1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

デイリーサッカーニュース Foot!

  1. Monday
  2. Tuesday
  3. Wednesday
  4. Thursday
  5. Friday

June 25, 2011 11:35 PM /

インターハイ東京準決勝 かえつ有明×帝京@駒沢第2

201106251215000[1]kaetsu.jpg4月の支部予選からスタートした東京のインターハイ予選もいよいよ大詰め。駒沢第2で行われる準決勝2試合の勝者が、秋田で行われる全国大会への出場権を手にします。第1試合は昨年の選手権決勝で駒澤大学高に惜敗し、4年連続の全国出場を断たれた帝京。最大の目標はその冬の王者奪還ですが、全国における現在地を知る意味でも負けられないゲームです。対するは、先週の準々決勝で第1シードの優勝候補・成立学園を6-2と粉砕したかえつ有明。3年ぶりに帰ってきた準決勝を突破すれば、初の全国に手が届きます。予想された天候とは違い、快晴の駒沢で晴れ舞台への最終関門が幕を開けました。
ゲームはおそらく30度近い気温も考慮してか、立ち上がりからゆったりとした展開に。前への圧力で上回った帝京は12分に照井久磨(3年・広島五日市FC)が獲得したFKを、松岡啓太(2年・Az'86tokyo-ome)が中へ入れるもかえつDFがクリア。また、24分には小山北斗(3年・FC東京U-15むさし)が左へ振ると、受けた伊藤遼(2年・岐阜VAMOS)のカットインシュートはゴール右へ。ただ、30分まではこの2つのシーン以外にチャンスらしいチャンスはなく、攻勢の割には手数を出せません。
一方のかえつは、序盤こそある程度長いボールを蹴るシーンも見られましたが、10分過ぎくらいからはいつもの「蹴らずに繋いでゴール前まで行こう」(かえつ有明・中込正行監督)というスタイルを表出。GKも含めて、時にはやり過ぎとも思えるショートパスを最終ラインで敢行することも少なくなく、スタンドからはザワめきも起こる中、本人たちはどこ吹く風。自信を持ってボールを繋いでいきます。31分にはその形からチャンス創出。中村哲平(3年・レイソルSS青梅)のリターンから大庭周平(3年・ジェファFC)がスルーパス。中村光春(3年・横浜FC鶴見)がオフェンスファウルを取られ、シュートは打てませんでしたが、1つ狙いを体現します。
直後の31分、帝京にこのゲーム最初の決定機。右サイドで松岡が縦パス。照井のクロスは中央へ走り込んだ大野耀平(2年・浦和レッズJY)にピタリ。ヘディングはクロスバーの上へ外れましたが、ここから流れは一気にカナリア軍団へ。35分、3バックの中央に入った新地寿史兆(3年・FC東京U-15むさし)が大野とのパス交換からエリア内へ侵入し、クロス気味のシュート。39分には小山、町田直樹(3年・東京久留米FC)、伊藤と回して、大野のシュートはDFに当たり、方向を変えてゴールに向かうも、何とか飛び付いたかえつGK大石文弥(3年・横浜FC鶴見)がビッグセーブ。さらに40+1分には、右サイドを伊藤がドリブルで切り裂いて上げたクロスに、町田が頭から飛び込むも枠を捉えられず。とはいえ、右サイドが一気に活性化した帝京がペースを引き寄せた形で、前半40分間は終了しました。
ハーフタイムを挟んで後半に入ると、まずは42分に帝京。長谷川優希(3年・グランデFC)のパスから松岡がダイレクトで枠の左へ飛ばし、ファーストシュートを取りますが、44分にはかえつにもカウンターからチャンス到来。中央でボールを運んだ藤山世開(3年・ジェファFC)が右へはたくと、上がってきたのは3バック中央の杉本一平(3年・VIVAIO船橋)。クロスはDFに引っ掛かり、シュートには持ち込めなかったものの、このCBのオーバーラップこそ「ここをこうしなきゃいけないという形はないので、それぞれが考えてやっている」(中込監督)かえつスタイルの真骨頂。するとこのチャンスから、流れはかえつへ。
50分、中村光春のスルーパスから橋村圭太(3年・横浜FC鶴見)が抜け出しかけるも、帝京CB鈴木涼太(3年・FRIENDLY)がスイープ。55分には中村哲平、鈴木美勇士(2年・FC台東U-15)、中村光春と繋いで、大庭のフィニッシュはDFに当たってゴール左へ。存在感の増してきた浜田航(3年・レイソルSS青梅)を中心とした高い流動性が、ジワジワ帝京を蝕み始めると、63分にも橋村の左クロスがクロスバーを叩くなど、予期せぬ好機も創出。先制の匂いが漂い始めます。
ところが先にゴールを挙げたのは帝京。64分、左へ流れた伊藤がマイナスに折り返すと、勢いよく入ってきた長谷川がDFと接触して転倒。主審は迷わずPKを指示します。キッカーの町田は迷いなく、ゴールのど真ん中へ蹴り込む強心臓ぶりを発揮。とうとうスコアが動きました。
追い掛ける展開となったかえつは69分、鋭いカウンターから中村哲平が左へ送ると、橋村は足元に収めて素早く右足を振り抜きましたが、ボールは左ポストを直撃。ツキもありません。逆に71分は帝京。スローインから町田を経由すると、長谷川のシュートは大石が何とか阻止。1本のパスから、ジャックナイフをかえつの喉元へ突き付けます。
かなり苦しくなったかえつは74分、中村光春がFKを獲得。スポットに立ったのは中村哲平。直後、スタンドに訪れたのは黄色の沈黙と赤の絶叫。ゴールまで約25mの距離から放たれたボールは、ゴール左スミへ魅入られたかのように吸い込まれます。「いつも練習では決めている。どちらかというと勝負強いタイプ」(中込監督)という中村哲平の起死回生弾。79分に町田が左足から繰り出したシュートもクロスバーを直撃すると、そのまま80分間が終了。組織も機能したかえつと、個人の突破が目立つ帝京という構図で10分ハーフずつ加えられた延長戦もゲームを決めるゴールは生まれず、東京1枠目の全国切符は、PK戦に決着の舞台を移しました。
初めての全国を目指す新鋭と、誰もがその名を知る超名門。メンタル勝負とも言えるPK戦において、その見えないプレッシャーは前者にかかりそうな気がしていましたが、中村哲平、浜田、鈴木、橋村とかえつは4人目まで全員がGKの逆を突いて成功。5人目の大庭も方向は読まれながら、キッチリゴール。帝京も5人全員が確実に沈め、サドンデスに突入します。
先行のかえつは中村光春が再びGKの逆を突いてゴール。そして帝京の6人目が右スミを狙ったボールは、大石が横っ飛びで完璧なセーブ。「勝っていく内にあと2つ、あと1つという意識が徐々に高まっていった」(中込監督)かえつが、あと2つやあと1つを見事に乗り越えて、創部6年目で初めての全国へ挑戦する権利を獲得しました。
新興勢力とはいえ、既に都内では上位進出の常連となっていたかえつ。「今までのかえつの中で比べても、3年生のレベルは高い」と指揮官も話すメンバーで、とうとう全国出場という確かな成果を勝ち獲りました。「全国ではチャレンジ精神でアグレッシブに戦ってきたい」と中込監督。東京の代表として、秋田で暴れてきてくれることを祈っています。  AD土屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS見るならスカパー!

今週のFoot!

8/21~8/25のFoot!


blog_Mon.jpg

【8/21】MC:西岡明彦 コメンテーター:木崎伸也、菅原慎吾
月曜は週末に行われたプレミアリーグのハイライトを中心にお届け!
▽プレミアリーグ ハイライト
―スウォンジー×マンチェスターU、トッテナム×チェルシー、レスター×ブライトン 他
▽木崎さんのブンデスリーガ・トピックス
▽菅原慎吾のリーガ・エスパニョーラ情報


blog_Tue.jpg

【8/22】MC:野村明弘 コメンテーター:ベン・メイブリー
火曜日はベン・メイブリー氏を迎え、週末に行われた注目ゲームを分析します。
▽プレミア第2節を受けて注目の試合をピックアップ!
▽Foot! Off The Pitch
 ピッチ外の話題を紹介!


blog_Wed.jpg

【8/23】MC:下田恒幸  ゲスト:渡邉 一平
水曜日はサッカープレイヤー必見!世界トップ選手のテクニックを徹底分析!
▽ディフェンダー出身の渡邉 一平さんをゲストにお招きし、
 ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ)のテクニックをマニアックに分析&解説します!


blog_Thu.jpg

【【8/24】コメンテーター:平畠啓史 ワッキー(ペナルティ)
▽J1第23節 上位対決の磐田×C大阪など注目試合を振り返る
▽連覇へ向け現在首位を走る鹿島アントラーズ特集
 ワッキーさんの旧友大岩新監督へインタビュー
 そして大岩新体制後中盤のキーマンとなった三竿健斗選手に迫る
▽JリーグFoot的ベスト11


blog_Fri.jpg

【8/25】ゲスト:小村徳男、名良橋晃
金曜日はTalking Foot!がレギュラー化!ゲスト2人が一つのテーマについて語りつくします!
▽今回のFoot!FRIDAYは、元日本代表のお二人をゲストに迎え、
 ロシアW杯アジア最終予選、オーストラリア戦のプレビューはもちろん、
 ジョホールバルの歓喜から、フランスW杯でのエピソードなど盛り沢山の内容でお届けします!




※放送内容は変更となる場合がございます。


Foot!について

2000年の番組開始から15年以上に渡り、良質かつ多彩な企画で人気を博してきた、J SPORTSオリジナルサッカー番組「Foot!」。2011年8月から、週5日放送のデイリーサッカーニュースとしてリニューアルし、世界のサッカー情報を余す ことなく紹介する。
ナビゲーター紹介
スタッフ紹介
放送予定

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近のエントリー


カテゴリー


お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
select month...



お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら




本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.