1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

デイリーサッカーニュース Foot!

  1. Monday
  2. Tuesday
  3. Wednesday
  4. Thursday
  5. Friday

June 19, 2011 11:48 PM /

インターハイ東京準々決勝 関東第一×國學院久我山@駒沢補助

201106191135000[1]kanto.jpgインターハイの東京予選も今日は準々決勝。東京は出場枠が2つなので、あと2勝すれば全国切符を手に入れることができます。駒沢補助で行われる第1試合は、春の関東大会予選で東京を見事制覇したため、1回戦はシードされていた関東第一が登場。対するはハードワークに定評のある難敵・暁星を下して、勝ち上がってきた國學院久我山。準々決勝4試合の中でも最注目カードです。
ゲームは立ち上がりからボールアプローチの速さで上回った関東第一ペース。8分、小松雄貴(2年・大宮FC)からパスを受けた沓掛元気(3年・VIVAIO船橋)の左クロスを、大村俊道(2年・FC CONSORTE)が頭でゴールへ流し込むもオフェンスファウル。13分には沓掛が右へ展開。SBの村岡翔太(3年・FC CONSORTE)がSHの伊東礼央(3年・FC多摩)とのパス交換から上げたクロスに、走り込んだ飯沼京汰(3年・町田JFC)のヘディングは枠の左へ。主導権を掌握します。
関東第一の中心は10番を背負うボランチの沓掛。低い位置まで降りて、積極的にボールを引き出すと、散らしあり、ドリブルありで攻撃のテンポアップをコントロール。ゲームそのものも自らの支配下に置くような力を見せ付けます。ただ、いかんせんチーム全体でボールこそ持てるものの、なかなか厳しいゾーンに入っていくことができず、後ろでの手数ばかりが多くなってしまい、シュートを打てません。
一方、序盤は相手のハイプレスをモロに受けた格好で、チームの基点となる2トップの右高静真(3年・横浜F・マリノスJY)と山本哲平(2年・ジェファFC)にクサビが収まらず、ほとんどボールを前へ運べなかった久我山も、少しずつ本来の縦に速いスタイルを表出。32分には山本が、33分には市木良(3年・横河武蔵野)のフィードから、山本が収めて最後は山内寛史(2年・Az'86tokyo-ome)が、34分にはやはり後方からのフィードを基点に、ルーズボールを拾った大畑圭輔(3年・柏レイソルJY)が、3本続けてミドル。実際はいずれも枠を大きく外れており、そのチャレンジ単独で見れば無謀にも映るようなシーンだったかもしれませんが、シュートを打てない関東第一とは対照的に、この3連続ミドルを境にして、落ち着きを取り戻した久我山へリズムが移行。36分には右高のクイックFKに反応した市木のクロスを、ファーで山本が捉え、結果としてはオフサイドになりましたが、決定的なチャンス一歩手前のシーンを1つ創出して、前半は終了しました。
関東第一の小野貴裕監督は早めの処方箋。後半はスタートから、左SHに高速ドリブラーの谷中隆太(3年・ナサロットFC)を送り込み、少し使われ始めていたサイドに抑止力を求めます。しかし、流れは変わらず久我山。42分、カウンターから2トップだけで最前線まで運び、右高のシュートはDFがブロック。47分、右高が粘り強いキープを見せ、前半途中から出場していた白瀧秀斗(3年・Forza'02)のミドルは枠の右へ。ペースを手放しません。
すると一瞬の隙を見逃さず、それに見合った成果を挙げたのは久我山。50分、右高のドリブルで獲得したCK。その右高が素早くリスタートすると、関東第一はディフェンスが整っておらず、小泉洋正(2年・鹿島アントラーズJY)の左足クロスをファーで押し込んだのは山内。破れた均衡。久我山がセットプレーで先制ゴールを奪いました。
悪い流れの中で失点を許してしまった関東第一。52分にはボランチをバランサータイプの福島翔太郎(3年・ヴェルディSSレスチ)から、ゲームメーカータイプの関口直人(3年・WINGS習志野)にスイッチしましたが、焦りからか全体的にイージーなパスミスや呼吸の合わない場面が散見される状況下では、メークする部分を見出だせず、むしろプレスのターゲットになってしまい、停滞の遠因に。交替策もハマりません。
その間にも、白瀧や右高が着々とシュートチャレンジの回数を増やしていくと、62分には2度目の歓喜。1年生でボランチを務めた富樫佑太(ジェファFC)が左へ回すと、白瀧は主体的に仕掛けて左へ持ち出し、そのまま右スミに流し込むファインゴール。弾けるオレンジ。残り20分で久我山が2点の差を付けてみせました。
たまらず64分、関東第一も最後のカードとして竹本佳(2年・小倉南FC)を投入。67分にはその竹本が相手のボールを奪うと自らドリブル。中央を抜け出してGKと1対1になりましたが、シュートは枠のわずかに左へ。1点を返せません。久我山は71分、中盤に佐藤敦郎(2年・Forza'02)と萩原優一(1年・横河武蔵野)を前の試合に続けて送り込み、バランスを整える念の入れよう。74分には関東第一も谷中のパスに大村が飛び出してGKもかわしますが、角度がなくなってしまい、何とか上げたクロスもDFが確実にクリア。79分にも途中出場の小川絢生(2年・小倉南FC)と村岡で右サイドを崩しましたが、村岡のクロスに飛び込んだ谷中はオフェンスファウル。最後まで歯車は噛み合わず、前半途中からは実質ゲームを自分たちのスピードで進めていた久我山が、準決勝への勝ち名乗りを上げました。
春の王者だった関東第一は、結局最後まで持ち味を発揮できないまま、無念の敗退となりました。1トップに入った大村のポストプレーはほぼパーフェクトでしたが、それをフィニッシュまで繋げることができず、ついつい手数が掛かってしまうシーンが多かったような気がします。昨年から何試合も見ているチームで、最初の20分間を見た時は相当強くなったなと驚いたのですが、結果は無得点での敗退。せっかくの高い技術を、もっとファイナルサードで生かせるようにならないと、上を狙うのは難しいかもしれません。  AD土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS見るならスカパー!

今週のFoot!

8/21~8/25のFoot!


blog_Mon.jpg

【8/21】MC:西岡明彦 コメンテーター:木崎伸也、菅原慎吾
月曜は週末に行われたプレミアリーグのハイライトを中心にお届け!
▽プレミアリーグ ハイライト
―スウォンジー×マンチェスターU、トッテナム×チェルシー、レスター×ブライトン 他
▽木崎さんのブンデスリーガ・トピックス
▽菅原慎吾のリーガ・エスパニョーラ情報


blog_Tue.jpg

【8/22】MC:野村明弘 コメンテーター:ベン・メイブリー
火曜日はベン・メイブリー氏を迎え、週末に行われた注目ゲームを分析します。
▽プレミア第2節を受けて注目の試合をピックアップ!
▽Foot! Off The Pitch
 ピッチ外の話題を紹介!


blog_Wed.jpg

【8/23】MC:下田恒幸  ゲスト:渡邉 一平
水曜日はサッカープレイヤー必見!世界トップ選手のテクニックを徹底分析!
▽ディフェンダー出身の渡邉 一平さんをゲストにお招きし、
 ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ)のテクニックをマニアックに分析&解説します!


blog_Thu.jpg

【【8/24】コメンテーター:平畠啓史 ワッキー(ペナルティ)
▽J1第23節 上位対決の磐田×C大阪など注目試合を振り返る
▽連覇へ向け現在首位を走る鹿島アントラーズ特集
 ワッキーさんの旧友大岩新監督へインタビュー
 そして大岩新体制後中盤のキーマンとなった三竿健斗選手に迫る
▽JリーグFoot的ベスト11


blog_Fri.jpg

【8/25】ゲスト:小村徳男、名良橋晃
金曜日はTalking Foot!がレギュラー化!ゲスト2人が一つのテーマについて語りつくします!
▽今回のFoot!FRIDAYは、元日本代表のお二人をゲストに迎え、
 ロシアW杯アジア最終予選、オーストラリア戦のプレビューはもちろん、
 ジョホールバルの歓喜から、フランスW杯でのエピソードなど盛り沢山の内容でお届けします!




※放送内容は変更となる場合がございます。


Foot!について

2000年の番組開始から15年以上に渡り、良質かつ多彩な企画で人気を博してきた、J SPORTSオリジナルサッカー番組「Foot!」。2011年8月から、週5日放送のデイリーサッカーニュースとしてリニューアルし、世界のサッカー情報を余す ことなく紹介する。
ナビゲーター紹介
スタッフ紹介
放送予定

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近のエントリー


カテゴリー


お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
select month...



お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら




本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.