤十字社を通じて被災地へ寄付をさせていただきました。
皆さまの多大なるご協力に感謝しております。
こちらも重ねまして、ありがとうございました。


スタッフ一同も来シーズンに向けて少し英気を養います!
今後とも『Foot!』を宜しくお願い致します。


土屋


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は『Foot!Meeting 2017』の観覧者募集に際しまして
多数のご応募ありがとうございました。
選考の結果は、当選通知の発送をもって発表とさせていただきます。
今週には当選者の方々のお手元に通知が届きますので、
詳細をご確認の上、お気をつけてお越しください。


また、抽選の結果、足を運ぶことができない方々につきましては
これからも番組「Foot!」をご愛顧頂けましたら、
出演者並びに、スタッフ一同幸いです。
またこのようなイベントの機会がありましたら、
ぜひご応募ください。


今後とも、「Foot!」を何卒よろしくお願いいたします。


村谷
DSC_0647.jpg
(画像は昨年の『Foot!Meeting 2016』の模様)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユナイテッドvs.アヤックス

以前なら外していたようなポグバの一点目で、
4-0という私のアホな予想に応えてくれそうな、
そんな気配はないではなかったですが、
ムヒタリアンのところが手こずり、イエローをもらうあたりで、
ふと、いまさらながらに、マタが消えてるような気がして、
ムヒとマタを交替させるタイミングを逸しているうちにアヤックスのイキのいいのにスコアされる、
というありがちなシナリオを思い浮かべはじめ、
そうするとそれに呼応するかのように、いつもの、鈍重で退屈な守備モードに入り、
1-0で勝てればラッキー、だけどこのままではすまない、ような気がしはじめましたが、
後半のムヒのゴールで、あ、これはいける、マタも動き始めた、
だけど残りの時間は退屈になる、と思った次第でした。
なんかムヒは全体的に低調な試合で点を決める傾向があるような気がします。
ドルトでもフィットするのに時間がかかったみたいで、
やはり少しナイーヴな存在なのかもしれません。
来年を期待します。
とにかく、全体的に硬かった印象。
その分、ディフェンスはソリッドでした。
ブリントもダルミアンもよくて、ことさら、すごい、というものではなくても、
きちんと、対処できていました。
ラッシュもつねにスピードを出し切り、あっぱれではありました。
イブラの怪我のあとの数試合で、
もりもり成長したような印象です。
とはいえ、タマを受ける瞬間の体の使い方の粗雑さが目立ち、
イブラの存在の大きさをあらためて思い返したりもしましたが、
あのスピードのひたむきさは買いでしょう。
ところで試合後のセレモニーのあとで、ルーニーが涙を拭いたような気がしましたが、
気のせいでしょうか・・・
いままでさんざん悪口を行ってきましたが、
気のせいであるとしても、少し、私もしんみりしました。
18の時にユナイテッドに来て、CLでいきなりハットトリック。
あれから13年か・・・
クリスケ、テベス、ルーニーの3トップはいまだに自分史上最強で、
これを超える3人を再び見ることがてきるのかどうか・・・
それにしても、13年前、自分は何してたっけ・・・
なんてこともつらつら考えてみたりもしました・・・
なにはともあれ、これでシーズン終了。
8月が待ち遠しい・・・・

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユナイテッドvs.クリスタルパレス


ハロップのゴールは見事でしたが、
やはり、ああいうデビューを見ると、思い出すのはキコ・マケーダ。
いまはセリエBに所属しているらしいです。
年齢はまだ25歳。
激しく上がって激しく落ちて、まだ、そんなに若い。
残酷なものですが、ありきたりの残酷でもある。
この20年間で程度の大小はあれ、何人のマケーダを見たことか。
相手のパレスにもザハがいるし、キャンベルもいる。
今回の若手の中でマケーダ症候群を逃れられそうなのはだれか。

トゥアンゼベはものになりそう。落ち着いているし、パスがしなやか。
フォシュ・メンサはギリギリ。野蛮なスピードがバカなスピードと紙一重。
デミ・ミッチェルはショウの出来次第。ルーニーに出した長いパスがマグレでなければいける。
スコット・マクトミネイはよくいるタイプ。クレバリーだって最初はよかった。
ジョシュ・ハロップもいままでに何人もいたタイプ。コーナーキックがもっと良ければおっと思ったが。
エンジェル・ゴメスは期待大。14の時から飛び級でここまで来た。ユナイテッドのスタイルと合うかどうかはわからないが、育て方次第でモノになるかも。
ポグバも16にときにはとびぬけてました。ポグバよりとびぬけてたのはラヴェル・モリソン。天才が天災になるというありがちな人生。

ニッキー・バットの顔がアップになって映りましたが、ふと、ジョゼのあとにニッキーが監督やるのもいいな、
とか思いましたが、いや、やっぱり、ここまでのメガクラブは無理かな、とも思い、ブレクジットついでにチャンピオンズリーグもブレクジットして、アンチ・グローバリズムの70年代の島国ド根性が復活すれば、ニッキーの出番で、これは応援するしかない、と思いました。

さてさて、来シーズンも、またしてもボヤキが続くのでしょうか、
それとも4年にわたるモヤモヤがすっきり晴れ渡るのでしょうか・・・

残り一試合。
これは見ものです。
あえて予想スコア。
アヤックス・ファンのみなさん、すいません。
4-0でユナイテッド。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スパーズvs.ユナイテッド

試合開始6分のワニャマのヘッダーで、
こりゃ、へたすると4点くらいやられるかも、
と真剣に思いました。
その一方で、ELのファイナルに向けて気持ちが吹っ切れるためには、
それくらい取られたほうがいい、
とも思いました。
いずれにしてもスパーズの圧勝。
すばらしいチームです。
ソンなんか、ほんと、のびのびとプレイしてる。
うらやましいかぎりです。
しかし、それにしても、ルーニーについては、
とっくに怒りも憐みも通りこしてはいるものの、
なにか、リタイア後の老人ホームから駆け付けたOBのようで、
決めた得点にしてもヴェルトンゲン(だったか)が触らなければ枠にも行かなかっただろうし、
なにはともあれ、場違いな、それにしてもますます体つきがパイントにむしばまれているような、
肩口や首筋の肉の付き具合が、なんともはや、ルカクとのディールのバイトに使われるかもしれない、
との報道もあるようですが、
エヴァートン・ファンに申し訳がないようなきがしてなりません。
とはいえ、試合中に二本ほど、さすが、というパスが出たのは確かです。
ジョゼにしてみれば、その「さすが」がときおり一閃してくれたらいい、
あとは、ベテランの味というやつで、適当に時間つぶしのやりくりをうまくやってちょ、
ということなのかもしれません。


プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルvs.ユナイテッド

前半の様子からは、あるいは、ひょっとして、
こういうパターンはえてして0-1で勝利、なんてことになるのでは、
というようなことも思ったりしました。
シャカのミドルがエレーラの背中でリフレクトしたあのゴール。
ああいうのが、えてしてこんな試合では、ユナイテッドのサイドに起きて、
どうでもいい、ぐずぐずの試合にもつれこんで、01-で勝利、ということになるわけですが、
ま、今回のように、見事にアーセナルのサイドで起きてしまったからには、どうしようもありませんが、
気になるのは、その得点で勢いづいたアーセナルの攻撃に対して、
まったく危機感をもって対処できなかったこと。
ウェルベックのゴールは、クロスは素晴らしいにせよ、ばかばかしいほど簡単にやられました。
スモーリングは、しかし、やはり、あんなもんか、と思いました。
トゥアンゼベがなかなかよかったので、ぜひ、次もスタメンで、と切に思います。
どうせあとはヨーロッパリーグしかないのだし、
リーグ戦では若手を見せてほしい。
左サイドはヤングもショウもいないなら、デミ・ミッチェルを、ぜひ。
それから10番をつけた彼については、もう憐みも何も感じませんが、
引退後の草サッカーでものんびり楽しんでいるようなプレイはやはり腹立たしい。

プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もやりますFoot!Meeting 2017。
Foot!の収録に参加しよう!
foot_170503.jpgのサムネール画像
【日時】 6月6日(火) 18:00開場 19:00収録開始(予定)
【会場】 都内某所
【出演者】 ワッキー(ペナルティ)/玉乃淳/下田恒幸
【締切】 5月21日(日)

※応募者多数の場合は抽選になります。
※番組収録中に参加者の姿がカメラに映る場合があります事をご了承ください。

⇒応募はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シティvs.ユナイテッド


フェライニかあ・・・・
そんなのもいたよね、
みたいな妙な時間の感覚でレッド・カードを目にしました。
憐みを通り越すと何になるのか、というと、ひょっとすると過去になるのかも・・・
せっかく足踏んでPK与えたあの試合から立ち直ってがんばってたのに・・・
しかしああいうレアな感情は、いざというときだと、生のまま出てしまうものなんですね。
かわいそうだけど、アディオス・・・

それはさておき、ジーザスは、やはりすごい。
あれはかなり危険な存在でしょう。
いちばんいいときのアグエロとはまた違う別の次元の危うさがある。
となりの芝生はなんとやらですが・・・
ムヒタリアンはどうもおかしいし、
マルシアルも少しよくはなってきたけれど、ひょっとすると、
ド外れてすごい選手じゃないかもしれない、
というような気持にもなってきたりして・・・



プロデューサー 田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユナイテッドvs.チェルシー

やればできるじゃん。
っていうか、
こういうのは、LVGの時にもあったな、
と思い直すわけで、
つくづくチームというのは、ほんとうに、
イキモノなんだなあ、と思います。
MOMは間違いなくエレーラ。
こいつはほんとによかった。
バスクの働き者がじつに、じつにすばらしかった。

ラシュフォードも、ほんとによくやってた。
あと、もう一点、まぐれでいいから、欲しかった。
19歳のルーニーと19歳のラシュフュードと比べたら、
スコアすることにかけては、まだルーニーの方が上だと思います。
ただルーニーが早く燃え尽きてしまったのと反対に、息長く、
今後の10年をかけて老獪に成長してほしいと思わせる試合でした。

プロデューサー田口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS見るならスカパー!

今週のFoot!

1/29~2/2のFoot!


blog_Mon.jpg

【1/29】MC:西岡明彦 コメンテーター:木崎伸也、菅原慎吾
月曜は週末に行われたプレミアリーグのハイライトを中心にお届け!
▽FAカップ4回戦 結果
▽プレミアリーグワールド
―ウェストハム監督 デイヴィッド・モイーズ インタビュー
―レアル・ソシエダ アドナン・ヤヌザイ インタビュー
▽木崎さんのブンデスリーガ・トピックス
―ブンデスリーガの代理人
▽菅原慎吾のリーガ・エスパニョーラ・トピックス
―リーガが受け入れるサウジアラビアの選手たち


blog_Tue.jpg

【1/30】MC:野村明弘 コメンテーター:ベン・メイブリー
火曜日は、週末に行われた注目ゲームを分析します。
▽FAカップ4回戦 & 冬の移籍
▽Foototo
―第985回 toto結果
▽ベン取材 オックスフォード編②
―ベンの出身大学であるオックスフォードを紹介


blog_Wed.jpg

【1/31】MC:下田恒幸  ゲスト:川勝良一
▽今回のFoot!WEDNESDAYは、川勝良一さんをゲストにお迎えし、エデン・アザール(チェルシー)のテクニックをマニアックに分析&解説します!
▽プレミア第25節ハイライト
―スウォンジー×アーセナル、ハダースフィールド×リヴァプール


blog_Thu.jpg

【2/1】コメンテーター:平畠啓史 ワッキー(ペナルティ)
▽ワッキーさんが行くJリーグキャンプ取材・サガン鳥栖篇
年間ベスト11にも選ぶほど大好きな吉田豊選手と意気投合!?
攻撃の要!イバルボ選手のインタビュー!
▽プレミアリーグ ハイライト
―トッテナム×マンチェスターU、マンチェスターC×ウェストブロム


blog_Fri.jpg

【2/2】ゲスト:ツジトモ(『GIANT KILLING』作者) & 平畠啓史 & ワッキー
▽今回のFoot!FRIDAYは、"Jリーグ放談"。
THURSDAYレギュラーでおなじみの平畠啓史さんとワッキーさんが、国内きっての人気サッカー漫画『GIANT KILLING』の作者として知られるツジトモさんをスタジオにお迎えして、Jリーグのアレコレを語り尽くします!
普段から『Foot!』をご覧になっているというツジトモさんが平畠さんとワッキーさんの会話を観ている中で、心に刺さったトピックスとは果たして?
Jリーグ愛に溢れた3人が、Jリーグファンに向けて送る30分間。必見です!




※放送内容は変更となる場合がございます。


Foot!について

2000年の番組開始から15年以上に渡り、良質かつ多彩な企画で人気を博してきた、J SPORTSオリジナルサッカー番組「Foot!」。2011年8月から、週5日放送のデイリーサッカーニュースとしてリニューアルし、世界のサッカー情報を余す ことなく紹介する。
ナビゲーター紹介
スタッフ紹介
放送予定

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近のエントリー


カテゴリー


お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
select month...



お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら




本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.